イベント

千本の梅が咲き誇る里山で、春を満喫!!『寿長生の郷』で梅まつりが開催中

【梅まつり/滋賀県大津市】

瀬田川のほとりの、広大な丘陵地にある『寿長生の郷』で、
梅まつりが開催中です。

六万三千坪の苑内には、約千本の城州白梅が
植えられており、満開を迎えると辺りには
甘い香りが漂い、白い絨毯を広げたような
絶景が広がります。

梅まつり期間中は限定の和菓子や、
イベント、自然と触れ合える各種体験など
訪れる人を楽しませてくれる工夫がもりだくさん!!

たくさんの人で賑わう苑内の様子をレポートします。

花より団子?梅まつりへはお腹をすかせて行こう!

入口付近

苑内入口では、さっそく梅がお出迎え。
待ちわびた春が一気に訪れたような気持ちになり、
ワクワク感が高まります!

梅アップ

梅まつり初日の3月4日(土)時点では、
まだ二分咲き程度でしたが、ピンク色の愛らしい花に
沢山の方がカメラを向けていました。

野菜焼き風景

緩やかな坂を上っていると、
「とれたて炭火野菜焼き」の文字を発見!

野菜焼きメニュー

苑内で収穫されたとれたて野菜や、
岩魚を目の前で炭火で焼いてくれる
お楽しみ屋台です。

炭火焼き風景

机や椅子も用意されているので、
皆さんその場でガブリ!
青空の下で食べる、新鮮な野菜やお魚が本当に美味しくて
自然と笑みがこぼれます。

野菜販売コーナー

新鮮野菜の販売コーナーもありましたよ。

梅林前の屋台

腹ごしらえを終えて、さらに坂を上ると、
いよいよ梅林に到着。
梅林の目の前にも屋台が出ており
美味しい物を片手に約千本の梅を楽しむことができますよ!

屋台お品書き

梅林前の屋台メニューは梅そば、近江産 猪汁や
桜餅にみたらし団子など。

限定菓子も見逃せません!!
特に梅まつり限定の五穀おはぎと梅大福は、
飛ぶように売れていました。

梅大福陳列

こちらの『梅大福』、お値段なんと1個540円(税込)!!
高額菓子に、ドキドキしながらさっそくいただきます。

梅大福中身

この寿長生の郷で収穫した城州白梅を甘露煮にして、
柔らかいお餅でまるごと包み込んだという梅大福。
今までいただいたどの大福よりも、
もっちり柔らかく、香り高い上品な大福でした。

一般的な大福に比べると少々お高めの価格ではありますが、
ぜひ一度ご賞味ください!!

梅まつり開催中はイベントも目白押し!

イベントスケジュール

梅まつり開催中は、普段はできない体験や
イベントが目白押しです!

近江茶歌舞伎や、里山子ども茶席、
紙すき体験、菓子バイキングなど。
他にも、ここでしか体験できない魅力的なプログラムが
ありますので、スケジュールを確認してぜひご参加ください!

取材に訪れた3月4日(土)は、
「境川部屋」の力士による『寿長生場所』が
開催されていました。

相撲取り組み

本物の力士の大きさ、迫力に大興奮!!
イベント終了後には、写真撮影のため
長蛇の列ができていましたよ。

※『寿長生場所』は3月4日(土)のみで終了しました。

六万三千坪の里山で、心も体も春を満喫!

『寿長生の郷』とは、滋賀県を代表する
和菓子製造販売会社の一つ、
『叶 匠壽庵』の工場や売店、各種体験施設などの複合施設です。

山羊農園

瀬田川のほとりの、この広大な里山には、
梅林や山羊農園、自然と触れ合える施設があり、
農工一体の菓子づくりを目指す『叶 匠壽庵』の
理想を追求した場所。

苑内風景

苑内は自然の谷川を利用し、山林の部分はそのままに
散歩道をめぐらせ、季節ごとに数百種類の野の花が咲き
私たちを楽しませてくれます。

梅林一分咲き

今年は例年より開花状況が遅れているとのことで、
残念ながら、3月4日(土)時点では梅林は一分咲き程度。

満開を迎える頃にはこのような眺めを楽しむことが
できますよ。

開花情報は、公式サイトで随時更新しているので、
訪問前にご確認くださいね。

滋賀らしい、豊かな自然を活かしたこの郷で、
心も体も春の訪れを感じることができる梅まつり。
3月20日(月・祝)まで開催中ですので、
ぜひ足を運んでみてください。

(写真・文:汐崎 わか子)

『寿長生の郷 梅まつり』を地図でみる

JR石山駅から無料送迎バスもあり!

寿長生の郷

→大きい地図で見る

『寿長生の郷 梅まつり』のデータ

住所
〒520-2266 滋賀県大津市石龍門4-2-1
→地図
電話番号
077-546-3131
開催期間
2017年3月4日(土)~2017年3月20日(月・祝)
営業時間
10:00~17:00
駐車場
梅まつり期間中は駐車料金1,000円
(ただし苑内で当日利用できるお楽しみ券(1,000円分)をいただけます)
公式サイト
叶 匠壽庵寿 長生の郷
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 信楽焼の世界観が変わる?!作家さんの個性に溢れた「信楽セラミック…
  2. 秋空のもと様々な作品と出会えた2日間。「工藝の庭」イベントレポー…
  3. 山岳信仰の霊地として知られる東近江市のパワースポット『太郎坊山』…
  4. びわ湖の温度もアガル?!「イナズマロック フェス2016」が今年…
  5. 外観 高島の発酵文化が京都に!三条「かもす家」でキレイの素みつけました…
  6. 巨大秘仏が滋賀を飛び出して東京上野の国立博物館へ!『特別展 平安…
  7. 天井にまでお花畑が?!その数に圧倒される、枯れないお花のアトリエ…
  8. 「世界よ、これが日本のウユニだ」美しすぎる余呉湖の絶景



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP