カフェ・お店

古民家に並ぶレトロ雑貨と、昭和の雰囲気。cafe & gallery「キマッシ」がリニューアル!

【cafe & gallery キマッシ:滋賀県大津市】

振り子時計の鳴る音に、心地よいジャズ、
ストーブの上のやかんがシュンシュン沸く音。

県内有数の棚田が目の前に広がる滋賀県の里山、
大津市仰木にある「cafe & gallery キマッシ」が、
カフェ営業に加えてレトロ家具や
雑貨などの販売も開始しリニューアルしました。

棚田と琵琶湖を見渡す、おばあちゃんのお家のような『古民家カフェ』

キマッシがあるのは、大津市の仰木地区。

ここは比叡山の麓から琵琶湖を見下ろせる、
まさに滋賀県の自然を一望できる場所です。

展望

民家の並ぶ山道を上りながら進むと、
駐車場を示す看板が迎えてくれました。

看板

棚田が広がる絶景でも有名な、この仰木地区。

棚田

お店に下る坂道からも、山の斜面に広がる
階段状の田んぼが見えます。

入り口

どこまでも見渡せる景色に目を奪われていると、
気がつくとお店の入り口に。

店内

古民家を手入れして作られた店内は、
柱時計と石油ストーブ、
各地から集められたこだわりのテーブルと
椅子が並びます。

窓際

サンルームのように気持ちのいい
窓際の席も。

こたつ1

2階には、カフェタイム専用のこたつ席もあり、
おばあちゃんのお家に遊びに来たような
懐かしい雰囲気が漂います。

棚田を見にきた人が、偶然お店を見つけて
立ち寄ることもあるのだとか。

風景

お店の中からも、棚田と里山の風景、
遠くにキラキラ光る琵琶湖を
見ることができます。

キマッシ鳥

棚田に来るサギをモチーフにした、
ゆる~い「キマッシ鳥」が、お店のキャラクター。

店内のいたるところにこっそり描かれていたり、
グッズにもなって迎えてくれる、キマッシの人気者です。

「お母さんの味」みたいで嬉しい!1日限定10食、手作りの月替わりランチ

キマッシの名物は、なんと言っても
月替わり、1日限定10食のランチ(要予約)。

ランチ

1月は「あつあつ鍋焼きうどんプレート」でした。
かまぼこにさりげなく描かれた、キマッシ鳥を発見!

デザート

デザートは、新年ということもあり
「濃厚抹茶テリーヌ&フォーチュンクッキー(おみくじ入り)」。

毎月の季節に合わせて、試作を繰り返しながら
新メニューを開発されているそうです。

この冬は柚子がたくさん採れたそうで、
特別メニュー「ぷるるん柚子ゼリー」が登場!

柚子ゼリー

柚子の果汁をぎゅっと閉じ込めた、
ジューシーでほんのり甘いゼリーは絶品です。

懐かしさがむしろ新鮮で魅力的。大切に集められた昭和の雑貨

そして、キマッシのもうひとつの魅力は、
店主の松野さんが大切に集めてきた、昭和の雑貨たち。

カップ

初めは趣味で収集していたものを、
昨年、お店のリニューアルをきっかけに
販売されるようになったのだそう。

グラス

今ではなかなか見かけない
色とりどりの柄が入ったグラスや、

C&S

細かな花が描かれたカップ&ソーサー、

お茶碗

独特の模様がおもしろい、お茶碗も並びます。
どれも状態がよく、レトロな雰囲気がとってもおしゃれ!

キマッシの建物は、もともと地元の人が
住まいとして使っていた古民家だそう。

今から8年前、お店を始めようと、
物件を探し続けること1年半。
偶然出会ったこの建物に一目惚れし、
初めて見たその場で即決されたのだとか。

押入れ

その後、襖を外して部屋を大きくしたり、
押入れを解放して、テーブル席に作り替えたりしたものの、
手を入れたのは本当に必要な部分だけで、
内装はほぼ当時のまま。

テーブル

カフェで使っている、脚まで重厚な木のテーブルや椅子は、
何度もメンテナンスしながら使い続けているそうです。

いろんな所から集めてきた家具たち、
「傷がついたり、使い込まれて角が丸くなったり
しているのが愛おしい」
と、松野さんは言います。

ソファ

この空間の、なんとも落ち着く昭和の雰囲気。

それは、同じぐらいの年に作られたであろう物たちが
空間を彩り、それらが奏でる音が部屋中を満たし、
全てが調和して完成しているのがよく分かります。

「キマッシ」の意味は「いらっしゃい」

お店の名前になっている「キマッシ」は、
金沢の方言で「いらっしゃい」という意味だそうです。

昨年のリニューアルと同時に営業形態を少し変え、
1人でお店を切り盛りされるようになった松野さん。

「リニューアルの準備で半年ぐらいお店を閉めた時も、
待っていてくれるお客さんがいた」
と話してくださる様子は、とてもパワフル。

こたつ2

年末には、人気のこたつ席で
年賀状を書きに来る近所の常連さんもいたのだとか。

車もめったに通らない、変わらない景色だからこそ
ずっと眺めていたくなるような。

そんなことを考えていたら、いつの間にか4時間も経過!
わざわざ出かけたくなる、自分の家より
ゆっくりできる場所を見つけました。

(写真:文 林由佳里)

『cafe & gallery キマッシ』を地図でみる

湖西道路「仰木雄琴IC」から車で約7分!

cafe & galleryキマッシ

→大きい地図で見る

『cafe & gallery キマッシ』の店舗詳細

住所
滋賀県大津市仰木2丁目34-12【→地図】
営業時間
12:00~17:00
営業日
土・日・月曜日・祝日(詳しくは公式サイトのカレンダーをご確認ください)
電話番号
080-5318-5073
公式サイト
cafe & galleryキマッシ
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 学生気分も味わえる?!キャンパス内のカフェ『結』の居心地の良さは…
  2. ファブリカ村(滋賀県東近江市/能登川)[カフェ]
  3. 顔の見える安心感がうれしい地元のおそうざいやさん『三松』
  4. 古いものに新しい生命を吹き込むカフェ『喫茶古良慕』
  5. 歴史と“美味しさ”が同居する、尾賀商店内の日本料理店『すいらん』…
  6. マドレ看板 食べて地球にやさしくなる。米粉のおやつや地元のたっぷり野菜がおい…
  7. 文化の日は子供も大人も美術館で遊ぼう!「美の糸口-アートにどぼん…
  8. 琵琶湖が目の前!リゾート気分が満喫できるホテル内の優雅なレストラ…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP