イベント

全身、杉の葉!巨大すぎる青鬼が石山寺に出現する近江の奇祭「青鬼まつり」

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【石山寺の青鬼まつり/滋賀県大津市】

森の妖精、それとも……?
杉の葉っぱでできたふさふさボディがステキなこの青鬼、
なんとその高さは5メートル!
滋賀を代表する名刹(めいさつ)の一つ・石山寺の門前に、
毎年5月初旬頃から登場します。

この鬼は、石山寺で5月の第3日曜に行われる
「青鬼まつり」のためにつくられたもの。
多くの“奇祭”で有名な滋賀の中でも、
かなりのインパクトを放つ、この巨大な青鬼に会うために、
おまつりを目前に控えたある日、石山の地を訪ねました。

勇ましい顔つきと、モフモフボディに釘付け

(写真提供 石山寺)

石山寺の入り口にあたる東大門前の広場に登場する青鬼。
背丈は、なんと約5m。
鬼の体を覆っている杉の葉は、石山寺の杉からとったもので、
トラック2台分もの量になるんだそうです!

毎年、5月5日のこどもの日前後に、
石山寺の方々と、地元の方々が力を合わせて
青鬼づくりを行っています。

完成した青鬼さんは、青鬼まつり当日まで、この場所にスタンバイ。
観光客の注目を、今日もひとりじめしています。

とても勇ましい顔つきな一方、
包み込まれたいような頼りがいも感じませんか?
ちなみに、胸のあたりの茶色の部分は、胸毛を表現しているのだそうです。

華麗に舞う鬼たちに拍手を!

(写真提供 石山寺)

青鬼まつりの日には、大きな青鬼像のほか、等身大の鬼たちも登場!
鬼たちは、参道を出発し、青鬼像の待つ東大門前の広場へ向かいます。

そこで法要を行ったあと、
「遊鬼境(ゆうききょう)」と呼ばれる庭園での法要も行い、
東大門に戻ったのち、「青鬼踊り」を披露してくれます。

(写真提供 石山寺)

なんとも勇ましい立ち姿。
戦隊モノのに出てきそうな(?!)どことなく
コミカルな雰囲気もこのお祭りの良いところ。

(写真提供 石山寺)

こちらは過去に行われた「青鬼おどり」の様子。
強面ながらも華麗に舞い踊る鬼たち!
この独特の世界観、見とれてしまうこと間違いなしです。

(写真提供 @happiness_mi956)

舞の奉納後には、迫力のある「青鬼団扇(うちわ)」が配られます。
例年限定された枚数だけ用意されているので、
手に取れるかどうかは運次第!?
(上の写真は2019年に撮影)

実は、いにしえの名僧をしのぶための法要

この青鬼まつりは、
石山寺屈指の学僧・朗澄律師(ろうちょうりっし)をしのぶ法要として
行われているもの。
5月14日が朗澄律師の命日とされているため、
その時期に近い日曜日に開催されているそうです。

紫式部ゆかりの地としても有名な石山寺には、
国の重要文化財に指定されている経典や聖教群も多数のこされているそうですが、
これらの整備や保存に尽力した一人が、朗澄律師なのです。

青鬼まつりは、
朗澄律師がそれらを「鬼になって守護する」と誓ったことに由来するとのこと。
こうしたエピソードは「石山寺縁起絵巻」にも記されています。

地元からも愛される青鬼さん

石山寺とともに青鬼まつりの運営を担う、石山観光協会を訪ねてみると、
ちょうどまつりで配るうちわの準備の真っ最中でした。

当日は、青鬼おどりを披露していた鬼たちがうちわを配り、
あっという間になくなるそうですよ!

「うちわのデザインは毎年変えているんですが、
何回も参加して、集めている人もおられますよ」
そう教えてくれたのは、石山観光協会・事務局員の堀井千里さん。

堀井さんによると、青鬼まつりは1950年代から続いているそうで、
堀井さん自身も、運営に関わる以前から、
地元民として、このおまつりを楽しみにしてきたといいます。

「うちの子が幼稚園に通っていた頃は、先生と子どもたちがお散歩の時間に、
青鬼を見に行ったりしてましたね」
おお~、子どもたち、泣いちゃいませんかね!?

でも、それほど地域に親しまれている存在なんですね。
大きな青鬼さんの愛されぶりが伝わってくるエピソードでした!

(写真提供 石山寺)

例年は、地元の子供たちによる「青鬼太鼓」の奉納演奏も行われていたという
このお祭り(上の写真は過去開催分の写真)。

残念ながら、今年、2022年は、コロナ禍に配慮して、
練習が実施できなかったため、中止されるとのこと。
来年こそは、全行事を行うことができるといいですね!

(取材・文 しがトコ編集部)

「石山寺」のデータ

住所
〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1

→地図

電話番号
077-537-0013
入山料
大人(中学生以上)600円/小学生250円
参拝時間
8:00~16:30(最終入山時間16:00)
※青鬼まつりは、2022年5/15(日)9:30~、東大門前ひろばで開催
公式サイト
https://www.ishiyamadera.or.jp/

お知らせ

6月5日(日)には、石山寺で移住に関するイベントも開催!
石山寺の若い座主・鷲尾龍華さんの説法や、
東京から滋賀県長浜市に移住した“観音ガール”こと
對馬佳菜子さんとの対談。

オンラインでも配信予定!
しがトコ編集部も現場に駆けつけますよ!
詳しくはこちらをチェックしてくださいね。

龍華の時間(時間)☆龍華の時間(とき) 説法 × 観音ガールとの対話 | 移住スカウトサービス SMOUT(スマウト)

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 本陣薬局の外に並ぶ看板 日本薬剤師の歴史はここから!第一号を輩出した明治創業の漢方のお店…
  2. とびだし坊や 滋賀に麒麟はきた?! 明智光秀ゆかりの地『西教寺』に行ってきまし…
  3. NOMA外観 町屋がまるごと美術館『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA』…
  4. 聖徳太子で疫病退散?!東近江でコロナ収束の願掛けをしてきました
  5. アルプスジム 子連れでお出かけ!全身を使って遊べる『ブルーメの丘』の巨大アスレ…
  6. 眺めるだけでもお花見気分?!元気をもらえるような滋賀の桜の名所特…
  7. 石山寺プリン 歴史ある門前通りに、かわいい新名物が登場!スイーツ専門店『石山寺…
  8. 文豪も愛した鮒ずし料亭「湖里庵」の新たな歴史が始まる。台風被害か…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP