カフェ・お店

絶景を見渡すテラス席!琵琶湖畔の小さな森に佇む『glänta cafe(グレンタカフェ)』

【glänta cafe(グレンタカフェ)/滋賀県長浜市】

遠くまで続いていく雄大な琵琶湖と
静寂な水平線に浮かぶ「竹生島」の神秘的なシルエット。

琵琶湖のほとりにある小さな森には
自然に囲まれた、穏やかな時が流れるカフェが佇んでいました。

『グレンタカフェ』のテラスから一望できるその絶景に
日々の喧噪を忘れ、心が澄んでいくのを感じます。

北欧のぬくもり溢れる小さな森のカフェ

長浜市の琵琶湖岸道路沿いに佇む、大きなロゴが映える建物。
こちらが2023年8月にオープンした『グレンタカフェ』です。

“北欧の小さな森”をコンセプトとしたグランピング施設
『glänta glamping village(グレンタグランピングビレッジ)』の2階にあり、
宿泊者以外の人も利用することができます。

階段を上がると広がる、木のぬくもり溢れるあたたかな空間。

たくさんの窓からはやわらかな陽が差し込み、
まるで太陽が歓迎してくれているような気分です!


(photo by @glanta_glamping_village)

奥まで進むと、小さな森を眺められる特等席が。

窓に切り取られた絵のような風景。
季節ごとにその色を変えていき
新緑の季節は生き生きとした爽やかな緑、
秋には深紅に染まる紅葉が見られるんだとか!

琵琶湖の絶景に溶け込む穏やかな時間

大きな窓からテラスに出ると、
遠くまで広がる雄大な琵琶湖と竹生島の美しいシルエットが!

開放的で清々しい空気に、
思わず大きく息を吸い込みたくなります。

優しく通り抜ける風と陽だまりに包まれて
穏やかな時間を過ごしていると、
なんだかその景色に溶け込んでいくような心地よい感覚も。

鮮やかなグラデーションが楽しい「自家製ティーソーダ」と
「北欧風ベイクドチーズケーキ」。

スウェーデンから取り寄せている
「リンゴンベリー(コケモモ)ジャム」の甘酸っぱさが、
スパイスの効いたチーズケーキをより上品な味に引き立てます。

この他にも、ランチにぴったりなフードやスイーツ、
焼き菓子などをいただくことができますよ!

自然に囲まれて非日常を味わう


(photo by @glanta_glamping_village)

建物裏の小さな森にはグランピング施設が並びます。

ここはもともと旧びわ町の琵琶湖岸の雑木林だった場所。
大きな木がそのまま活かされ、
“北欧の森”へと生まれ変わりました。

ドームの中はアッシュカラーを基調にした
北欧風のナチュラルな内装。
洗練されながらも、ゆっくりと落ち着ける雰囲気です。

エアコンや冷蔵庫も完備しているので、
季節を問わずに快適に過ごせるのが嬉しいポイント!

森の小道で可愛らしい動物たちに出会いました!
滋賀県在住の切り絵作家、早川鉄兵さんの作品です。

これまで早川さんが作るのは黒の動物が主でしたが、
“北欧の小さな森”にあわせた淡いグレーで作ってもらったそう。

建物内にいる動物たちも探してみてくださいね!

「glänta(グレンタ)」はスウェーデン語で、
“森の中のパッと開けた場所”を表す言葉。

「森の中で過ごす感覚でゆったりと過ごしてほしい」
そんな想いが込められているそう。

琵琶湖と緑に囲まれた陽だまりの場所で
自然を近くに感じながら、
心を癒すひとときを過ごしませんか?

(取材・写真:しがトコ編集部 文:熊谷明日香)

『グレンタカフェ』の店舗詳細

住所
滋賀県長浜市早崎町1669-1
営業時間
(カフェ)11:00~15:00(LO 14:30)
定休日
水曜日・木曜日
電話番号
0749-72-2220
公式サイト
https://glanta-glamping.com/
instagram
https://www.instagram.com/glanta_glamping_village/

『グレンタカフェ』のリール動画はこちら!

この投稿をInstagramで見る

しがトコ(@shigatoco)がシェアした投稿

しがトコ採用情報

関連記事

  1. ご飯のアルデンテ!?土鍋ご飯と旬の食材でもてなす『自然坊(じねん…
  2. 駅徒歩1分で別世界!彦根で本場イタリアの”カッフェ&…
  3. 25歳で3代目に!伝統の味を守り抜くピーナッツせんべい一筋45年…
  4. 田んぼの中のオアシスカフェ『Herb Garden Cafe 光…
  5. クラシック音楽の響く絶景カフェ「立木音楽堂」
  6. 波音のそばで過ごす“焚き火カフェ”。非日常感たっぷりの「びわ湖時…
  7. UNO外観 道の駅グルメもここまで進化した!! 本格石窯ピザが食べられる『せ…
  8. バス焼き白と茶 たい焼きならぬ”バス焼き”?!琵琶湖を愛する釣り具屋さんが作る「…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP