イベント

クリスマスブーツは滋賀県生まれ!発祥の地・草津の老舗会社を訪ねました

【近商物産/滋賀県草津市】

街中がクリスマスソングやイルミネーションに彩られ
クリスマスをあちこちで感じる季節になりました!

スーパーやコンビニのレジ横に並ぶこれを見て
クリスマスを感じる方も多いのでは?

そう!サンタさんのブーツに
お菓子が詰まった「クリスマスブーツ」です。

クリスマス&お菓子の最強の組み合わせに
幼心がとてもワクワクしたことを思い出します。
無理やり足にはめて歩いた人も、きっと多いはず。

そんなクリスマスブーツ、
実は滋賀県草津市が発祥の地だったんです!

草津から全国へ!「日本だけの文化」クリスマスブーツの誕生秘話

ブーツ全体

クリスマスブーツが誕生したのは今からちょうど60年前。

草津市にあるお菓子の包装材などを扱う「近商物産」
という会社が初めて世に送り出したものなんです!

そもそもブーツにお菓子を詰める発想は
どこから生まれたのでしょうか?

xmas07

実は先代の社長がクリスマスツリーに飾られていた
サンタのブーツ型のオーナメントを見て思いついた
ことだったそうです。

こんなにもロングセラーになるとは想像していなかったそうで、
「第1号も残っていないんですよ~」と笑う担当者の方に
思わず「えー!もったいない!」とつっこんでしまいました。

それ以来、半世紀以上も作り続け、現在でも
近商物産がクリスマスブーツの国内シェアNO.1を
守り続けています!

さまざまなブーツ

クリスマスは西洋から日本に伝わった風習ですが、
ブーツ型の入れ物にお菓子を詰めて贈る
「クリスマスブーツ」は日本だけに広まった文化だそう。

近年は海外の工場で生産されるブーツもあるようですが
それらもすべて日本にのみに流通しています。

熨斗紙など贈り物の包装にも気遣う
日本人ならではの感覚なのかもしれませんね。

クリスマスブーツでわかる時代の流行

赤ブーツ

近商物産さんの資料室にずらりと並んだクリスマスブーツ!
見ているだけで大人でもワクワクしてきます。
定番からオリジナルまで、いままでに100種類以上の
ブーツを生み出してこられました。

キャラブーツ

現在の主流は「赤」や「キャラクターもの」ですが、
近商物産さんの資料室には懐かしの「銀ブーツ」もたくさん並んでいました。

銀ブーツアップ

紙の型に銀紙を貼りフェルトなどで飾り付けたものが「銀ブーツ」

作業の様子

型紙を丸めブーツを作ったら、
銀紙やサンタさんの顔パーツなどを貼り付けていきます。
その工程のほとんどが、なんと手作業!!

クリスマスブーツが持つ独特の温もりは
作り手さんの手間暇に比例しているような気がします。

フリルブーツ

なかには、こんなに手の込んだものも!
これは入れ物の域を超え、ひとつの作品のようです!

大ブーツ

小さな子どもの身長サイズのものから

小ブーツ

手のひらサイズの可愛らしいものまで、サイズもさまざま。
ただしほとんどが手作業なので手間は同じくらいかかるそうです。
クリスマスブーツの世界も奥が深いですね!

日本一クリスマスブーツのことを考えている会社

野田さん
愛しそうにクリスマスブーツを抱きしめて笑うのは、
取材を受けてくださった、企画室の野田さおりさん。

野田さんたちのクリスマスブーツ作りは1月から始まり、
お菓子メーカーなどに企画や提案しながら
9月以降に最盛期を迎えます。

作ったブーツに「近商物産」の名前はでてきませんが
一年中クリスマスブーツのことを考え、
たくさんの子どもたちに笑顔を届けている陰の立役者です。

「日本一クリスマスブーツのことを考えているのは私です!」と
おっしゃっていたのも納得。

銀ブーツ

「お菓子をだした後のクリスマスブーツは
壊れるまでたくさん遊んでほしいですね」と野田さん。
愛があるからこその言葉ですね!

こうやって、愛情こめて作られたクリスマスブーツだからこそ、
日本中の子ども達を幸せにできるのですね。

会社外観
滋賀県草津市にある近商物産。
こんな身近にクリスマスブーツの発祥の地が
あったなんて驚きでした。
ぜひこれからも全国へ愛のこもったブーツを
届けてほしいですね。

『近商物産』の詳細

住所
滋賀県草津市西大路町11番18号【→地図】
電話番号
0120-234-420
公式サイト
近商物産
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 豪華な“山車”と“こども歌舞伎”ユネスコ無形文化財登録の『長浜曳…
  2. 巨大秘仏が滋賀を飛び出して東京上野の国立博物館へ!『特別展 平安…
  3. もっとも美しい季節到来!彦根城の『桜まつり』
  4. 勝部の火祭り 燃える炎と乱舞する若者たちが異世界。800年続く近江の奇祭『勝部…
  5. 織田信長も愛した『天下の奇祭』!近江八幡に春の訪れを告げる『左義…
  6. 『鳥人間コンテスト』の会場でわかった4つのこと。今年は“とり年”…
  7. 滋賀県最大級!200万本のコスモス畑がいよいよ見頃。「野田町コス…
  8. 江戸時代のひな人形 歴史あるひな人形が大集合!『日野ひなまつり紀行』が開催中



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP