イベント

ふなずしが主役!?近江の奇祭「すし切り祭り」が5月5日(金・祝)に開催!

すし切り全景

【すし切り祭り/滋賀県守山市】

滋賀の伝統食『ふなずし』が主役という、
大変珍しく地域色豊かなお祭り。
「すし切り祭り」をご存知でしょうか?

守山市の下新川神社に伝わる例大祭で、
国の無形民俗文化財にも選定されている
伝統的な神事です。

神社の社伝によると、祭神の豊城入彦命が
この地に着いたときに、村人がふなずしを献上して
喜ばれたというのが始まりとされています。

神社全景

祭りの本番は毎年5月5日。
裃(かみしも)を身に付けた若者二人が、
古式ゆかしく「すし切り」の神事を行います。

すし切り

琵琶湖でとれた子持ちのふなの塩漬けを
大勢の人が見守る中、包丁と長い箸を使って切り分けます。
この時、手は一切触れてはいけません。

ふなの子がはみ出したり、身がよじれたりすると
村に災難がふりかかるといわれていて、
周囲の目とプレッシャーに耐えながら
すし切り役の二人は神妙に切り分けていきます。

切り分けたすし

すし切りの最中には観客からヤジも飛び交いますが、
よく聞いてみるとすし切りの大役を務める二人に対する
応援の気持ちが込められた温かいヤジだということがわかります。

宵宮

実はこのお祭り、前日の夜の宵宮にも
とても面白い神事があります。

太鼓練り

夜、太鼓を担いだ裸の青年団員らが
前の年に結婚した新婚家庭に
「嫁さん出~せ」と三回やってくるそうです!

三回目に嫁さんが現れ、酒を振る舞うと
大暴れした太鼓は神社へ帰っていきます。
これは新しく氏子となった人を迎え入れる儀式で、
毎年夜中まで繰り広げられるそうですよ。

地元住民により、長年大切に受け継がれてきた
全国的にも大変珍しいお祭りです。

「下新川神社」を地図でみる

JR守山駅からバスで25分 →「下新川神社前」バス停から徒歩

下新川神社

→大きい地図で見る

2017年の「すし切り祭り」

日時
2017年5月5日(金)
所在地
滋賀県守山市幸津川町1356番地【→地図】
Webサイト
すし切り祭り(滋賀県観光情報)
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 笑顔の西川さん 西川貴教さんがビワイチに挑戦!「ビワイチの日」記念ライドをレポー…
  2. 八幡堀まつり~町並みと灯り~ まるで時代劇のワンシーン!風情あふれる夜の町並みに約3000個の…
  3. 黒壁ガラス館 まち歩き×ガラス工芸!お散歩気分でぶらり楽しめる『ナガハマグラス…
  4. 守山市で見つけた琵琶湖上空に広がる異次元の世界『琵琶湖大橋』の中…
  5. リニューアルした守山市立図書館で、しがトコ発のアートイベントが2…
  6. ガラス酒器展示 ”ガラスの街”をお散歩しながらグラスアートを楽しもう!『グラスア…
  7. 器のワークショップ見本 琵琶湖やオオカミにカイツブリも登場する『森のアクセサリー展』が1…
  8. 豪華な“山車”と“こども歌舞伎”ユネスコ無形文化財登録の『長浜曳…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP