草津

かつての『天井川』が市民の憩いの場に!草津川跡地公園が4/1オープン

【草津川跡地公園/滋賀県草津市】

かつて『天井川』として、草津市内を流れていた草津川。

周辺よりも高いところを流れていた草津川は、
平成14年に廃川となりました。

そこに生まれた広大な空間(全長約7キロメートル)の
一部を利用した、新しい市民の憩いの場が
4月1日にオープンしました!

「ai彩ひろば(あいさいひろば)」、
「de愛ひろば(であいひろば)」と名付けられた
2つの区間のうち、今回は草津駅に近い
「de愛ひろば(であいひろば)」に行ってきました!

『天井川』の面影を残しつつ、洗練された空間に!

商店街

草津駅からすぐの、まだ昭和の雰囲気が残る
商店街を進んでいくと、草津川跡地をくぐる
「草津マンポ」(トンネル)が見えてきました!

かつてはこの上を川が流れていたというのだから、驚きです!!

マンポ横の入り口

さらに進むと、周囲の雰囲気からは想像もできない
近代的なエリアが目に飛び込んできました!

入口

こちらが4月1日にオープンしたばかりの
「de愛ひろば 草津川跡地公園(区間5)」の入り口です。
洗練された雰囲気に期待が高まりますね。

さっそく登ってみましょう!

エリア分けされた敷地内はお散歩コースにぴったり!

出会い広場

階段を登ると、どどーんと大きな広場が!

休日のこの日は、親子連れ、友達と遊んでいる小学生、
お散歩する老夫婦、さっそく満開の桜の下でお花見する方々。
沢山の方で賑わっていました。

今後はこの「イベント広場」で様々なイベントが
開かれるそうなので楽しみですね!

エリアマップ

エリアマップを見ると特徴的な縦長の地形。
川の跡地だということがしっかりと感じられますね。
各エリアを歩いて見てみましょう!

小川が流れる「フォレストガーデン」エリア

小川

「フォレストガーデン」には色とりどりのお花が!
小川も流れているので小さなお子さんたちが
遊んでいる様子も見られましたよ!

健康遊具もある休憩スポット「ストリートファニチャー」エリア

ストリートファニチャー

「ストリートファニチャー」のエリアも、
川をイメージした縦長のデザイン。

かまど

日常時には健康遊具や休憩場所などとして利用できますが、
災害時にはかまどやシェルターなどになる防災機能も
兼ね備えているのだとか。

健康遊具

健康遊具を利用しているお子さんを発見!

様々な用途で使える「にぎわい活動棟」

にぎわい活動棟

このおしゃれな建物は「にぎわい活動棟」。
公園の案内事務所や貸し部屋(教養室)、コインロッカーや
コインシャワーも備えたインフォメーションセンターです。

コインシャワー

コインシャワーは男女別れており、木の香りが気持ち良い
安心して使用できる雰囲気が嬉しいですね。

アクセスの良さも魅力のひとつ

自転車道

かつての堤防には、自転車道・歩行者道が作られました。
開放的な道は見晴らしも良く、ウォーキングにもぴったりです!

ちいさな出入り口

公園は細長い形状のため、メインの出入り口の他にも、
両サイドの住宅街へ繋がる小さな出入り口が
数か所設けられています。

遊具

国道1号側の端には、小さなお子さんが楽しめる
遊具もありましたよ!

駐車場

駐車場は国道1号側に40台、JR側に60台と
2か所にわかれて計100台準備されています。

店舗エリア

JR側の端に位置するのは「KUSATSU COCORIVA」と呼ばれる
店舗エリアですが、残念ながらまだ準備中。

滋賀県最大級のホットヨガスタジオ、おしゃれなピッツェリアと、
南草津で絶大な人気を誇るイタリアンレストラン『サルティンボッカ』の
2店舗目がオープン予定です!

4月20日(木)がグランドオープンとのこと。
ぜひ訪れてみたいですね。

『天井川』とは?草津川の歴史を振り返る

そもそも『天井川』というものをご存知ですか?
川床が周辺の平面地よりも高くなった川のことで、
草津川もその一つの一級河川でした。

かつては、東海道本線や国道1号線の上を
草津川が流れていたんですよ!

旧草津川成り立ち

川が氾濫すると堤防が作られ、
氾濫後には川床に土砂が堆積し、その上を川が流れ始める。
それに合わせて更に堤防を高くして、、、
ということを繰り返すうちに、川床が周囲の平面地よりも高い
『天井川』になっていきます。

天井川が氾濫すると、周囲よりも川床が高いため、
川に水を戻しにくく被害が大きくなってしまうのです。

草津川周辺でも度重なる災害が発生していたため、
治水事業として中流域から琵琶湖にかけての放水路が開削され、
長い年月をかけて平成14年に廃川となりました。

大きな空間

川としての役目を終えた後に生まれた
広大な空間(全長約7キロメートル)。

6つの区間にわけられ、今回は優先整備区間とされた
2つの区間(メロン街道から浜街道までと、
JR琵琶湖線から市道大路16号線付近まで)が
オープンしたというわけです。

どの世代でものんびりと過ごせる、期待の新スポット!


堤防の桜並木は今も残されており、
まさに見頃を迎えています。

洗練された広々とした空間は、大人も子どもも
のんびり過ごすのにぴったり!

広いエリアは、多様な使い方ができるデザインに
なっているので、ぜひお気に入りの場所を
見つけに来てください。

(写真・文:汐崎わか子)

『de愛ひろば』を地図でみる

JR琵琶湖線草津駅より徒歩約10分

de愛広場

→大きい地図で見る

『de愛ひろば』のデータ

住所
〒525-0032 滋賀県草津市大路1-19
→地図
電話番号
077-562-5010
駐車場
JR側60台、国道側40台(有料だが公園利用者は免除あり)
公園事務所会館時間
9:00~17:00(毎週火曜日および年末年始を除く)
草津市公式サイト
草津市公式サイト
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 冬の比良山系 映画のワンシーンのような美しさ!琵琶湖大橋から望む壮大な風景にた…
  2. ライトで彦根城に映し出された井伊家の家紋 歴史と光のアートが融合したライトアップ!神秘的な夜を体感しよう!…
  3. 滋賀県最大級!200万本のコスモス畑がいよいよ見頃。「野田町コス…
  4. 滋賀各地の紅葉ライトアップは今週末が見頃!幻想的な世界が広がりま…
  5. 飛び出し坊や 『飛び出し”でっち”坊や君』が近江八幡市・旧市街地に登場!
  6. 都会よりも、都会的?!生まれ変わった大津駅の複合施設「ザ・カレン…
  7. Webで密かな話題を呼んだ明るい廃墟『ピエリ守山』が驚きの復活!…
  8. 比良山系を背景にしたアップの菜の花 菜の花と雪山のコラボ!滋賀県ならではの絶景を見に行こう!



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP