カフェ・お店

果物みたいに甘い人参やトマト!日用品や食材を必要な量だけ”はかり売り”できるお店『ゆとり』

【はかり売りのお店「ゆとり」滋賀県大津市堅田】

「これって野菜?!」。思わずそう言いたくなるほど
甘い人参やフルーティなトマト、
自然農法で手間ひまかけて作られた
採れたての野菜たちは、まるで果物のようなおいしさです。

滋賀県大津市堅田にある『ゆとり』は
日用品や食材を“はかり売り”で提供してくれるお店。

無農薬、自然農法の野菜は少しだけ高いかな?という印象もありますが、
じつは、“はかり売り”なら、意外とお得に購入できるのです。
少量から選べるので、いろんな野菜を少しずつお試しでも購入できるうえ、
スーパーのように個包装されていないので、ゴミも少なくなんだか気持ちまですっきり。

しょうがやトマトのはかり売り
暖かな木の温もりに溢れた店内には、採れたての新鮮食材が並びます。
彩りも鮮やかなみずみずしい野菜たちは
そこに並んでいるだけで絵になるような美しさ!

さまざまな“はかり”がインテリアのように並びます

アンティークなはかり
店内にはこんな年代物のはかりも。
アンティークな姿ですが、まだまだ現役です!

定番のはかり
もちろん、定番のはかりもちゃんとあります。
そして、人参の種類も「ルナーホワイト」や「ソーライエロー」など珍しい顔ぶれ。
右上の小さな人参は「マルシェドパリ」というフランスの伝統品種。
甘みが強くやわらかいのが特徴です。

はかり売り
気に入った食材は、こんなふうにはかりに乗せて。
少量ずつ購入できるので「ぜひ一人暮らしの
学生さんにも利用してもらいたいですね」と店主。

他では見かけないお米も、はかり売りで

お米のはかり売り
宮沢賢治が農家に栽培を進めたというまぼろしの品種「陸羽132号」、
伊勢神宮のご神米「イセヒカリ」をはじめ、他では見かけない
珍しい種類のお米が勢ぞろい!その顔ぶれは圧巻です!

はかり売り方法
欲しいお米は、このはかりに乗せて。
ほかにも、写真右にあるメニューのように
様々なスパイスや雑穀などもそろいます。

なかなか手に入らないものもあるので、
お試しで少量ずつ、いろんな種類を購入できるのは嬉しいですね。

普段の暮らしに「ゆとり」を生むきっかけ

多用途洗剤
松と水だけで作られた多用洗剤「松の力」。
こちらも必要の量だけ購入可能。
自然素材なので食器洗いや洗濯洗剤、お風呂でも幅広く使えます。

ちなみに『ゆとり』さんのお家では、
ローズマリーやお好きな精油で香りをつけて使っているのだそう。

すべてひとつでまかなえることで、お買い物の無駄をなくし、
こころの「ゆとり」に繋がっていく。
そんな暮らしってなんだか贅沢な気分にさせてくれますよね。

ゆとりポイントカード
マイバッグやつめかえ容器を持参すれば、
ポイントが貯まります。
はかり売りは、スーパーのように個包装されていないぶん
ゴミもほとんど出ないという利点が。

余計なものを増やさない、必要なものだけを選択する意思は
きっとシンプルで心地良い暮らしに繋がっていくはず。

シンプルに、心地よく、ゆとりのある暮らしを

「ゆとり」のご夫婦

大津市堅田の街中にありながら、
店内に一歩入れば木の温もりに溢れた空間。
そこに色とりどりの野菜が並ぶ姿は、
農家の畑がそのままお店になったような雰囲気!

「ゆとり世代という言葉は、あまり良い意味で使われていませんが
でも、“ゆとり”って本当は良い言葉だと思いませんか?」
お店の由来についてそう話してくれた神波さんご夫婦。

さまざまな情報や物に溢れすぎているこの今。
あれも、これも、それも、まだまだあっちも!と
インプットしては吐き出し、使い捨てを繰り返す。
そうして、どんどんアウトプットする量は
増え続けていくばかり。

目に見えることが多すぎて、ついつい見てしまったり、
他のことばかりにとらわれて、自分のことは置いてけぼりに。
気づけば心の中の「ゆとり」さえも失っていませんか?

必要な時に、必要な量だけを。

『ゆとり』に足を運べば、なんだか心がすっきり、
シンプルな生き方がスタートできそうな、
そんなきっかけに出会えるかもしれません。

(文=亀口美穂 写真=林正隆)

「ゆとり」の地図を見る

大津市堅田の街中にあります

滋賀県守山市立入町374-19

→大きい地図で見る

「ゆとり」の店舗詳細

住所
滋賀県大津市今堅田2丁目24-6【→地図】
定休日
月曜日・土日(不定休)
営業時間
10時~19時
電話番号
077-548-8230
ゆとり
http://yutori-shiga.net/
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. キマッシ ボンボン時計が響くノスタルジックなカフェ『cafe &…
  2. 地元のお母さんが腕を振るう郷土料理がおいしい『ファームキッチン …
  3. バス焼き白と茶 たい焼きならぬ”バス焼き”?!琵琶湖を愛する釣り具屋さんが作る「…
  4. ハクモクレン外観 歴史的な町並みに溶け込むcafe&gallery 『ハクモクレン…
  5. 天井にまでお花畑が?!その数に圧倒される、枯れないお花のアトリエ…
  6. 滋賀県初!新しいスタイルの”ボルダリングカフェ”が彦根に誕生!
  7. 顔の見える安心感がうれしい地元のおそうざいやさん『三松』
  8. バス停のオブジェ 古民家でいただく地元野菜の手料理が絶品!風情ある街並に佇むレトロ…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP