カフェ・お店

琵琶湖を眺めてのんびり過ごせる!テイクアウトカフェ「CAFE INTORO」

【CAFE INTORO/滋賀県草津市】

琵琶湖を眺めてのんびり過ごす休日、
湖岸沿いをサイクリングする合間にふぅと一息。
そんな時に便利なスポットが、
滋賀県草津市の烏丸半島内にありました。

「CAFE INTORO(カフェイントロ)」は、こだわりのパンやドリンク、
お弁当(数量限定)が気軽にテイクアウトできるカフェ。

地元産にこだわったフードメニュー

intoro_04
店内のカウンター上にある手書きの黒板がかわいい!
「びわ湖のえびパン」や「チャバッタサンド」など
特徴的なフードメニューがそろいます。

パン生地はすべて近江八幡の「壱製パン所」、
数量限定のお弁当は、ローマのミシュラン星つき
レストランで修行した料理人が手がけているそう。

intoro_02
もちろん店内にはイートインできるスペースもありますが、
せっかくなら、ここでテイクアウトして、
近くの琵琶湖や烏丸半島の公園でのんびりもおすすめ。

intoro_010
季節限定のドリンクも登場!
この秋は栗のチェスナッツラテが
メニューに並びます(490円+税)。

自然を遊ぶおともに、レンタル品もズラリ!

intoro_08
天気の良い日はハンモックやチェアーでのんびり。
これからの季節は、充分に厚着して防寒対策も必要ですね。

intoro_05
レンタサイクルもできるので、
手ぶらでアウトドアが満喫できます。

琵琶湖の豊かさが楽しめるロケーション!

intoro_09
ふとカフェの屋根を見上げると、
青空に浮かぶ「FLOATING LIFE」の文字が。

「琵琶湖や周辺の烏丸半島でのんびりした
時間を過ごして欲しい」と店長の板東さん。

intoro_01
カフェから徒歩5分ほどで琵琶湖が目の前!

intoro_06
すぐ近くには琵琶湖博物館や、
草津市水生植物園みずの森などもあります。

アウトドアで遊ぶ『INTRO(入り口)』でありたい

intoro_11
大阪から移住し、ご夫婦で営む「CAFE INTORO」
店長の板東寛史さんは、小さい頃から琵琶湖で湖魚を釣ったり、
滋賀の自然で遊ぶことが大好きだったのだそう。
「その経験が今の自分を作っていますね」と笑顔で話してくれました。

琵琶湖や烏丸半島の公園がすぐ近くのロケーションをいかして、
「豊かな自然を体験できるように」と
アウトドア備品のレンタルはもちろん、
様々な“琵琶湖あそび”イベントも計画中なのだそう。
琵琶湖と自然を遊ぶための入り口に、ぜひ訪れてみませんか?

(写真:渕田美絵 文:亀口美穂 )

「CAFE INTORO」を地図でみる

烏丸半島内ロータリー最奥正面

滋賀県草津市下物町1091

→大きい地図で見る

「CAFE INTORO」のデータ

住所
〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 烏丸半島内ロータリー最奥正面
→地図
メールアドレス
intro@floating-life.jp
営業時間
6:00~18:00(6~9月)、7:00~18:00(10~5月)

                

定休日
月曜日
公式Facebookサイト
https://cafe-intro.squarespace.com/
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 歴史と“美味しさ”が同居する、尾賀商店内の日本料理店『すいらん』…
  2. 琵琶湖が目の前!リゾート気分が満喫できるホテル内の優雅なレストラ…
  3. 明るい店内 運がよければ選手にも会える?!穴場的スポーツカフェ『Lakes …
  4. 消滅した群生地に代わるハスの新名所となるか?烏丸半島の『水生植物…
  5. ひしやの糸切餅 飴細工のように愛らしい!多賀町名物“糸切餅”の老舗『ひしや』で職…
  6. レトロカフェ看板 瀬田川の上で月に1度だけオープンする『洗堰レトロカフェ』。明治の…
  7. 琵琶湖博物館が7/14リニューアルオープン!内覧会の様子を40枚…
  8. 地元のお母さんが腕を振るう郷土料理がおいしい『ファームキッチン …



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP