観光

水墨画のような風景を屋形舟でゆく「水郷めぐり」が非日常感たっぷり!

【近江八幡 水郷めぐり/滋賀県近江八幡市】

「11月から冬にかけて、夕暮れ時の水郷めぐりは最高!」
そんな情報を得てから数ヶ月。
ついに待ちに待った季節がやってきました!

ドキドキしながら、満を持して臨んだ「近江八幡水郷めぐり」。
そこに広がるのは、日常や街の喧騒はもとより、
今がいつの時代かすら忘れそうになる、情緒あふれる空間でした。

市街地からたった15分!日常を忘れる空間へ

白雲館

水郷めぐりのスタートは、近江八幡市街から。
乗船予約の電話をしたら「白雲館に乗り場のマップと
割引券付きのチラシがあります」とのことなので、
まずは白雲館に立ち寄ります。

チラシ

今回予約したのは、手漕ぎの舟が自慢の「水郷のさと まるやま」さん。
チラシを手に入れたら、裏面の地図に沿って乗船場へ向かいます。

看板
市街地から車で15分ほど走ると(近くにバス停もあります)、
チケット売り場の建物が見えてきます。
目印は受付の看板。

チケットを買って乗船時間を待っていると、おもむろに
「はんてんを選んでください」と声がかかります。

はんてん

これを…着る?という疑問を口にする間もなく、
流れるままにはんてんを1着手に取り、着用。
この瞬間から、スッと時間の流れが変わったような気がします。

家を出た時からが遠足、はんてんに袖を通した時からが
水郷めぐりの始まりです。

我に返ってお互いのはんてん姿に爆笑したりしている間に、
乗船時間がやってきました。

いざ乗舟!船頭さんに導かれ、タイムスリップのような特別な時間の始まり。

乗船

屋根付きの屋形舟がずらりと並ぶ乗船場に案内され、
船頭さんに見守られながら、いざ乗船!

毛布

船内には毛布も完備されており、はんてんと相まって
防寒効果は絶大です。

手漕ぎならではの緩やかなスピードで岸が見えなくなった頃、
気付いたら聞こえるのは舟が進んで行く水の音と、
水路を囲むヨシや木がさわさわと風に揺れる音だけになっていました。

鵜1

少し先に現れた鵜が、

鵜2

潜ってはまた先に、舟を先導するように顔を出します。

カルガモ

カルガモが今夜の寝床を決めて休んでいるところに遭遇したり。

犬

すれ違う舟と自然に手を振り合うのも、
船上ならではの面白い文化です。
この日は愛犬と一緒に乗船中の強者も!

紅葉

自然の中で、ぱっと華やかに紅葉する木も見ることができました。

船頭さん

静かに、でも力強く舟を漕ぐ船頭さんが時々話してくれる、
水郷とヨシを使った生活の話、
今乗っている舟は昔の木造船を再生したものであること、
ここには1mを超えるコイがいて、
フナやウナギまで捕れることなど、素朴だけれど
思わず聞き入ってしまうような話に
耳を傾けながら進んでいきます。

夕日

海や琵琶湖とも違う、めいっぱい吸い込みたくなる
水の匂いを感じながら、アスファルトの道路や電線の無い
風景を眺めていると、今がいつの時代だったかすら
忘れてしまいそうになります。

山

所々にかかる小さな橋以外は、昔のままの景色が
保存されているそうで、水路の先にあるやや大きな湖は、
安土城から西を見てあった湖ということから
織田信長が「西の湖」と名付けたとか。

ここから見えるのと全く同じ風景を、
戦国武将も眺めていたのかもしれませんね。

そんなことを考えながら、あっという間に乗船時間の
60分が終了しました。

表情豊かな水郷めぐりはどの季節もおすすめ!

スタッフの方々

せっかくなので、「水郷のさと まるやま」の方々に、
水郷めぐりにおすすめの季節を聞いてみました。

「周囲がシン、と静かで水墨画のような景色が広がる冬がおすすめです」
と話してくれたのは船頭さん。

「春はヨシキリという鳥の声が賑やかで、うるさくて敵わん」
と言いながらも嬉しそうです。

受付スタッフの女性は、3月に一票!
この辺りでは、12月にヨシを刈って使ったあと、
3月には残った分を燃やす「ヨシ焼き」が行われるそうです。
この水辺でのヨシ焼きも、水郷の自然を守るために重要な農作業のひとつ。

「去年はヨシ焼きの日がちょうど桜の見頃で、
特別な風景が見られました」と教えてくれました。

「夏は周りの緑が鮮やかで、見応えがある」との声も。

12月〜3月は定期便はお休みとなりますが、
貸切舟で近江牛のすき焼きを食べることができるそうです!

マップ

最後にいただいた航路のマップを眺めながら、
船上ですき焼き忘年会なんていいなぁ、
と早くも次回への妄想が膨らみます。

皆さんはどの季節に乗ってみたいですか?
「行ってきたよ!」という感想や、おすすめなど、
ぜひ聞かせてくださいね。

(写真・文:林由佳里)

「水郷のさと まるやま」を地図でみる

JR近江八幡駅よりバスも出ています!

水郷のさと まるやま

→大きい地図で見る

「水郷のさと まるやま」のデータ

住所
〒523-0805 近江八幡市円山町1467-3 
→地図
電話番号
0748-32-2333
定期船
大人2,160円/学生(要学生証提示)1,890円/小学生1,080円
(4月〜11月/10時~15時ご乗船/手こぎ舟60分)
貸切船
【60分コース】6人まで8,640円/8人まで10,800円
【90分コース】6人まで9,720円/8人まで12,960円
(年中無休/9時~16時ご乗船/要予約)
公式サイト
http://www.za.ztv.ne.jp/tekogi.maruyama/index.html/
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 滋賀県最大級!200万本のコスモス畑がいよいよ見頃。「野田町コス…
  2. ありがとう、ブルーインパルス!国宝・彦根城との夢の共演が実現
  3. 悠久のロマンを感じながらヨシ群をすすむ「西の湖 水郷めぐり」
  4. まるで天空の道!運が良ければ出会える高島市『小入峠の雲海』が神秘…
  5. 金剛輪寺千体地蔵 異様な迫力!2000体を越えるお地蔵様が鎮座する『金剛輪寺』の千…
  6. 冬の比良山系 映画のワンシーンのような美しさ!琵琶湖大橋から望む壮大な風景にた…
  7. 琵琶湖が主役のイベント!春の訪れを告げる『びわ湖開き』が3月11…
  8. びん細工てまり(愛荘町) 幸福のシンボル!ころんと可愛い『びん細工てまり』は江戸時代より伝…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP