カルチャー

移住受け入れの先進地域・大津市葛川で、女性漫画家が過ごした日々

【滋賀の農山村お試し移住/滋賀県大津市葛川】

山奥の澄んだ空気や冷たい水。
大自然さながらの環境がありながら、
京阪神からのアクセスの良さで数十年前から
移住先として人気の大津市葛川エリア。

そんな葛川に漫画家として活躍する佐野灯(ペンネーム)さんがお試し移住!
「通りがかったときに、なぜか惹かれた」という
己の直感を信じて、葛川のコミュニティに飛び込んだ
佐野さんのお試し移住の様子をご紹介します。

京都市内から車で約60分の先に広がる大自然

葛川集落

大津市の最北端に位置する葛川地域は
安曇川上流域沿いに約14km続く9つの細長い集落の総称。
集落を縫うように、福井と京都を結ぶ鯖街道が通っています。

清らかな川からも、豊かな森林からも
マイナスイオンがあふれだし
ただそこに立つだけで体が浄化されていくような爽快感!

夏になると山は登山やハイキング、
川は渓流釣りやキャンプを楽しむ人で賑わいます。

葛川の住居

地域の小中学校で、地域外の子どもを受け入れる「山村留学」
という取り組みが行われていたこともあり
数十年前から子育て世代を中心に移住する人が増え
滋賀県内でも先進的に移住者の受け入れを行ってきた地域です。

また、のんびりとした時間が流れるこの環境は
創作活動の場としても最適で
ものづくりをするアーティストたちも多く暮らします。

お試し移住施設

なんとも味のあるこちらの建物は
「葛川まちづくり協議会」の一員として
移住受け入れや空き家改修に携わる、
上田哲郎さんが用意されたお家。

アーティストinレジデンスとして
作家さんたちの創作活動の場として活用されていたものを
今回のお試し移住でも使わせていただきました。

お試し移住施設内観

中も手作りならではの温もりがあって素敵です!

初日からの手厚い歓迎!

上田さんと談笑する佐野さん

今回お試し移住で葛川にやってきた
漫画家の佐野灯さん(右)と、
まちづくり協議会の上田さん(左)です。

佐野さんは京都の太秦で生活し、創作活動に励んでいました。
代表作の「台風ぐるり、そのあとで」は
タヌキの目線で人間の世界を描いた作品。

自然や動物を題材にしていると
自分の知っている世界だけで作品を書くことに限界を感じ
田舎暮らしに興味を持ったと言います。

山に入る

移住初日から、まちづくり協議会の面々に温かく出迎えられ
近くの山を案内してもらいました。

箱罠

もともと狩猟に興味があったという佐野さんは
猟に使う箱罠にも興味津々!

薪割り

チェーンソーや斧を使って薪割りにも挑戦。
苦戦する場面も見られましたが、なんだか楽しそう!

その後は、気さくに迎え入れてくれた地域の人たちに囲まれ、
「焚き火しながら飲むビールが美味しい!」とみんなで乾杯!
佐野さんの緊張もあっという間にほぐれていきました。

山や命と向き合う暮らしの中で見えたもの

山の風景

お試し移住期間中は山の木の手入れ作業や、
鴨撃ちの狩猟などにも連れて行ってもらったそう。

山の上から見える景色も植林などの影響で
今と昔では様変わりしていることも知りました。

鹿の解体

葛川の先輩移住者、岡本梨奈さんに手ほどきを受けながら、鹿の解体にも挑戦。

岡本さんは鹿の骨や角などを彫刻してアクセサリーを作っています。
一足先に葛川での暮らしを満喫する岡本さんは
「移住はしっかり計画する必要もありますが
ここ面白い!と思ったら、飛び込んでみるのも大事。
けっこうなんとかなる」と話します。

■岡本さんが出演する農山村移住者による座談会動画はこちら

解体作業を手伝った佐野さんは
「想像以上に力仕事で大変!
肉も、皮も、角も、余すことなくすべてを使いきっていて、
命と真正面から向き合ってる感じがしました」と満足そう。

鯖寿司

「みなさんと一緒に食事をさせてもらうこともしょっちゅうで
移住者が多い地域のせいか、
自然と受け入れ態勢ができてるのかなと思います」と佐野さん。

イメージしていた閉鎖的な田舎とは違い
「よくこんな面白い人ばかり集まったな」
と感じるほどだったと言います。

佐野さんの手書きイラスト

「タヌキの実物も見ました!
人間の姿に驚いて、あわてふためく姿がなんだか可愛らしくて(笑)」。

都会の生活とはかけ離れた里山での暮らしが
創作活動にも良い影響を与えたようです。

佐野さん

すっかり葛川ワールドに魅了された佐野さんは
2週間のお試し移住体験終了後も、足繁く葛川へ通っているそう。

佐野さんの“直感”が“確信”に変わった
お試し移住となりました。

滋賀県内には大津市葛川だけではなく、
お試し移住を受け入れされている地域団体があります。

興味がある方は、滋賀県の特設ページ
「新しい滋賀の農山村ぐらし!」をご確認ください。
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/nougyou/nousonshinkou/322768.html

(お試し移住の募集期間は終了していますが、各受入団体では継続的に移住受け入れをサポートされています。直接お問い合わせください)

(取材・文 しがトコ編集部)

※この記事は、滋賀県の「農山村の新生活様式サポート事業」の一貫で、『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しました。

関連記事

ドローン空撮から農業体験まで。京都の大学生が挑戦した“田舎暮らし”をレポートします

山の暮らしがすぐそばに!「メタセコイア並木」があるマキノで2週間のお試し移住

家族誕生を機に“田舎暮らし”を体験!滋賀県東近江市『だれんち?』での移住体験レポート

東京の大学生が、林業のまち・滋賀県多賀町で“お試し移住”!

2週間の“お試し移住”が人生の分岐点に!奥伊吹への移住を後押しした『滋賀の農山村お試し移住』

滋賀に“お試し移住”してみる?多賀町の『八重練シェアハウス』での移住体験をレポート!

提供:滋賀県 「新しい滋賀の農山村ぐらし!」 
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/nougyou/nousonshinkou/322768.html

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 目指すはオール地元産!彦根初のクラフトビール「彦根麦酒」が誕生
  2. 小谷さん夫妻 移住の一歩は、家族の大きな一歩。移住で手に入れた理想の子育て環境…
  3. ウクライナ避難民が彦根市に母国料理店『TheFaina』をオープ…
  4. 電車で琵琶湖に直行?!びわ湖バレイのついでに寄りたい『志賀駅』の…
  5. 滋賀から発信!個々の表現の”つながり”が新たな価値を生み出すアー…
  6. ありがとう、ブルーインパルス!国宝・彦根城との夢の共演が実現
  7. 書架 100年をこえて時を刻む滋賀県最古の図書館『江北図書館』
  8. しがトコカレンダー2022 滋賀の“やま”を守る「間伐材」活用。『しがトコ卓上カレンダー』誕…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP