まとめ

滋賀の桜の見頃はこれから!地元目線で選ぶ、絶景お花見スポットをご紹介

彦根城の夜桜ライトアップ

桜特集

いよいよ待ちに待ったお花見シーズンの到来です!

今年の開花は例年より遅め、滋賀県では
4月10日頃から中旬にかけてが見頃と言われています。
滋賀の桜はまさにこれから!

しがトコでは、みなさんの投稿写真から、
県内各地より寄せられた桜写真を厳選!

地元目線で選んだお花見スポットを、
各エリアごとにご紹介します!

「海津大崎」(滋賀県・高島市)

海津大崎桜のトンネル
(写真投稿:なおきちさん)

琵琶湖の北端、奥琵琶湖と呼ばれるエリアにある
「日本のさくら名所100選」にも選ばれた場所。
樹齢50年以上、約800本の桜並木が、4kmにわたって続き、
見事な桜のトンネルを作っています。

海津大崎桃色の琵琶湖
(写真投稿:MaSaYaさん)

シーズン中は、お花見船も運行中。
湖上から見上げる桜並木と、
ピンクに染まる琵琶湖が同時に楽しめます。

「海津大崎」
住所:滋賀県高島市マキノ町海津
詳細はこちらから

「豊公園」(滋賀県・長浜市)


(写真投稿:やすくんさん)

羽柴秀吉が築いた長浜城の城跡に作られた豊公園。
ソメイヨシノを中心に、約800本の桜が、
天守閣をぐるりと囲むように咲き誇ります。

長浜城天守からのパノラマ
(写真投稿:なおきちさん)

天守閣にのぼって見下ろした風景は、格別。
眼下に広がる桜と、琵琶湖の雄大な風景を
ゆったりと眺めることができます。

「豊公園」
住所:滋賀県長浜市公園町
詳細はこちらから

「彦根城」(滋賀県・彦根市)


(写真投稿:かめすけさん)

季節ごとに全く違った表情が楽しめる国宝、彦根城。
お堀を中心に、約1,200本の桜が一斉に花開く様子から、
地元では「桜の季節が一番美しい」という声も聞かれます。

彦根城の夜桜ライトアップ
(写真投稿:銀河鉄道999さん)

夜のライトアップでは、見事な桜が
お堀の水面に反射して荘厳な雰囲気に。
今年は築城410年を迎え、例年よりも盛り上がりを見せる彦根城。
この機会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

「彦根城」
住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
夜桜のライトアップ期間:4月1日(土)〜4月20日(木)
時間:18時~21時
詳細はこちらから

「八幡堀」(滋賀県・近江八幡市)

八幡堀の桜トンネル
(写真投稿:しらいたさん)

歴史的な街並みが残る八幡堀。
八幡堀めぐりでは、屋形船に乗って桜のトンネルを
くぐり抜ける、贅沢な体験ができます!

桜トンネルの八幡堀めぐり
(写真投稿:かずちゃんさん)

風情ある街並みと、満開の桜を眺めながら
まるでタイムスリップしたような
特別な時間を過ごしてみませんか?

「八幡堀」
住所:滋賀県近江八幡市宮内町周辺
詳細はこちらから

「さくら緑地」(滋賀県・野洲市)

さくら緑地春を愛でながら
(写真投稿:music and picsさん)

川沿いの公園に、桜並木が広がるさくら緑地。
お弁当やおやつを持って出かけたい、
地元の人に人気のスポットです。

まわりに大きな建物もなく、滋賀の自然を存分に
味わえるのもポイント。

「さくら緑地」
住所:滋賀県野洲市南櫻

「鮎河(あいが)の千本桜」(滋賀県・甲賀市)

うぐい川に桜吹雪が舞う
(写真投稿:なおきちさん)

うぐい川を両岸から囲い込むように咲く
200本のソメイヨシノをはじめ、
青土ダム周辺から続く1000本以上の桜は圧巻。

うぐい川の桜ライトアップ
(写真投稿:西村 久さん)

開花中限定で行われるライトアップは、
昼間とはひと味違い、静かで幻想的な雰囲気。

「鮎河の千本桜」
住所:滋賀県甲賀市土山町鮎河
桜開花中は夜間ライトアップあり(21時頃まで)
詳細はこちらから

「MIHO MUSEUM」(滋賀県・甲賀市)


(写真投稿:tetemaroさん)

一般的なお花見とは少し違ったドキドキを
感じさせてくれる、MIHO MUSEUMの桜。
本物の桜が見えるまでの、トンネルに映り込む
ピンク色が想像をかき立てます!

「MIHO MUSEUM」
住所:滋賀県甲賀市信楽町田代300
開館時間:10時~17時 (入館は16時まで)
入館料:大人1,100円/高大生800円/小中生300円
詳細はこちらから

「近江神宮」(滋賀県・大津市)

桜咲く近江神宮
(写真投稿:まあちゃんさん)

映画「ちはやふる」の舞台でも有名な近江神宮。
神社の鮮やかな朱色に、凛と咲く桜のピンクが
みずみずしく映えます。

「近江神宮」
住所:滋賀県大津市神宮町1番1号
参拝時間:6時~18時
詳細はこちらから

「琵琶湖疏水」(滋賀県・大津市)

琵琶湖疏水の満開の桜
(写真投稿:ナカガワナオヒサさん)

琵琶湖の水を京都へ運ぶためにつくられた、琵琶湖疏水。
100年以上前の水路と、それを覆うように両側から咲く桜で、
レトロな雰囲気を楽しめますよ。

琵琶湖疏水ライトアップ
(写真投稿:ふじいゆうこさん)

ライトアップでは一気に華やかに。
今がいつの時代かも忘れて、見入ってしまいそうです。

「琵琶湖疏水」
住所:滋賀県大津市三井寺町
夜桜ライトアップ期間:2017年4月1日(土)~4月12日(水)
時間:18時30分~21時30分
詳細はこちらから

いつもの桜、特別な桜

北から南まで、滋賀県全域に広がる桜スポット。

今回は、地元目線ならではの、
「毎年心待ちにしている人が見る、いつもの桜」
「日常の見慣れた風景を特別にする桜」を
テーマにご紹介しました。

みなさんのお気に入りのお花見スポットや、
新たに発見した桜の名所なども、
ぜひ、しがトコに教えてくださいね!

(文:林由佳里)

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 見る人を圧倒する琵琶湖最大の群生地、烏丸半島のハスが間もなく開花…
  2. ずらりと梅酒を飲み比べ!『長浜梅酒まつり』が2週にわたり開催!
  3. 忍者の里で灯火を巡る「かくれ里 甲賀の灯火 2015」
  4. お正月直前特集!滋賀県の個性派初詣スポットをご紹介!
  5. 湖岸沿いに「ひまわり迷路」が出現!『おいで野洲 ひまわり迷路』は…
  6. 滋賀県最大級!200万本のコスモス畑がいよいよ見頃。「野田町コス…
  7. 織田信長も愛した『天下の奇祭』!近江八幡に春の訪れを告げる『左義…
  8. 浮御堂 湖上安全を見守り続け約1000年、松尾芭蕉にも愛された琵琶湖の『…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP