カルチャー

今年は卓上型も!『滋賀を自慢したくなる!2022年カレンダー』しがトコSTOREで予約受付開始です!

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

『滋賀を自慢したくなる!2022年カレンダー』予約販売開始!

滋賀を自慢したくなるローカルメディア『しがトコ』から、
2022年カレンダーを発売いたします!

しがトコ編集部ではハッシュタグ#しがトコの投稿を通じて、
日々、多くの“滋賀の絶景写真”に出会っています。
コロナ禍でなにかと沈みがちな心が絶景写真に救われることも。

そんな美しい滋賀の風景を、パソコンやスマホの画面で楽しむだけでなく、
もっと身近に感じてほしいという思いを込めて
今年も『滋賀を自慢したくなる2022年カレンダー』を制作しました。

そして今年はこれまでから要望が多かった
「卓上版も欲しい!」という声にお応えして
机や棚の上で飾って眺められる卓上カレンダーも発売決定!

滋賀の森林を守るプロジェクト「kikito」とのコラボで実現した商品で
間接的に滋賀の山の森林整備にも貢献することができます。

お部屋にも飾りやすく、カバンにも収まりやすいA4サイズ

壁掛け
(写真はイメージです)

今年の表紙は、2022年こそ満開の桜をみんなで楽しみたい!
という想いも込めて、琵琶湖疎水の柔らかな桜の写真を採用しました。
見ているだけで心が華やぐ
新しいスタートにぴったりな表紙になっています。

お部屋や仕事場などの、ちょっとしたスペースにも飾りやすく、
大切な人にも気軽に贈りやすい。
そんなことを目指してA4サイズにしています。

持ち運びも自由自在。いつでもそばに置いて楽しめる卓上型

卓上カレンダー
(写真はイメージです)

滋賀の森を守るプロジェクト「kikito」とコラボして
インテリアとしても楽しめる卓上カレンダーを作りました。
しがトコのロゴがヒノキのスタンドにさりげなく刻印してあります。

コンパクトで持ち運びも自由自在。
仕事や家事の合間にふと視線をあげれば、滋賀の風景が癒しに。

間伐材を活用した「kikitoペーパー」を使用しているので
紙質にも少しぬくもりがあります。

スタンドと背板

間伐材のヒノキを使った
スタンドと背板もついているので
カレンダーご使用後もポストカードや写真立てとして使えます。

12月8日まで!5,000円以上で送料無料キャンペーン中です

オンラインショップ『しがトコSTORE』で予約販売を受付中です。
価格は、壁掛けタイプが一冊1,000円(税込み)。
卓上タイプが一セット1,300円(税込み)。

予約していただいたカレンダーは12月上旬から順次、発送予定です。

今なら12月8日(水)までのご予約で5,000円以上で送料無料キャンペーン中です!
ぜひ、大切な人にも贈ってあげてください。

期間限定です!お得な機会をお見逃しなく!

投稿総数35万枚!「#しがトコ」から厳選した写真をカレンダーに

カレンダー裏面

Instagramのハッシュタグ「#しがトコ」の投稿数は、
2021年11月現在、およそ35万件にのぼります。

投稿される写真は、まさに滋賀の魅力の結晶のような
美しい写真ばかりです。

『滋賀を自慢したくなるカレンダー2022』では
ハッシュタグ「#しがトコ」の投稿を中心に
しがトコ編集部が、それぞれこれだ!という
“推薦写真”を持ち寄り、悩みに悩んで、選びました。

カレンダー写真の一部を、先取りでご紹介!

カレンダー3月
(撮影:@kazu_run02)
3月の写真として紹介するのは
すべてが淡いピンク色に染まった一枚。
朝陽が照らす海津の桜と、ほのかに焼けたびわ湖と
竹生島の競演が美しい写真です。

5月写真
(撮影:@yossylc100)

水面の反射が美しいリフレクションの写真。
今年、しがトコではリフレクションを
フューチャーした企画展もさせてもらいました!

そんな水田に青空と近江鉄道がリフレクションした
写真は5月に採用です。

カレンダー6月
(撮影:@kanarintan)
2020年に湖畔の新名所として誕生した
「BIWAKOモニュメント」も早速カレンダーに登場!

カレンダー9月
(撮影:@tkht4264137)
伊吹山を登った先に見える絶景。
この景色を見ると登山の疲れも吹き飛ぶご褒美なんだとか。
9月の写真として紹介します。

カレンダー10月
(撮影:@michiyo01130312)
雄大な田園風景が広がるのも滋賀ならではの景色。
稲藁ロールも太陽も、黄金色に輝く秋だけの絶景は
10月の写真として紹介します。

滋賀の魅力を「カレンダー」でお届けします

滋賀の魅力が詰まった、しがトコのカレンダー。
ぜひ、滋賀で暮らすみなさんはもちろん、
県外に暮らす友人や大切な人、
遠く離れた家族へのプレゼントにいかがでしょうか。
『滋賀を自慢したくなるカレンダー2022』を通じて、
「滋賀ってめっちゃ良いところだよ」なんて、ぜひ自慢してくださいね!

家族に、同僚に、友達に。自宅に、職場に、みんなが見る場所に。
ぜひ、『滋賀を自慢したくなるカレンダー2022』を飾ってください。

関連記事

  1. 海鮮丼 マグロの解体も、魚介類も、人の熱気もスゴイ!「市場の朝市」が面白…
  2. エントランス “公園の中のリビングルーム”へ。生まれ変わる『滋賀県立美術館』の…
  3. ひこにゃんガンバレ!活動継続を応援する取り組みが始まっています!…
  4. 【延暦寺特集:前編】”考えない”瞑想時間…
  5. 飲食店応援プロジェクトが県内各地で始まってます!
  6. 合鴨ロース煮2 ジューシーな弾力と旨味!“鴨の本場”長浜からのお取り寄せ
  7. 東近江に根ざす文化をアートで紐解く『エンドレス・ミトス展』開催中…
  8. これは何だろう?瓦のまちで不思議なアートに出会う『土から生まれた…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP