まとめ

紅葉シーズン到来! 歴史的名所から地元の穴場まで、滋賀県各地の絶景スポットをご紹介!

教林坊

【紅葉特集】

滋賀県内の紅葉が、いよいよ見頃を迎えます!

気になるライトアップ情報や、近ごろ話題の新名所、
地元の人が訪れる穴場など、県内全域から最新の
情報を厳選してお届けします。

記録的な暖冬となった昨年に比べ、今年は例年通りか
少し早めの色づきになるそうです。
予想では、滋賀県内の見頃は11月中旬からとのこと。

今からチェックして、紅葉狩りの計画を立てましょう!

「鶏足寺」(滋賀県・長浜市)

ここ数年、人気急上昇中の湖北地域にある古寺。
敷地内を埋め尽くす200本のもみじの木が贅沢に色づき、
見渡す限りの赤の世界に見る側まで染められそうです。
参道には落葉が降り積もり、まさに「もみじの絨毯」を
歩くことができます。

鶏足寺
(写真投稿:かめすけさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

「鶏足寺」
住所:滋賀県長浜市木之本町古橋
紅葉散策期間:11月15日(火)~11月30日(水)
※紅葉対策期間中は仮設トイレ、警備員の配置等があり。
北近江リゾート様と鶏足寺を結ぶバスと、
JR木ノ本駅と鶏足寺を結ぶバスが運行されます。
時間:8時30分~16時
詳細はこちらから

「彦根城」(滋賀県・彦根市)

季節ごとに全く違う表情を見せてくれる国宝・彦根城。
水面に映る木々と、お堀を囲むように続く紅葉の並木が鮮やかです。

彦根城
(写真投稿:小城啓介さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

滋賀県内の優れた景色を模して作られたと言われる、
城内の庭園「玄宮園」。夜のライトアップでは、
昼間とは一味違う荘厳な雰囲気が漂います。

彦根城ライトアップ
(写真投稿:ももたろうさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

「彦根城」
住所:滋賀県彦根市金亀町1−1
玄宮園ライトアップ期間:11月12日(土)~11月27日(日)
時間:8時30分~17時(玄宮園ライトアップは18時から21時※20時30分受付終了)
詳細はこちらから

「胡宮神社」(滋賀県・犬上郡)

紅葉は見たいけど、人ごみは苦手…という方には多賀町にある穴場、
胡宮(このみや)神社がおすすめ。
視界一面に広がるもみじが、
緩やかな石段を彩り迎えてくれます。

多賀サービスエリアから徒歩3分と、
アクセスしやすい立地もポイントです!

胡宮神社
(写真投稿:ゆうこねこさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

「胡宮神社」
住所:滋賀県犬上郡多賀町敏満寺49
詳細はこちらから

「金剛輪寺」(滋賀県・愛知郡)

山の緑を背景に、色とりどりの木々や灯篭、
池などが配置される庭園は国の名勝にも指定されています。

境内には三重塔や二天門など
歴史的建造物も多数残されており、
この季節ならではの情緒ある和の風景が楽しめます。

金剛輪寺
(写真投稿:room Lunaさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

境内の池に舞い落ちるもみじも鮮やかです。

金剛輪寺池
(写真投稿:小城啓介さん・滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

「金剛輪寺」
住所:滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺874
時間:8時30分~17時
詳細はこちらから

「教林坊」(滋賀県・近江八幡市)

聖徳太子によって創建された歴史ある寺院でありながら、
管理する人が無く荒れ寺となっていたところを、
現在のご住職が赴任すると同時に自分の手で改修され、
見事現在の姿に蘇ったお寺です。

茅葺屋根と苔むした庭に巨石が点在する荒々しい風景に
紅葉の赤が映えて、透き通る秋の空気を感じられます。

教林坊
(写真投稿:岡田幸雄さん・滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

夜のライトアップでは一転して幻想的な雰囲気に。
境内の緑と、深紅のもみじのコントラストが見事です。

教林坊ライトアップ
(写真投稿:小城啓介さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

「教林坊」
住所:滋賀県近江八幡市安土町石寺1145
紅葉ライトアップ期間:11月12日(土)~12月4日(日)
時間:9時30分~20時(19時30分受付終了)
詳細はこちらから

「永源寺」(滋賀県・東近江市)

古くから紅葉の名所として知られる永源寺。

境内への入り口「総門」から漏れ出す黄金の光に、
入る前から眩しくて目を細めてしまいそうです。

永源寺
(写真投稿:人見紗知さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

夜のライトアップ風景。
頭上から覆いかぶさるようなもみじが圧巻です。

永源寺ライトアップ
(写真投稿:清藤翼さん)

この時期には、山全体が紅葉します。
思わず立ち止まって、深呼吸したくなりますね。

永源寺山
(写真投稿:小城啓介さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

「永源寺」
住所:滋賀県東近江市永源寺高野町41
ライトアップ期間:11月6日(日)~11月27日(日)
時間:8時~20時30分 (※11月7日(月)までは9時〜)
詳細はこちらから

「八幡堀」(滋賀県・近江八幡市)

情緒ある旧市街が、映画のロケ地などにも使われる八幡堀。
屋形船で行く「水郷めぐり」「八幡堀めぐり」では、
川面をゆっくり漂いながら
普段より低い目線で見上げる秋の風景に、
何か新しい発見があるかもしれません。

八幡堀
(写真投稿:kaoriさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

「八幡堀」
住所:滋賀県近江八幡市宮内町周辺
詳細はこちらから

「石山寺」(滋賀県・大津市)

2000本の紅葉が色とりどりに染まる景色は圧巻!
紫式部が『源氏物語』を書いた場所として有名なお寺です。

石山寺
(写真投稿:近江小町さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

趣向を凝らしたライトアップで魅せる夜の風景。
期間中は、CGアニメーションの上映やコンサートなど、
イベントも盛りだくさんです!

石山寺ライトアップ
(写真投稿:ゆゆさん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2014・秋」投稿作品)

「石山寺」
住所:滋賀県大津市石山寺1-1-1
ライトアップ期間:11月12日(土)~11月27日(日)
時間:8時~16時30分(ライトアップは17時30分~21時※20時30分受付終了)
詳細はこちらから

「小入峠」(滋賀県・高島市)

紅葉だけじゃ物足りない!
ちょっと頑張ってでも息を呑むような絶景が見たい!
という方、「小入(おにゅう)峠」はいかがでしょう。
ぐっと気温が下がった天気のいい日、太陽が昇る前に
起きることができたら、雲海に紅葉した山々が浮かぶ
神秘的な景色に出会えるチャンスです。

小入峠
(写真投稿:人見紗知さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

「小入峠」

住所:滋賀県高島市朽木小入谷
詳細はこちらから

「メタセコイア並木」(滋賀県・高島市)

まっすぐに延びるオレンジ色の並木道を歩いていると、
まるでカナダかパリの大通りを散歩しているような気分になれそうです。
こんな風に、日常とはひと味違った風景で秋を感じるのも素敵ですね。

メタセコイア並木
(写真投稿:manabe470204さん)

「メタセコイア並木」
住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
詳細はこちらから

「近江鉄道」(滋賀県・東部)

最後は、滋賀県ならではの風景を。
県内東部を走る近江鉄道と沿線を彩る紅葉です。
列車は1〜2両編成の車両でゆっくり走るので、
1日乗り放題の切符を買って、気になる景色を見つけたら
途中下車してみるのも面白いかもしれません。
明治時代、大正時代に建てられた木造駅舎が
まだまだ現役で使われていたりと、ノスタルジックな光景に
出会えるのも魅力の1つです。

近江鉄道
(写真投稿:なかむら義宣さん・「滋賀のええフォト☆コンテスト2015・秋」投稿作品)

「近江鉄道」
詳細はこちらから

自分好みの楽しみ方で巡る、滋賀県の紅葉。間もなく見頃です!

お寺や神社とのコラボレーションはもちろん、お堀や水郷など水面に映る紅葉、
山々の緑と燃えるような赤のコントラスト、山そのものが丸ごと絶景に変身!など
場所ごとに全く違った楽しみ方ができる滋賀県の紅葉。

水や緑に囲まれた場所が多く、四季折々にその季節のいちばん美しいものが、
周りの景色と引き立て合っているのが滋賀県の魅力だな、と思います。

秋の澄んだ空気の中、色とりどりに染まる景色を発見しに出かけてみてください!

(文:林由佳里)

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. まるで天空の道!運が良ければ出会える高島市『小入峠の雲海』が神秘…
  2. パワースポット白鬚神社 琵琶湖に浮かぶ大鳥居、滋賀の神秘的スポット「白鬚神社」
  3. 蒸気 蒸気が上がり、汽笛が鳴り響く!迫力満点の「SL北びわこ号」が今年…
  4. 山岳信仰の霊地として知られる東近江市のパワースポット『太郎坊山』…
  5. 『萩焼窯元マップ』のお手伝いを「しがトコ」でしてきました!
  6. あじさい寺(長命寺のあじさい) 滋賀県のあじさいスポット
  7. お正月直前特集!滋賀県の個性派初詣スポットをご紹介!
  8. 彦根城の夜桜ライトアップ 滋賀の桜の見頃はこれから!地元目線で選ぶ、絶景お花見スポットをご…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP