カフェ・お店

【閉店】何もなかった米原駅に誕生したCafe&Bar「隣町パーラー」

【最終更新日:2019年4月1日】
※こちらのお店は、2019年3月で閉店されました

【隣町パーラー/滋賀県米原市】

何もなかった米原駅に、突如誕生した新スポット。

人が集まり、新しい可能性を生み出すお店『隣町パーラー』。
米原に新しい風を吹き込む、魅力たっぷりなcafe&barです!!

滋賀県で唯一、新幹線が停まる駅・米原。
しかし、その駅前は、なんとも言えない寂しさで、
気軽に立ち寄れるカフェや居酒屋はほとんど無く、
乗り継ぎなどで時間があったとき、
困ってしまう駅でした。

そんな米原駅前に、先月オープンしたばかりのお店が、
『隣町(となりまち)パーラー』です。

新幹線・米原駅から徒歩1分の便利なお店


新幹線・米原駅から徒歩1分。
西口を出て見える、この青いビル。
「米原エンジン・ビル」の1階がお店です。


屋外にはテラス席も!ワクワク感が漂います。


お店に入ってすぐ。
左手にあるのがこのカウンター。

ここでドリンクやランチを注文する、
セルフ方式のお店です。

店内は、こんな感じでとってもオシャレ!

木目を活かした落ち着いた空間の中に、
一人でも使いやすいカウンター席と、
打合せなどにも使いやすいテーブル席など、
色んな用途で使いやすそう!

店内にある、米原のことを説明したイラスト。
米原駅って、市内ではこんな端っこなんですね。

新幹線、醒井養鱒場、ほたるのまち、
そして、忘れちゃいけない伊吹山(と三島池)。

メニュー充実! そして個室もあります

お店の営業時間は、なんと朝8:00から、夜22:00まで。
メニューはモーニングから、ランチ、ディナーと充実しています。

お昼は、スープランチセットや、
コーヒー&シフォンケーキセットなどの軽食もアリ。

取材時には女子4人で盛り上がってるテーブルもあり、
女子会なんかにも、とっても便利そう!

夜はスキレット(フライパン)料理も充実。
写真はアクアパッツァですが、ほかにも
ポークジンジャーやハンバーグなど、
ガッツリ食べることも出来ますよ。

なお、別料金が掛かりますが、個室も利用可能です(要予約)。
奥の黒板は自由に書いたり消したりできるので、
誕生日会などの際、イラストやメッセージを書いて、
イベントを盛り上げる!なんてコトもできそう。

2階も3階も、ビルそのものが魅力的!

取材時はまだ工事中でしたが、
2階は今月からコワーキングスペースとして、
利用できるようになる予定。

ステージもあるので、イベントなどでも、
いろいろ活用できそうです!

2階にはレンタルスタジオも!
撮影が必要な仕事をしてる人にもオススメ!

絨毯の部屋もあります。
小さな子ども連れで、
ちょっとしたママ友会のために借りる、
みたいな使い方もOK。

さらに、3階は貸事務所、
4階は個室になっていて、
民泊などで使えるようにもしようと思ってるそうですよ!

米原を盛り上げるためのプロジェクト

いろんな可能性を秘めたこのお店。
運営してるのはどんな人なんでしょう?

店長は立澤竜也さん。
じつは普段はデザイナーをしてるそうです。

立澤さん、お店の名前の由来って何なんですか?

「米原って歴史的にも、彦根・長浜の“となりまち”なんですね。
今は、新幹線を使えば、京都や名古屋の“となりまち”でもあって。
“となりまち”っていう言葉は、ちょっとワクワクもするし、
すごく米原らしいと思うんです」

確かに、道やお店を知ってるようでよく知らない、みたいな。
そんな隣町って、ワクワクしますし、
そこに新しいカフェがオープンしてると嬉しくなりますね!

と、そこにフラっと現れたのは、
お店の裏のボス(?)、通称・テリーさん。

「地元を盛り上げたい」「若い人を元気にしたい」という思いから
店長の立澤さんと一緒に奮闘しています。

さっそく、20代の若者も、関わり始めているそうです。

こちらは、シェフの湯本純平さん(21歳)。
「滋賀で働きたい!」という一心で、
お店の立ち上げ時に応募し、
今はシェフとして毎日、料理の研究をしているそう。

そんな3人を中心に動くお店。
なんと年齢が、それぞれが約20歳くらい違うのだとか!

いろんな世代の人が集まることで知恵を出しあい、
お店はどんどん良くなっていってます。

夜はBarとしてオープン。米原の夜が変わる!

夜はお店の奥のカウンターがバーカウンターへと一変。

店長の立澤さん。
じつは昔はバーテンダーだったとか。
運が良いと、立澤さんに直接サーブしてもらえますよ。

ビールはデンマークの人気ビール「カールスバーグ」。
滋賀県内で飲めるお店は少ないだけに、
ここで飲めるのは嬉しいですね!

これまで、何もなかった米原駅に、
突如誕生したCafe&Bar「隣町パーラー」。

場所が生まれると、そこに人が集まって、
新しい文化が生まれます。
このお店からは、どんな文化が生まれるんでしょう。
興味が付きませんね。

米原の新しい可能性が楽しみになるお店、
ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

(写真・文=林正隆)

「隣町パーラー」を地図でみる

米原駅から徒歩1分

滋賀県米原市下多良1丁目2

→大きい地図で見る

「隣町パーラー」のデータ

住所
〒521-0016 滋賀県米原市下多良1-2 米原エンジンビル1F(→地図
電話番号
0749-51-9034
営業時間
8:00~23:30
定休日
不定休 
公式サイト
http://enjin-pro.com/

関連記事

  1. クラシック音楽の響く絶景カフェ「立木音楽堂」
  2. まるでジブリの世界?!森の中に佇む農園レストラン『sato ki…
  3. 【閉店】琵琶湖を眺めてのんびり過ごせる!テイクアウトカフェ「CA…
  4. 学生気分も味わえる?!キャンパス内のカフェ『結』の居心地の良さは…
  5. [閉店]農家さんが直接届けるとれたて野菜がおいしい!瀬田のローカ…
  6. 開催は月に1度!歴史ある建物でひっそりと営む、知る人ぞ知る「ヴォ…
  7. 上品な白あんに大粒のいちごがゴロリ!ひと口食べると虜になる『嶋屋…
  8. 土鍋のプロによるふっくらご飯に感動!『土鍋ごはん&CA…

PAGE TOP