カフェ・お店

ふっくらスモーキー薪火料理がおいしい!お寺の境内にある町家イタリアン『ciocco(チョッコ)』

チョッコ焼きメイン
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【ciocco(チョッコ)/滋賀県大津市】

炭でもない、ガスでもない、ましてや電気でもない、
「薪火(まきび)料理」って知っていますか?
滋賀県内では珍しい、滋賀県産の薪木を使い、
薪火で調理した料理を楽しめるお店は
なんとお寺の境内にありました。
2022年6月にオープンした『ciocco』さんに行ってきました。

商店街の中にあるお寺の門をくぐってたどり着く趣あるお店

チョッコ寺&看板

JR大津駅から徒歩15分。
かつて「大津百町」として栄えた3つの商店街からなる「ナカマチ商店街」。
その一つ、長等商店街の一角にある日蓮宗本要寺。
このお寺の境内に『ciocco』があります。

お寺の門前には古材を利用したおしゃれな看板。
門をくぐり、境内奥へと進みます。


 
客殿前を通り、さらに奥へ進むと、
大きな引き戸と格子風の大きな窓が目を引く、
築100年の町家を改装した『ciocco』が現れます。

チョッコ内観

引き戸を開けると歴史を感じる梁。
元はおくどさんがあったという、テーブル席の壁は
煤(すす)の黒味が残っていて、店内により重厚感を与えています。

滋賀県産の薪を使った薪火料理

チョッコ薪火キッチン

『ciocco』とは、イタリア語で「薪」や「丸太」の意味。
店主の谷古宇祥平(やこうしょうへい)さんが、
6年ほど前に京都で修業していたお店で
取り入れられていた調理法が薪火焼きでした。

薪火焼き独特の香り、食材の良さを生かす調理法に魅了され、
独立の際にも取り入れることにしたそう。

チョッコ薪

谷古宇さんが使う薪木は、滋賀県産のクヌギの木。
できるだけ、地場のものをつかいたいという思いから、
縁のあった市内の木材やさんで仕入れています。

チョッコ肉焼き

そして薪火焼きの良さを引き出した肉料理!
近江八幡の木下牛(写真はソトモモ)を使用し、
薪火で軽く焦げ目をつけ、休ませながら熱をいれていく手間をかけた一品。

チョッコ肉料理

薪火の香りとレアなお肉の旨みがあふれています。
「木下さんは1頭、1頭に合わせた育て方をされています。
その考えに共感し、できるだけ素材の良さを生かせるよう、
手間と時間をかけています。薪火は、何と言っても香りが最高です!」と谷古宇さん。

地産地消、滋賀の食材を取り入れたイタリアン

チョッコビワマスタルタル

肉料理と並んで人気の料理が、「ビワマスともち麦のタルタル」。
貴重なびわ湖で獲れる天然ビワマスと滋賀県産の野菜を角切りにして、
近江八幡の「近江園田ファーム」のもち麦と合わせ、
上からビワマスのあらから取っただし汁をジュレにしたものをかけた一品。

取材した日は、高島市の「みのり農園」のコリンキーが使われていて、
ビワマスの旨みと食感が違う食材を楽しめる一品でした。

チョッコ ヒトミワイン

地産地消は食材だけに限らず、お料理と共に楽しむ、お酒にも。
イタリアを中心とした自然派ワインをそろえていますが、
東近江市の「ヒトミワイナリー」のワインや、
近江八幡市の「DIAMOND BREWERY(ダイヤモンドブルワリー)」の
クラフトビールなども料理のお供に提案されています。

「滋賀県には何でもそろっている」生産者を大切にし、町の賑わいにも尽力

チョッコ店主&外観

東京生まれの谷古宇さん。
京都のイタリアンレストランで15年間ほどの修業中に
イタリアへ1年間渡るなど、
独立に向け、勉強と経験を重ねてきました。

「イタリア人の料理長と働きたい!」と
琵琶湖ホテルのレストランで働きはじめたことがきっかけで
滋賀の良さに気づき、滋賀での店舗探しがスタート。

雰囲気が気に入った「ナカマチ商店街」で店舗を探す中、
本要寺の住職と出会いました。
「地域の活性化になれば」と空き家を貸してもらい、
この場所での店舗オープンとなりました。

チョッコ店主

また米や野菜作りを3年続け、最後には養鶏も経験。
「滋賀には本当に素晴らしい生産者さんが多いです。
肉・魚・野菜。いいものが何でも揃いますね。
ここ大津は県庁所在地なので、盛り上げていきたいです」と谷古宇さん。

滋賀を愛し、滋賀の生産者に共感し、滋賀の食材を愛でる。
そんな、谷古宇さんから生み出される料理を味わいに、
ぜひ足を運んでみてくださいね。

(写真:山本陽子 文・安部愛子

記事を書いた人
安部愛子/滋賀県大津市出身・在住。びわ湖から唯一流れ出る川・瀬田川を身近に感じながら育ちました。大学進学を機に県外に出るも、びわ湖のない土地に窮屈さを感じ、びわ湖のありがたみを実感!
滋賀の地域情報紙記者を経て、現在は子と共に育ちながら滋賀の魅力を再発見しています。

『ciocco』の店舗情報

住所
〒520-0046 滋賀県大津市長等2-3-9
電話
077-536-5490
定休日
月曜+月一回不定休(Instagramで要確認)
営業時間
17:00~24:00(L.O 22:30)
Instagram
https://www.instagram.com/ciocco_otsu
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 天然氷かき氷「抹茶」 『寿長生の郷』の夏の風物詩。ふわっふわの天然氷かき氷。
  2. カレーの国を旅したキョンちゃんが再現する“母の味”。スパイスカレ…
  3. 顔の見える安心感がうれしい地元のおそうざいやさん『三松』
  4. 手ごねハンバーグが18種類!滋賀県産にこだわったハンバーグ専門店…
  5. 比叡山をバックにゆったりできる小さな隠れ家カフェ『osanpo-…
  6. MinakuchiとOtsu “滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー店『SA…
  7. 八幡堀のほとりにある上品な町家カフェ『art.cafe 氵(さん…
  8. 目指すはオール地元産!彦根初のクラフトビール「彦根麦酒」が誕生
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP