カフェ・お店

老舗酒蔵の酒粕や水をそのまま使った贅沢カフェ『豊郷発酵倉』

【豊郷発酵倉/滋賀県豊郷町】

安政元年創業、およそ160年の歴史ある老舗酒蔵
「岡村本家」が手掛ける“発酵”カフェ。

幕末の彦根藩主、井伊直弼から酒造りを命じられ、
彦根城の別名“金亀城”の名を冠することを許された
銘酒『金亀』を今もなおつくり続けている酒蔵「岡村本家」。

江戸時代から続く伝統の酒造りを受け継ぎながらも、
新たな試みとして酒造りに欠かせない“発酵”をキーワードにした
カフェ「豊郷発酵倉」を2014年4月、滋賀県豊郷町にオープンしました。

銘酒『金亀』の酒蔵が手掛ける“発酵”カフェ

toyosatokura3
築90年の精米蔵を再利用した建物。
傷みが激しかったという米蔵を半年がかりで再生しました。
じつは解体するほうが簡単で、解体期間もたったの3日!
まわりからは「壊したほうがいいのでは?」との声も多かったそうです。

toyosatokura2
しかし、子どもの頃に遊んだ思い入れのある倉庫、
昔のものを活用して残したいという岡村本家6代目の願いから
「豊郷発酵倉」として生まれ変わりました。

toyosatokura4
こちらはお店の看板亀「オロちゃん」。
岡村本家の銘酒『金亀』の“金”をイタリア語で
“オロ”ということから名付けられたそう。
金の亀。なんだか縁起が良さそうです!

米蔵を再活用した広々とした空間

toyosatokura5
もとは倉庫だった名残を感じさせる広々とした店内。
暖かみのあるオレンジ色のライトが落ち着いた雰囲気を演出しています。

toyosatokura6
この大きな梁は当時の精米蔵で使われていたもの。
年代を感じる深みのある色合いが、店内にもよく馴染んています。

toyosatokura7
「休憩所のようにゆっくりとしてほしい」
という岡村本家6代目の思いからソファー席も。

「酒粕」「塩麹」「味噌」すべて蔵元の味

toyosatokura8
ランチメニューは男性にも嬉しいボリューム感!
写真の鯖ランチ(850円)は、魚のつけ焼きの味を
「酒粕」「塩麹」「味噌」の3種類から選べます。

toyosatokura9
酒蔵が手掛けるだけあって、使用するお味噌も蔵人の手造りという
なんとも贅沢な一品。思わずおかわりしたくなる深みのある旨さです。

toyosatokura10
ご飯は十六穀米で、小盛り(50円引き)、普通盛り、大盛り(+50円)
の3種類から選べます。写真は普通盛りですがお茶碗いっぱいの量!
女性だと少し多いかな?と感じますが、ひと口食べてみると・・・。
もちもちとして美味しいのでお箸も進みます!

糀(こうじ)シリーズの酒蔵スイーツ

toyosatokura11
ランチにプラス500円でいただけるデザートセット。
ドリンクは糀プレーン、糀豆乳、糀ゆず、糀りんごと酒蔵ならではのメニュー。

豊郷発酵倉の店長が「これは本当に自信があります!」
という糀プレーンの甘酒は、甘酒が苦手の方にもおすすめ。

「健康は食べることから」を実践する発酵倉

toyosatokura12

「豊郷発酵倉」店長の上床(うえとこ)みかこさん。
デザートなども含めた“発酵”のメニュー開発も手がけています。

「ここは本当に贅沢な環境なんですよ」と
にこやかな笑顔で話す上床さん。お冷として
お客様に提供しているお水はなんと酒蔵の仕込み水。

しかも「水道をひねると“仕込み水”が出てくる」
というのだから“贅沢な環境”というのにも頷けます。

一度のんだお冷の美味しさが忘れられず、
わざわざペットボトル持参で県外から訪れる人もいるのだとか。

彦根城の別名“金亀城”の名を冠することを許された銘酒
『金亀』を手掛ける蔵元ならではの“発酵”メニュー。

「健康は食べることから」をコンセプトに考案された
体に優しい食事を楽しみながら、
澄んだ空気と美味しい水のもと
“発酵のちから”を感じてみてはいかがでしょう。

(文=亀口美穂)
(写真=山崎もとき)

「豊郷発酵倉」の地図を見る

酒蔵「岡村本家」の目の前にあります

滋賀県豊郷町吉田100番地

→大きい地図で見る

「豊郷発酵倉」の店舗詳細

住所
滋賀県豊郷町吉田100番地 【→地図】
定休日
無休
営業時間
11時~15時
電話番号
0749-35-2538
岡村本家HP
http://kin-kame.dx.shopserve.jp/hpgen/HPB/entries/5.html
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 25歳で3代目に!伝統の味を守り抜くピーナッツせんべい一筋45年…
  2. ノラカフェ 外観 ノラカフェ(滋賀県甲賀市水口)[カフェ]
  3. 時間を忘れて心までのんびり!湖畔のアトリエキッチン『VOID A…
  4. SiEMA CHERiE<シェマシェリ>(滋賀県守山市)
  5. 燻製職人が追い求めた理想の環境で作る『手づくりスモーク工房-杣人…
  6. ogama 焼き物の里、信楽焼窯元ならではのギャラリーカフェ『Ogama』
  7. バス焼き白と茶 たい焼きならぬ”バス焼き”?!琵琶湖を愛する釣り具屋さんが作る「…
  8. マドレ看板 食べて地球にやさしくなる。米粉のおやつや地元のたっぷり野菜がおい…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP