イベント

信楽焼の世界観が変わる?!作家さんの個性に溢れた「信楽セラミックアートマーケット」イベントレポート

【信楽セラミックアートマーケット/イベントレポート】

陶都・信楽の秋のビッグイベント「信楽陶器まつり」。
その来場者数は6~7万人。なんと信楽町内の人口の5倍以上の人出です!
毎年、10月の体育の日を含む三連休に開催されていますが、
そのイベントのひとつで「陶芸の森 太陽の広場」を会場に開催されるのが
「信楽セラミックアートマーケット」です。

今年、最終日となった10月10日(月・祝)は、
気持ちの良い青空が広がり絶好の陶器日和でした!
たくさんの買い物客で賑わう「信楽セラミックアートマーケット」の
様子をレポートします!

信楽セラミックアートマーケットとは?

sera001-640x480

信楽駅前で開かれる「陶器まつり即売会」は主に町内の陶器屋さんが出展するのに対し、
陶芸の森で開かれる「信楽セラミックアートマーケット」は
滋賀県内に在住、または在勤の陶芸作家さんが中心にお店を開かれます。

セラミックアートマーケット2016 最終日

駅前の即売会では掘り出し物やハンパ物などがお得に購入できますが、
一方の「信楽セラミックアートマーケット」は個人作家さんが作る、
よりデザイン性の高い作品に出会える場!
しかも作家さん本人と話をしながら直接購入できるのがこのマーケットの醍醐味です!

最終日となった10月10日(月・祝)は、
気持ちの良い青空が広がり多くの買い物客でにぎわいました。
10:00に会場に到着すると、すでにたくさんの人が集まっていましたよ!

アートな陶器が勢揃い。作家市は出会いの場!

作品2
マグカップ、茶碗、お皿など普段使いできる器から
植木鉢や花瓶、陶人形など、
さまざまな作品がずらりと並び、陶器好きにはたまりません!!

作品1
信楽焼といえば、素朴でごつごつとした風合いが特徴ですが
それだけではありません!
とてもスタイリッシュで、これが信楽焼!?なんてものもあったり…

作品3
お馴染みの信楽焼の狸もなんだかアーティスティック!

個性的な作品がずらり。作品の一部をご紹介!!

sera010-640x480

つぶらな瞳に見つめられ、思わず立ち止まってしまいました。
「この子が可愛いんじゃない?」、「こっちの子も気になる!」
なんて会話をされていましたよ。

作品6
丸みを帯びた愛らしい姿に、思わず頬がゆるんでしまいます。

作品5
ありそうでなかった!ジグソーパズル型の箸置き!!

sera007-640x480
女性に人気があったブース、
信楽町勅旨に工房を構える「器のしごと」さん。

サニークラフト
こちらも人気でした!
信楽町内で夫婦で活動する「sunny-craft」さん。

作家
奈良県から出展された「陶芸工房 八鳥」の見野大介さん。
笑顔がとても素敵です!
取り扱いの注意点や盛り付け方など、
作り手と直接会話しながらうつわ選びができるのがいいですね。
お気に入りの作家さんとの運命の出会いもあるかもしれません。

掘り出し物
陶器市と言えば!
会場限定のお得な商品も並んでいて、自然と足が向かってしまいました。

ガラスに木工、信楽の美味いもんまで。五感を刺激してくれる作家市は来春も開催予定!

陶器だけでなく、ガラス作品や木工作品もありました。

全体風景

気持ちの良い秋晴れの下、つい財布の紐もゆるんでしまいそうですね。

カップ
ちなみに私は、この日お気に入りのカップを購入!
こんな晴れた日にはテラスでティータイムもいいですね。

信楽セラミックアートマーケットは年に1度の開催ですが
毎年5月2日~5日の4日間にわたり開催される「信楽作家市
では、今回の会場と同じ、陶芸の森で作家市が開催されます。

ただし、周辺道路はかなり混雑します!!
公共交通機関を利用するか、マイカーの場合は
朝早くからお出かけすることをおすすめします!

ぜひ、お気に入りを見つけに出かけてみてください。

(写真・文:ふくもん)

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 色彩華やかな祭りの世界、『祭りを彩るデザイン』展が開催中!
  2. もみじの真っ赤な絨毯に出会える!鶏足寺の紅葉の見頃はもうすぐ
  3. まるでひな人形の博覧会!江戸時代も平成生まれにも出会える!『ひな…
  4. 湖北の夕陽 清々しい空気の中で体験!若手農家がレクチャーする田植えイベント長…
  5. 記念撮影 [PR] 「うま~~い」連発!宮川大輔が「新米まつり」で近江米を…
  6. びわ湖の温度もアガル?!「イナズマロック フェス2016」が今年…
  7. 緑いっぱいの中で楽しむ冷たいデザート!とっても贅沢な池田牧場のジ…
  8. 掘り出し物ざくざく!アンティークの楽しさにハマる『猫目市』のイベ…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP