カルチャー

びわ湖から生まれた心地の良い服『BIWACOTTON(ビワコットン)』プロジェクト始動

【滋賀発プロジェクト「BIWACOTTON(ビワコットン)」】

穏やかなびわ湖に似合う、気持ちのいい服。
すーっと吹き抜ける風のように、とても軽い着心地。

まったく新しい素材から誕生したTシャツ『ビワコットン』は、
江戸時代から続く高島市の伝統技術“高島ちぢみ”をベースに開発されました。
ちぢみならではのシャリ感を残しながらも、
ストレッチ性に優れたその着心地は、
本当に『快適』という言葉がぴったり。

いま、この『ビワコットン』を広めるプロジェクトがスタートしています。

高島ちぢみが進化して生まれた驚きの素材感

『ビワコットン』の着心地を支える技術、
それは200年以上の歴史を持つ“高島ちぢみ”にあります。

シボと呼ばれる凹凸からできる“高島ちぢみ”の生地は、
吸湿性に優れ、爽やかな着心地であることから、
ステテコやパジャマなどの生地として、今でも使われています。

高島ちぢみの生地

長い歴史の中で職人技が生んだ“高島ちぢみ”の通気性に、
これまでの“高島ちぢみ“には無かった伸縮性を改良。
心地良さを進化させ、デザインにもこだわり誕生したのが『ビワコットン』。
さらさら、シャリっと独特の肌触りが特徴です。

ビワコットンの生地

もちろん、コットン100%。
この快適さは、びわ湖にとっても似合います。
滋賀ならではの一着として、手にしてみませんか?
ビワコットン

ビワコットン開発に関わった高島ちぢみの老舗「杉岡織布」

杉岡織布

滋賀県高島市にある杉岡織布は、
江戸時代より続く“高島ちぢみ”の技法を守るだけでなく、
新たな技術へのチャレンジも続ける老舗。

「高島ちぢみの可能性に挑戦したい!」と意気込むのは、
『ビワコットン』の開発に携わった杉岡織布三代目の杉岡定弘さん。

「ビワコットンを作るには、高島ちぢみの製法を
そのまま転用すれば良い訳では無かったんです。
何と言っても、目指したのはあくまでファッションとして
デイリーに着用できる生地やアイテムを作ること」

「完成させられるまでに何度もトライ&エラーを繰り返しました」

そんな『ビワコットン』開発秘話は、
「BIWACOTTON公式サイト」に掲載されてるほか、
「ほぼ日刊イトイ新聞」でも特集されるなど、注目を集めています!

■BIWACOTTON(ビワコットン)公式サイト
江戸時代から続く伝統技法を”今”に繋ぐ「ビワコットン」の魅力とは

■ほぼ日刊イトイ新聞
BIWACOTTONの魅力。轟木節子×開発者座談会 – 轟木節子がつくる、気持ちのいい服。

浮遊感100%?!ビワコットンの紹介動画も登場!

素材の質感と、着心地が抜群の「ビワコットン」。
その魅力を伝えるため、スペシャル動画も完成しました。

動画の中身を少しご紹介しましょう!

一番の特徴は、袖を通してすぐにわかる着心地の良さ。

そして、羽のように軽く、肌に爽やかな素材感。
イメージ動画では、鳥のように軽々とジャンプし続ける女性。

この、なんともいえない”浮遊感”。
ぜひ手にとって触ってもらいたい!!

クラウドファンディングページでも、動画が公開中されていますので、
実際の素材感を、ぜひ確認してみてくださいね。

⇒150年以上続く伝統産業の技術を活かしたTシャツ、ビワコットンを全世界へ。(2018/9/18にクラウドファンディングは終了しました)

「高島ちぢみ」の技法は世界へ届くか?挑戦したい

ビワコットンの開発に携わるおふたり

『ビワコットン』を滋賀から全国へ、世界へと届けるべく
奮闘しているのが、ビワコットンのプランニングを手がける
山下秀一さん(左)と、田島剛さん(右)。

山下さんはデニム業界のスペシャリストとして、
田島さんはルームウェア・パジャマを専門とする販売に従事。
それぞれの専門知識をいかし『ビワコットン』の開発に携わっています。

しがトコ編集部にて

「Tシャツの定番といえば、ヘインズが有名なように
このビワコットンもきっと世界に通用すると思うんですよ」
そんな熱い想いとともに、しがトコ編集部に来てくれたおふたり。

「世界のTシャツのスタンダートにきっとなれるはずなんです」
と力強く話す、ビワコットンのプランニングディレクター山下さんの言葉に
しがトコ代表の林正隆(右奥)と編集長の亀口美穂(左奥)も共感。

「高島ちぢみの可能性が詰まったビワコットンなら、
きっと世界にも通用するし、このビワコットンを入り口に、
滋賀や、びわ湖の魅力に出会う人も多いはず」。

しがトコは、“自慢したくなる滋賀”をコンセプトにしていますが、
滋賀県高島市の伝統技術から誕生した『ビワコットン』は、
まさに世界に自慢できるモノのひとつ。

「ビワコットン」クラウドファンディングは9月18日まで!

世界のTシャツのスタンダードを目指す、
『ビワコットン』のクラウドファンディング

応援のタイムリミットは、9月18日(木)23:59までです!
滋賀から世界へ挑戦する『ビワコットン』を
みなさんもぜひ一緒に応援してください!

⇒150年以上続く伝統産業の技術を活かしたTシャツ、ビワコットンを全世界へ。(2018/9/18にクラウドファンディングは終了しました)

母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 5歳の子どもが琵琶湖を撮ると…。カメラ片手にぶらりしてきました!…
  2. 東京駅前に飛び出し坊やが登場!コクヨハク イベントレポート
  3. ごはん大好き!「おかわりくださーい」の声が飛び交う試食会をレポー…
  4. 就職活動でスーツも着てみたけれど、高島の自然の前で悩みが吹っ切れ…
  5. 「鯉カレー」や「しじみカレー」も!『おおつ近江米カレー』がずらり…
  6. 滋賀ぐらしinterview 探し求めた自分のスタイルは、伊吹山を望むこの風景の中にありました…
  7. 海鮮丼 マグロの解体も、魚介類も、人の熱気もスゴイ!「市場の朝市」が面白…
  8. 合鴨ロース煮2 ジューシーな弾力と旨味!“鴨の本場”長浜からのお取り寄せ



母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中
PAGE TOP