カルチャー

近江米新品種の名前が『きらみずき』に決まりました!

きらみずき名称発表

【しがトコPR:近江米新品種プロジェクト #06】

およそ10年ぶりに誕生する
近江米の新品種の名称発表会が滋賀県庁で行われました。
近江米の新しい歴史を刻む
その輝かしい名前は『きらみずき』。

名付け親となったのは名称応募に参加した
近江八幡市に住む小学生の男の子です。
みずみずしくて食べやすく、
未来に向かってキラキラと輝き続ける、
そんな近江米のこれからを予感させる、ぴったりな名前です。

たくさんの人が関わり、さまざまな想いが込められた『きらみずき』誕生までのストーリーをご紹介します。

名付け親は近江八幡市在住の小学2年生

新品種名称発表会

三日月知事の横で多くの報道陣に向かって
緊張した表情で微笑むのは、
名付け親となった関澤涼介君。
近江八幡市に住む小学2年生の男の子です。

三日月知事と関澤君

「びわ湖のようにキラキラして、
みずみずしいお米になるように、この名前にしました」
とインタビューに答えてくれた関澤君。

「お米は好きなのでカレーとかでいっぱい食べたいです!」と、
元気なひとことも。

記念に贈呈されたのは、
『きらみずき』をイメージして特別に作られた
信楽焼のお茶碗。
お腹いっぱい食べて、大きく育ってくださいね!

新品種の名称への関心は全国各地から!

滋賀県から誕生する10年ぶりの新しいお米ということで
名称が決まるプロセスでも、多くの人の関心を集めていました。

2022年秋に行われた「名称募集」には
全国各地から3,552件もの応募がありました。
約10年前に公募を行った近江米『みずかがみ』と比べると、
なんと、約9倍もの応募数!
これだけでも、注目度の高さが分かります。

おこめのがっこう

名称募集時には、
子どもたちにも、もっとお米を知ってもらうため
「おこめのがっこう」というイベントも開催。

じつは名付け親の関澤君も
このイベントの参加していた子どもの一人。
イベントに参加する前日、
お父さんと一緒にお風呂入ってるときに
どんな名前がいいかと考えていたんだそう。

おこめのがっこう参加者記念撮影

近江米のクイズや、いろいろな品種の食べ比べをして、
楽しみながらお米のことを学びました!

名称投票ハガキ

その後、関係者による会議にて
5つの名称候補に絞られ、
インターネットと店頭で「名称投票」が実施されました。

ウェブ投票だけでなく、手書きの葉書に
名前への期待を寄せる人もたくさん!

店頭での名称投票

滋賀県内の平和堂と、コープの一部店舗にて、
シールを使った店頭投票も実施。
子どもから大人まで、
合計5,000枚以上のシール投票がありました!

たくさんの人の関心を集め、
名前が決定した『きらみずき』。

いったい、どんなお米なんでしょうか?
その開発までのストーリーも追いかけていました。

『きらみずき』誕生の背景にある、さまざまなストーリー

品種改良は10年もの歳月をかけて行われてきました。
新しい近江米の誕生に向けて、
本格的にプロジェクトを開始したのが2022年5月のこと。

83号

このときはまだ「滋賀83号」と呼ばれていた品種が、
のちに誕生する新品種『きらみずき』です。

全国有数の米どころ滋賀県では、
見渡す限り田んぼの風景も当たり前だったりします。

滋賀の豊かな自然のなかで育つお米は「近江米」として親しまれていて
「コシヒカリ」や「みずかがみ」など、おいしいお米がいっぱい!

そんな近江米のより良い品種を求めて
常に品種改良を続ける人達がいます。

視察の様子
新品種の発売を2年後にひかえたある日、
近江八幡市安土町にある「滋賀県農業技術振興センター」で
滋賀県内の生産者さんたちを交えた
意見交換会が行われました。

「新品種の米は、どういう人に食べてもらいたい?」

歩きながらも熱い意見が交わされます。


こちらが新品種の開発にかかわるみなさんです!

今回の新品種は、環境に配慮した作り方を推進したお米。
農薬を使わずに雑草を抑える方法や
いい土をどう育てるか、琵琶湖に優しい生産方法など

さまざまな質問や意見が活発に飛びかうなか
新品種への期待を込めたプロジェクトがキックオフしました!

記事を読む>>>☆およそ10年ぶりに近江米の新品種が登場!2024年発売に向けたプロジェクトが始まりました! 

農業技術センター吉田さん

10年以上、品種改良に携わってきたという
滋賀県農業技術振興センターの吉田貴宏さんにもインタビュー!

たくさんのお米を観察しすぎて、
なんと、夢にまでお米がでてくることもあったとか!

なぜ新品種を開発しているのか?
どんな考え方で新品種はつくられたのか?などなど、
開発の裏側は、動画や記事でも詳しく紹介しています。

記事を読む>>> ☆「夢にも米が出てきます」近江米の開発担当者に聞いた、新品種誕生の裏側にあるディープなお話し

動画を見る>>> ☆夢にも米が出てくる?!苦労の連続!【近江米新品種インタビュー】

環境こだわり農業

そして、あまり知られていませんが、滋賀県は、
「環境こだわり農業」の普及率が全国でダントツ1位!

『きらみずき』もオーガニック栽培など、
殺虫殺菌剤や化学肥料を使用しない
厳しい基準下でつくられる予定です。

全国でもトップを走る”滋賀のじつはスゴイ”
環境農業へのこだわりを取材しました!

記事を読む>>> ☆全国でダントツ1位!「環境こだわり農業」トップを走る”滋賀のじつはスゴイ”を取材しました

動画を見る>>>☆【滋賀県近江米】なぜ今、環境こだわり以上の作り方?

ところでみなさんは「近江米」の歴史をご存知でしょうか?
かつて「大津京」や「紫香楽宮」といった”都”があり、
安土桃山時代には、織田信長が安土城を築くなど、
日本国の中心であった、近江国・滋賀県。

古くから米の産地としても栄え、
京や大坂などの食を支える一大穀倉地帯でもありました。

滋賀で作られるお米は、今も「近江米」と呼ばれ、
京阪神エリアを中心に流通しています。

そんな近江米の深い歴史について
2人の専門家の方にもお話を伺ってきました!

記事を読む>>> ☆古くから”都”の食を支えてきた近江米。その歴史を紐解きます。

話をする橋本さん

ここまで、新品種の開発秘話や、
近江米そのものの歴史を深掘りしてきましたが、
気になるのは、2024年にデビューする『きらみずき』の味のこと。

一足先に、お米のプロに実際に食べていただき、
その味についてもお話を伺いました!

記事を読む>>> ☆近江米の新品種『きらみずき』はどんな味?お米のプロに試食してもらいました 

たくさんの人によって、この世に送り出された『きらみずき』。
その誕生までのシーンをぎゅっと短くまとめた
イメージ動画も公開されています!

動画を見る>>>みらいへつなぐ近江米『きらみずき』イメージムービー

琵琶湖のきらきらと輝く水に育まれた
滋賀の大地から誕生する新しいお米『きらみずき』。

オーガニック栽培など、殺虫殺菌剤や化学肥料を使用しない
厳しい基準下でつくられる予定です。
2024年秋の本格デビューまであと少し。
それまで待ちきれない!という方は、
2023年秋にテスト販売も予定されているので
『きらみずき』の続報を楽しみにお待ちください。

(取材・文・写真 しがトコ編集部)

みらいにつなぐ近江米 参考リンク

近江米の新品種『きらみずき』はどんな味?お米のプロに試食してもらいました

古くから“都”の食を支えてきた近江米。その歴史を紐解きます。

全国でダントツ1位!「環境こだわり農業」トップを走る”滋賀のじつはスゴイ”を取材しました

「夢にも米が出てきます」近江米の開発担当者に聞いた、新品種誕生の裏側にあるディープなお話し

およそ10年ぶりに近江米の新品種が登場!2024年発売に向けたプロジェクトが始まりました!

提供:滋賀県 「みらいの近江米」プロジェクト

しがトコ採用情報

関連記事

  1. まだまだ知らない琵琶湖の“ヨシ”。学生インターンが取材してきまし…
  2. コニャンナーレ ニャンコが湖南を盛り上げる!2022(ニャンニャンニャン)年に向…
  3. 極寒の琵琶湖が生み出す「しぶき氷」の神秘的な世界
  4. 松明展示2023 「ラ コリーナ近江八幡」に期間限定で巨大な松明が登場!『たいまつ…
  5. らっこや正面 町屋に導かれるようにカフェをオープン。みんなが集い、語らう場に【…
  6. 5歳の子どもが琵琶湖を撮ると…。カメラ片手にぶらりしてきました!…
  7. これぞ近江の奇祭!?滋賀県近江八幡市「伊崎の棹飛び」
  8. 集合写真 『ももいろクローバーZ』が東近江にやってくるZ !!
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP