カルチャー

気分はまるで平安貴族!『びわ湖疏水船』でお花見しながら、琵琶湖から京都まで行ってみた

疏水船通過

【びわ湖疏水船/滋賀県大津市⇔京都府京都市】

琵琶湖と京都を結ぶ『琵琶湖疏水』をご存知でしょうか?

普段は琵琶湖の水を京都市へと運ぶ水路ですが、
毎年春と秋の時期にはその水路を通る
観光船が運行されています。

小さな船で琵琶湖をゆったり進み、
真っ暗なトンネルを抜けた先には
満開の桜と菜の花がお出迎え!

まるで平安貴族になったかのような、
優雅な『びわ湖疏水船』の旅をレポートします!

滋賀県の定番桜スポット『琵琶湖疏水』

琵琶湖疏水

滋賀の定番の桜スポットでもある『琵琶湖疏水』。

レトロな『第一トンネル東口』前では
今年も見事な桜並木が咲きほこっていて、
ついぼんやり見とれてしまいます。

すると……

疏水船登場

ざっぱーん!

突然、トンネルの中から船が現れました!

はるばる京都の蹴上からやってきたこの船こそ
今回ご紹介する『びわ湖疏水船』です。

64年ぶりの復活!季節限定の疏水船の旅

全体図

疏水船はかつて疏水を使って
滋賀と京都を行き来していた舟運で、
明治から昭和にかけて多くの人や物を運びました。

疏水船航行

自動車や鉄道輸送の台頭で廃止された後、
舟運は半世紀以上途絶えていましたが、
新たな観光資源として2015年に64年ぶりに復活!

2018年からは春秋限定で三井寺~山科・蹴上間を行き来しています。

琵琶湖と船

そして2024年の春には新たなルートが新設され、
今まで第一トンネル東口前で発着していた疏水船が延伸し、
「びわ湖・大津港便」として大津港までやってくることに!

大津港

琵琶湖から京都に至る船旅……

いったいどんな景色が見られるのか確かめるべく、
疏水船に乗るため大津港に向かいました!

琵琶湖を走る「びわ湖・大津港便」

ミシガン

集合時間に大津港を訪れるとちょうど観光船「ミシガン」が
出港していく場面に立ち会えました。

疏水船

そしてこちらが乗船するびわ湖疏水船です。
諸注意を受けて救命具を腰に巻いたら、いよいよ出港です!

びわーこ

今回新設された「びわ湖・大津港便」の醍醐味は、
なんといっても琵琶湖を走ること!
大津港を出ると遠くに琵琶湖大橋や三上山を望む
青々とした湖の風景が広がっていました。

ボートレース

途中、『ボートレースびわこ』の傍も通ります。
運よく選手たちの練習風景に立ち会えたら、
停船してこっそり見学することもあるのだとか。

メイン画像2

やがて船は琵琶湖疏水へと舵を切りました。
水路の向こうでは三井寺の桜がきれいですが……

閉門

あれ?
水路の門が閉まってる!?

船の“エレベーター”『大津閘門』を通過!

大津閘門ウラ

実はこちらは『大津閘門(こうもん)』と呼ばれる施設なんです。

閘門オモテ

琵琶湖と疏水の間には水位差があるため、
二つの水門で疏水船を挟んだ後に水を出し入れし、
エレベーターのように移動させる仕組みです!

水門

門が閉じると、疏水の水位に合わせて閘門内の水が抜かれていきます。
通常の「三井寺便」はこの先の乗下船場からの発着となるため、
大津港を発着する「びわ湖・大津港便」ならではの体験です!

水抜き

この日は約80㎝ほど下まで水が抜かれた後、
ゆっくりと前方の門が開きはじめました。

ご開帳

扉が開かれた先に待っていたのは桜の世界。
なんともいえない優雅な演出と風景に息をのみます。

屋敷

閘門を出た疏水船は水路を進み、
第一トンネルの中へと入っていきました。

トンネル突入

真っ暗でひんやりとしたトンネル内はスリル満点!
前方に針の穴のように見える出口の光のほかに明かりはなく、
約2.4㎞のトンネルを船の前照灯を頼りに進みます。

トンネル内

もちろんここは遊泳禁止ですが、
大昔は地元の子どもたちが度胸試しのために
トンネル内を泳いで京都まで行っていたのだとか!
度胸ありすぎです……!

スプラッシュ

途中、山の湧き水が滝のように落ちている箇所も。
遊園地の水上アトラクションのような演出ですが、
船には天板がありますのでずぶ濡れになる心配はありません!

そして出口が近づき、長いトンネルの旅を終えた先には…

京都の桜並木のトンネルが続いていました!
船でゆっくりお花見を楽しむなんて、気分は平安貴族。
京都らしい雅な体験ですね!

トレインビューや菜の花も楽しめる!山科の散策スポット

疏水船はこのまま京都市東山区の蹴上まで行くのですが、
今回は山科区にある『四ノ宮舟溜』で下船しました。

実はここ山科に、みなさんにご紹介したいスポットがあるんです!

目的地に向かって疏水沿いの遊歩道を歩く途中、
『疏水公園』に立ち寄りました。

JR山科駅から徒歩10分ほどのところにあり、
遊具や公衆トイレを備えているほか、
トレインビューと桜を同時に楽しめます。

そして疏水公園からさらに北上すると、
桜と菜の花が満開のスポットにやってきました!

山科駅から徒歩約9分。琵琶湖疏水にかかる安朱橋の周りには、
地域の方々によって菜の花が植えられており、
毎年この時期になると桜とともに見頃を迎えます。

桜と菜の花改

菜の花の香りに包まれながら桜を見られるなんて、
なんという贅沢な春なんでしょう……!

そんな桜と菜の花で鮮やかに色づいた琵琶湖疏水を、
蹴上からやってきた疏水船が通り抜けていきました。

「びわ湖・大津港便」は4月7日で終了しましたが、
三井寺~蹴上間を結ぶ「三井寺便」は
引き続き6月上旬ごろまで運航されます。

桜が散った後は、瑞々しい新緑のシーズン。
緑に染まる琵琶湖疏水の船旅を、
ゆったり楽しんではいかがでしょう!

記事を書いた人
結城弘(ゆうきひろ)/滋賀県出身。小説家・ライター。滋賀が舞台として登場する小説『二十世紀電氣目録』『モボモガ』などを執筆。趣味は旅行、レトロ建築巡り、ご当地マグネット集め、乗り(呑み)鉄、地酒開拓。各SNS⇒ Twitter(X) Instagram note

『びわ湖疏水船受付事務局』の詳細

住所
京都市下京区河原町通松原上ル2丁目富永町338
京阪四条河原町ビル7階 JTB京都支店内
営業時間
9:30~17:30
定休日
土曜日、日曜日
電話番号
075-365-7768
公式サイト
https://biwakososui.kyoto.travel/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. みずからの爪を道具に織る、4000年前より続く「つづれ織り」の世…
  2. 漁師の暮らしそのものが“アート”。琵琶湖から作品を生み出す『BI…
  3. 撮影開始 NHK『あさイチ』に「#しがトコ」が登場?!”滋賀を…
  4. どんどん外観 【山のいのちに心を向ける】食べる つなぐ 湖北のくらし~匠を囲ん…
  5. あつまれ!次世代クリエイター!びわ湖の魅力を発信する『NEXT …
  6. 【びわ湖の北編】滋賀のリフレクションスポット紹介!
  7. 信長ゆかりのお寺がアートの舞台に!見応えたっぷりの『浄厳院現代美…
  8. 目指すはオール地元産!彦根初のクラフトビール「彦根麦酒」が誕生
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP