イベント

湖をまもる“ヨシ”が明るく輝く夜「西の湖 ヨシ灯り展」が今週末開催!

【西の湖 ヨシ灯り展/滋賀県近江八幡市】

湖をまもる“ヨシ”が明るく輝く夜。
琵琶湖の東側にある西の湖で、
この時期恒例となっている「西の湖 ヨシ灯り展」が
9月24日(土)、25日(日)に行われます。

滋賀といえば“琵琶湖”ですが、実はその周りには
いくつかの小さな湖があり、琵琶湖に負けないほどの
豊かで美しい自然があることをご存知ですか?

琵琶湖の東側にある西の湖も、そのうちの一つ。
「西の湖 ヨシ灯り展」は、その西の湖で、
ヨシをテーマにした灯りを楽しむイベントです。

静かな湖が幻想的な灯りで輝く夜

西の湖

場所は琵琶湖の東側、滋賀県近江八幡市安土町。
かの有名な戦国武将・織田信長が
お城をつくった安土山の麓に広がる西の湖は、
琵琶湖が持ついくつかの内湖のなかで最も大きく、
多くの生き物が暮らす自然豊かな湖です。

西の湖にたくさん生える“ヨシ”という植物でつくった
オブジェに光を灯して展示するこのイベント。
今年でなんと10回目を迎えます!

ヨシ灯り一本道

県内の小学校・中学校・高校や美術教室、
地域の自治会などから寄せられた約400点の作品が並び、
日没につれあたり一帯が幻想的な雰囲気に包まれます。

ヨシ灯り夕景

作品はしゃがんで見るような小ぶりなものから、
高さ2メートルを超える大作まで。
ヨシの茎は直径1センチメートルほどの筒状で、
その茎を組み合わせることによって
様々な形が表現されています。

個性豊かな約400点のヨシ灯りがずらり!

個性的なヨシ灯り

自然の素材ならではの、
ぬくもりある個性豊かな作品がズラリ!
数ある作品の中から、
あなたのお気に入りを探して歩くのも楽しいですね。

ヨシ灯り大作

こちらはかなりの大作。
一体、何本のヨシを使用しているのでしょうか。

ヨシ灯りつりさげ式

こんな個性的な作品も発見!
風が吹くとどんな音色を奏でるのか、
想像するだけでわくわくしてしまいますね。

鈴虫や松虫、コオロギの鳴き声をBGMに、
美しくあたたかな光を眺めて歩いてみてください。
ゆったりととても贅沢な時間が流れますよ。

西の湖のヨシを守りたい!
滋賀県で行われる様々な取り組み。

西の湖のヨシは近江の特産ヨシとして、
古くからすだれや小物といった
室内装飾品として重宝されてきました。
しかし、人々のライフスタイルの変化や
安価な輸入品の影響で需要は減少の一途をたどります。

そんな中、1992年、滋賀県は「ヨシ群落保全条例」を制定。
ヨシを活用し、守っていこうという動きが見直されてきました。

ヨシ原
(写真:田中伸さん)
ヨシのある風景は湖国らしい豊かな郷土の姿です。
生き物の住みかとなり、水や空気をきれいにもしてくれるヨシは、
私たちにとってなくてはならない大切な存在。

そのヨシ原を健康に美しく保つためには、定期的な刈取りを続け、
刈り取ったヨシを有効に利用してく必要があります。

西の湖ヨシ灯り展実行委員の真田陽子さんは、
今は少なくなってしまった
「ヨシ葺き屋根」の職人さんでもあります。
実行委員長真田さん

年々、その数が減少しているヨシ葺き屋根の家。
真田さんはヨシ葺き屋根や、この西の湖ヨシ灯りを通して、
「たくさんの人がヨシに親しみ、
ヨシの価値を再発見するきっかけになれば」と話します。

ヨシ灯り遠景

「ヨシ灯り展」の灯りがあたたかいのは、
そんなヨシを守りたいという人々の熱い思いが
こもっているからかもしれません。

湖とともにある滋賀の美しい自然を体感できる
「ヨシ灯り展」にぜひ出かけてみてはいかがですか?

(写真・文=国領美歩)

「西の湖 ヨシ灯り展」を地図で見る

駅前にレンタサイクル有り!

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦5428

→大きい地図で見る

西の湖 ヨシ灯り展DATA

会場
よしきりの池・安土B&G海洋センター一帯 【→地図】
日時
2016年9月24日(土)13:00~21:00・25日(日)10:00~20:30
駐車場
駐車台数に限りがあるので、公共交通機関をご利用ください
Webサイト
第10回 西の湖ヨシ灯り展
主催
西の湖ヨシ灯り展 実行委員会

(記事公開日:2016年9月23日)

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 織田信長も愛した『天下の奇祭』!近江八幡に春の訪れを告げる『左義…
  2. 秋空のもと様々な作品と出会えた2日間。「工藝の庭」イベントレポー…
  3. 聖なるバレンタインをイルミネーションで楽しむ『びわ湖大津館』イン…
  4. 外観 高島の発酵文化が京都に!三条「かもす家」でキレイの素みつけました…
  5. 『飛び出し坊やも夏休み!?』 大津パルコ滋賀展 Vol.01
  6. 信楽焼の世界観が変わる?!作家さんの個性に溢れた「信楽セラミック…
  7. びわ湖の温度もアガル?!「イナズマロック フェス2016」が今年…
  8. 「コンチキチン」と華やかに賑わう伝統の祭『大津祭』をレポート!



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP