イベント

「熱気球琵琶湖横断」を楽しむマル秘スポットを聞いてきました!

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀のええトコ:イベント】

『熱気球琵琶湖横断』が、12/3(土)4(日)の2日間に
わたり高島市安曇川町で開催されます!

多くの熱気球が琵琶湖を横断する写真を一度は目にした
方も多いのではないでしょうか?

「熱気球のフライトを写真ではなく、この目で見たい!」
と、思っている読者の方を代表してイベントの後援をして
いる「びわ湖高島観光協会」の福井さんに、
疑問・質問を聞いてきました!
それでは、一問一答形式でさっそくお届けいたします!

どのくらいの数の熱気球がフライトしますか?

びわ湖高島観光協会の福井さん

「今年で40回目となる同イベントは、
全国で2番目に古い熱気球イベントです。
開催当初は2基ほどだった熱気球が、
いまでは毎年20基を超えるほどになりました」

これほどたくさんの熱気球が
琵琶湖の上をフライトするって、スゴイですね!
穏やかな琵琶湖の上に浮かぶ、カラフルな熱気球。
想像するだけで胸が高鳴ります。

見学するのにオススメの場所はどこですか?

熱気球琵琶湖横断

「近江白浜水泳場です!
近江白浜水泳場が、フライトの離陸地となっていて、
離陸すると1時間ほどで浜から見えなくなっています。

飛行準備が開始される7時前には、近江白浜水泳場へ
来ることをおすすめします」

当日の中止は、どのようにして知ることができますか?

「パイロットブリーフィングと呼ばれる
飛行判断が本部の置かれている、
近江白浜水泳場「白浜荘」前で行われます。

そこに表示板が設置されるので、
そちらでの確認のみとなっています」

安曇川町でのフリーライトになった場合、
どこからみることができますか?

「安曇川町内であれば、見ることができると思いますよ。
本部(近江白浜水泳場「白浜荘」前)にマップを設置
する予定なので、そちらでも確認が可能です。

路上駐車や迷惑駐車などをしないよう、安全に気をつけ
て見学して下さいね」

熱気球に乗りたい!と思ったら体験できますか?

「残念ながら、現在は
同イベントでの搭乗会はしていません。

以前は体験搭乗会をしていて、
とても人気だったのですが、
搭乗人数が限られてしまうので、
長蛇の列ができていました。

現場の安全を第一に考えて、
現在では行っていないんですよ」

何より優先されるのは安全。幸運の熱気球を今年は見られる?

熱気球琵琶湖横断

「中止になるかもしれないですよ」
「飛ぶかどうかわかりませんよ」

全国からフライトに来てくれる人、
目の前でフライトする熱気球をみたい人、
カメラに収めたい人たちのために、
イベントを開催したいという強い思いがあります。

だからこそ安全を第一に考え、
パイロットブリーフィングが
慎重に行われていることがお話しを伺う中で、
よく伝わってきました。

「事故なく、これからも毎年開催したい」

そんなスタッフの思いが、
40回目にもなる歴史を刻んできたのだと思います。

天候によって左右される熱気球。
開催2日間の両日ともにフライトできるのは稀だとのこと。
今年は、どうなるのでしょうか?

空気の澄んだ冬の早朝ドライブで、
熱気球をみることができたなら、
それはとてもラッキーなことだと思います。

(写真提供:びわ湖高島観光協会 文:田中可奈子)

「熱気球琵琶湖横断」開催地を地図でみる

離陸地は「近江白浜水泳場」

近江白浜水泳場

→大きい地図で見る

「第40回熱気球琵琶湖横断」のデータ

開催場所
滋賀県高島市安曇川町
→地図
開催日
12月3日(土)、4(日)
時間
6時30分パイロットブリーフィング(飛行判断)
7時飛行準備開始(琵琶湖横断または町内フリーフライト)
雨天中止
主催
琵琶湖横断実行委員会  
公式サイト
びわ湖高島観光協会

関連記事

  1. 【終了】月にいちど満月の日に開催される『満月マルシェ』。90組近…
  2. インスタ女子必見!プロのカメラマンに教わる写真講座、撮影ツアーの…
  3. 好奇心が刺激される2日間『びわ博フェス2018』開催!
  4. フィルム上映会 フィルムで“昭和”が蘇る、おうみ映像ラボ「フィルム映像上映会」が…
  5. 商店街賑わい 近江の地酒と酒肴で商店街を飲み歩き「おさけ日和Vol.4」6月2…
  6. 金居原湯ノ花祭 山間の限界集落「金居原」に密着した写真展がスタート
  7. 大作の数々 繊細かつ大胆な作品に圧倒!『湖北のアール・ブリュット展2017』…
  8. 静かな冬の森に“自然“を愛する作家が集う『森のアクセサリー展』は…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP