イベント

文化の日は子供も大人も美術館で遊ぼう!「美の糸口-アートにどぼん!2016」が開催。

【美の糸口-アートにどぼん!2016/滋賀県大津市】

文化の日は、子供も大人も家族みんなで
美術館をまるごと遊んでみませんか?

文化の日の11月3日(木・祝)に滋賀県立近代美術館で
「美の糸口-アートにどぼん!」が開催されます!

美の糸口、と聞くと少し難しく感じられるかもしれませんが、
簡単に言うと「アートを楽しもう!」ということ。
毎年、多くの家族連れで賑わい、
文化の日の定番となりつつあるこのイベント。

お子様向けのワークショップ、個性豊かなライブやパフォーマンス、
滋賀の美味しいを集めたフードマーケット。
盛りだくさんの内容を、昨年の写真を交えてご紹介します!
(写真:江南賢太さん)

よりどりみどりのワークショップは、なんと22種類!

dobon_004-640x640
(写真:辻村耕司さん)

『アートにどぼん!』の魅力は、
なんと言ってもワークショップの数!!
個性豊かなプログラムが22種類もあり、
どれに参加しようか目移りしてしまいます。
今年のパンフレットはこちら(PDF)。
職人さんと和ろうそくや木のカトラリーを作る、
本格的なワークショップ(有料)もあれば、
無料で気軽に参加できるものまで多種多様!

dobon_003-1-480x640

大量の牛乳パックで伽藍を作ったり、
木材を使用して「木の街」を広げたり・・・

「ビスケットランド」というプログラムでは、
タブレットで描いた絵を、簡単なプログラミングで動かして、
壁に映してみんなで見ることができるそう。
他にもプログラムの名前を見ているだけで、
「どんなことが出来るんだろう?」とワクワクするものが目白押しです!

dobon_007-1-480x640

昨年はお昼頃にはほとんどのプログラムが予約でいっぱい!
取材者はキャンセル待ちをして参加したほどです。
お目当てのワークショップがある方は、
お早めにおでかけくださいね!

ライブやパフォーマンス、滋賀の美味いもんを満喫!

熱気と笑い声に包まれた美術館を出て、
催し物広場に少しだけ移動すると、
ゆったりとライブやパフォーマンスを楽しむことができます。
すぐそばにはずらりと並ぶフードマーケットも!
美味しい匂いに誘われて、
「滋賀の美味しいもん」を食べながらの鑑賞もいいですね。

会場となっている滋賀県立近代美術館は、
広大な「びわこ文化公園」内にあるため、
少しずつ色づき始めた木々を眺めながら、
ちょっぴり早めの紅葉狩りも楽しめますよ。

dobon_006-480x640
(写真:辻村耕司さん)

滋賀県内で活動されている作家さんや団体、
大学の皆さんの協力により、これからの美術館の可能性を
五感で体験できるように、と企画されたこのイベント。
毎年、多くのご家族連れで賑わい、
たくさんの方が美術館やアートに触れるきっかけとなっています。

イベント名にもなっている「糸口」とは、
「きっかけ」ということ。

文化の日は、ご家族そろって自然とアートに触れ、
それぞれの「美の糸口」を探してみませんか?

(文・写真:汐崎わか子)

「アートにどぼん!2016」を地図でみる

JR琵琶湖線瀬田駅からバスで約5分

滋賀県立近代美術館

→大きい地図で見る

「アートにどぼん!2016」のデータ

住所
〒520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740−1(→地図
電話番号
077-522-8369
開場時間
9:30~16:00
駐車場
毎年満車となりますので、出来るだけ公共交通機関をご利用ください
主催
滋賀県、(公財)滋賀県文化振興事業団
公式サイト
http://www.shiga-bunshin.or.jp/topics/15758.html
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 掘り出し物ざくざく!アンティークの楽しさにハマる『猫目市』のイベ…
  2. 「熱気球琵琶湖横断」を楽しむマル秘スポットを聞いてきました!
  3. ずらりと梅酒を飲み比べ!『長浜梅酒まつり』が2週にわたり開催!
  4. 2015びわ湖大花火大会の感動シーンを集めた写真特集
  5. 忍者の里で灯火を巡る「かくれ里 甲賀の灯火 2015」
  6. 滋賀×メンタリズム!?テレビで話題の“メンタリストDaiGo”特…
  7. 湖をまもる“ヨシ”が明るく輝く夜「西の湖 ヨシ灯り展」が今週末開…
  8. 記念撮影 [PR] 「うま~~い」連発!宮川大輔が「新米まつり」で近江米を…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP