イベント

高島の発酵文化が京都に!三条「かもす家」でキレイの素みつけました。

外観

【かもす家/京都府京都市】

たくさんの人が行き交う京都・三条通りに、
高島の「発酵文化」がじわじわと浸透しつつあります。

京都三条通りのアーケードの
真ん中にオープンした「かもす家」は
滋賀県高島市の地酒や
発酵食品が楽しめるアンテナショップ。

「かもす」を漢字で書くと「醸す」。
つまり、発酵させるということ。

豊かな自然に恵まれた高島市は
地酒、醤油、味噌、鮒ずしや漬物など
古くから発酵食品が盛んな地域。

そんな高島ならではの食文化を
京都三条通りから発信する
「かもす家」を取材しました!

ずらりと並ぶ特産品。一番の売れ筋は「とうふこんにゃく」!

商品棚

お店に一歩足を踏み入れると、
ずらりと並ぶ特産品の数々が目に飛び込んできます。
京都ではなかなかお目にかかれない、
高島ならではのものがたくさん!

なかでも一番の売れ筋は「とうふこんにゃく」だそうです。

とうふこんにゃく

手前の四角い箱に入っているのが、
その「とうふこんにゃく」です。

「豆腐とこんにゃく?」
どんな食感なのか、気になるネーミングで、
つい手に取ってしまいますよね。

こちらは高島市今津町にある
創業明治二十年の「茂兵衛」さんという
こんにゃく屋さんの目玉商品なんです。

ちょっとした手土産や、食卓のおかずが物足りない時
などにも重宝しそうですね。
ぜひ、試してみてくださいね!

高島は美味しい地酒の宝庫!5つの銘柄の聞き酒セットはいかが?

お店の奥に進むと、カウンターがあり、
テーブルも置いてあります。
ここは高島の地酒を、腰を落ち着けて
存分に楽しめるスペースです。

琵琶の長寿

滋賀県には33の酒蔵があり、
そのうちの5軒が高島にあるとか!

それだけ、酒造りに適した土地柄
ということなのでしょうか?
滋賀県以外では、なかなか手に入らない
銘柄もここでは手に入りますよ!

「高島の地酒をいろいろ楽しみたい!」という
日本酒愛好家のための聞き酒セットもあります!

聞き酒セット

高島市内の5軒の酒蔵の自慢の銘柄を一度に
楽しめるとってもお得なセット(800円・おつまみ一品付き)。
ぜひ、聞き酒にチャレンジして、あなただけの
お気に入りを探してみてはいかがですか?

腸内環境を整える!発酵食品はキレイの素。

お酒と言えば、アテ(おつまみ)!

こちらでは、高島らしい
発酵食品のアテが用意されています。
その名も「醸し料理」。

発酵食品アテ

こちらは「発酵三種盛り」(380円)です。
真ん中の白いものは、鮒鮨の飯の部分と
クリームチーズをアレンジしたものです。

鮒鮨独特の香りとクリームチーズの
ハーモニーを味わえる、
日本酒にぴったりのアテですよ。

発酵について熱く語ってくださったスタッフの
お話によると、鳥のレバー、豚肉は醤や甘酒に
漬け込んで発酵させたものだそうです。

そうすることにより、本来、胃の中で分解される
べき脂が、分解された状態で胃の中に入るため、
消化を助けるのだそうです。

また、臭みを消し、
味もまろやかになるということで、一石二鳥!

熱く語る

あまりの熱弁っぷりに、取材者まで口を開けて、
説明に聞き入ってしまいました。

醤や甘酒は火入れしていないため、
生きた乳酸菌がお腹まで届き、
腸内環境を整えてくれるとのこと。

発酵美人

実際、お肌も美しくなってくると聞くと、
試さずにはいられないですね。

「カラダの内側からキレイに」
そんな女性の永遠の願いを、
発酵食品は叶えてくれるのかもしれません!!

色とりどりの美腸美人ランチで、内側から美しく!

お店の二階へあがると、シックで落ち着いた
空間が広がっています。

2階

こちらでは、日替わりの
「美腸美人ランチ」がいただけます。

人によっては好き嫌いのある発酵食品。
「どうすれば美味しく、たくさんの方に食べて
いただけるだろうか」と、スタッフの方が
工夫に工夫を重ねて作られたランチです。

美腸美人ランチ

もちろん、こちらのランチにも発酵食品が
ふんだんに使われています。

そして、お野菜はすべて無農薬だそう。
今、話題の乳酸キャベツもありましたよ。

メインの料理はもちろん、つけあわせやソース、
ドレッシングにいたるまで、発酵食品を生かし、
いかにおいしく、体にやさしく食べられるか、
考えつくされたランチです。

おいしくないはずがありません!

デザート

甘酒をつかったデザートまでついて
1,000円はお得ですよね!

京都で出会う、高島の味。あなたも発酵食品ファンになる?!

このお店の魅力はなんといっても、スタッフの
皆さんが発酵食品を心底愛していらっしゃることです!

作った料理をみつめるまなざしに、お酒を注ぐ手に、
高島の発酵食品に対する
溢れんばかりの思いが感じられました。

2階スタッフ

笑顔で熱く発酵について語るスタッフの
方々の話についつい引き込まれ、いつの間にか、
発酵食品のファンになっている自分がいました。

雄大な自然に抱かれて、自然からいただき、
自然を生かして来たふるさと高島の人々。

そんな高島の人の生き方が食べ物を通して
京都で味わえる「かもす家」。

店長

高島に行ったことのない人も、
高島に行ったことのある人も
高島で生まれて、今、他の土地で暮らしている人も。

ぜひ「かもす家」さんを
訪れてみてはいかがでしょうか。

(写真・林正隆 文・若林佐恵里)

「かもす家」を地図でみる

京都市地下鉄東西線「京都市役所前」より徒歩3分

京都市中京区三条通寺町東入石橋町14-2

→大きい地図で見る

『かもす家』の店舗詳細

住所
〒604-8036 京都市中京区三条通寺町東入石橋町14-2【→地図】
営業時間
午前11時~午後9時
定休日
水曜日
電話番号
075-255-8787
公式サイト
かもす家
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 海鮮丼 マグロの解体も、魚介類も、人の熱気もスゴイ!「市場の朝市」が面白…
  2. クリスマスブーツは滋賀県生まれ!発祥の地・草津の老舗会社を訪ねま…
  3. 忍者の里で“火”を巡る「かくれ里 甲賀の灯火 2016」に注目!…
  4. 今年も東京駅前が滋賀に染まる!?コクヨハク2016 イベントレポ…
  5. ワニカフェお店外観 有機野菜を繋ぐ場所。ゆっくりと時間が流れる癒し空間『高島ワニカフ…
  6. 没後50年を記念したイベント『ヴォーリズ・メモリアル50 in …
  7. 『飛び出し坊やも夏休み!?』 大津パルコ滋賀展 Vol.01
  8. もっとも美しい季節到来!彦根城の『桜まつり』



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP