観光

琵琶湖の景色も楽しめる贅沢空間『びわプリのナイトプール』

夕暮れのプールサイド

【ナイトプール/滋賀県大津市】

プールサイドから一望できる琵琶湖の景色を楽しみながら
ホテルのプールで過ごす優雅なひととき。

琵琶湖畔に佇む「びわ湖大津プリンスホテル」で
ナイトプールが営業されています。

ワイワイと賑わう都会のナイトプールと違い、
のんびりと過ごせる、滋賀ならではのナイトプールをご紹介します。

暮れゆく景色を楽しみながら

夕暮れのプール

湖岸沿いにそびえる「びわ湖大津プリンスホテル」。
湖畔のリゾートホテルとして夏休みにはたくさんの人で賑わっています。

これまでも昼間のプール営業はありましたが、
今年は初のナイトプールが始まりました!

夕暮れのプールサイド

その名も「Fantastic Night Pool」。
“おとなの時間をゆったりと楽しむ”をテーマに
光と音楽でプールサイドで過ごす優雅なひとときを提供。

夕暮れのプール全景

びわ湖の形を模したプールは全長90m、最大幅23mのスケール。
宿泊客の利用がメインなので、そんなに混み合ってないのもいいですね!

プールとミシガン

移ろいゆく琵琶湖の景色をひとりじめしながら水遊び。
とても贅沢じゃないですか!!

ナイトプール初のお客さんは、記念日にサプライズで彼女を連れてきたカップルだったそう。
特別な日にもぴったりですね!

土曜日限定!“ウォーターボール®”

ウォーターボール体験

土曜日とお盆休み限定で開催されている「NWWA ウォーターボール® de SNS映え」を体験してみました。
(料金別途:1人500円)

膨らんだバルーンの中に入るのかと思いきや
入ってから膨らませるんですね(笑)

移動するウォーターボール

膨らんだら、そろそろとプールサイドに移動。

プールサイドのウォーターボール

モデルになりきって撮影してみました(笑)

プールに浮かぶウォーターボール

水の上にも浮かぶのですが、まっすぐ立つのが意外と難しい。
体幹が必要みたいです。。
転がるのも楽しくて、子どもみたいにはしゃいでしまいました!

レイクサイドで音楽と光の演出に包まれるフォトジェニックな時間

びわプリナイトプール

日が落ちてくるとライトアップされ、また違った雰囲気に変身。

ナイトプール全景

ナイトプールといえば派手なライトアップなど、
インスタ映え好きな方や若者向けな印象ではありますが、
大津プリンスホテルのナイトプールはかなり落ち着いた雰囲気で
ライトアップもシンプルです!

浮輪

遊泳時間は19時まで。
それ以降はプールサイドで楽しみます。

ドリンク

平日(月~木)はワンドリンクサービスの特典も!

ナイトプール プールサイド

デッキチェアは全日無料。
浮き輪(透明リング、アヒルさん、マット型)も無料で借りれます。

7:15と・8:15・ 8:45には音楽と光のショータイム
「ファンタスティックショー」も開催されます。

ナイトプールライティング

他にも、南国ムードが楽しめる「タヒチアンダンス」
プールサイドでヨガが体験できる「サンセットヨガ」
筋肉自慢の滋賀マッスルメンバーと撮影できる「マッスルDEナイト」など
週末にかけて楽しいイベントが予定されています。

お出かけ前にぜひチェックしてみてください!

上空から見たナイトプール

(撮影:Douglas Katsumi Sakano Fernandes @mad__dodo/モデル:鎌田 遥香 @meriana_harup/文:しがトコ編集部)

『びわ湖大津プリンスホテル』を地図でみる

「JR大津駅」から無料シャトルバスまたはタクシーで約10分!

びわ湖大津プリンスホテル

→大きい地図で見る

びわ湖大津プリンスホテル「Fantastic Night Pool」の詳細情報

住所
滋賀県大津市におの浜4-7-7(→地図
電話番号
077-521-1111
開催期間
2019年7月6日(土)~9月1日(日) ※8/8を除く
営業時間
17:30~21:00(プールでの遊泳は19:00まで)
料金
2,000円/人( 宿泊者およびSEIBU PRINCE CLUB会員は1,800円/人)
※ 18才未満入場不可
※ 日中営業のスイミングプール利用券でナイトプールに入場はできません
公式サイト
https://www.princehotels.co.jp/otsu/informations/night-pool/

関連記事

  1. 太鼓乱入 暗闇の中で太鼓が回る!跳ねる!命がけの奇祭『太鼓回し』の気迫に圧…
  2. 東登山道コース 山頂には自然の花が咲き誇る!滋賀最高峰の『伊吹山』登山してきまし…
  3. まるで天空の道!運が良ければ出会える高島市『小入峠の雲海』が神秘…
  4. びわ博のマニアックすぎる学芸員さんに会いに行ってみました!
  5. 天下統一の夢の跡!織田信長の足跡をたどりに幻の安土城に行ってきま…
  6. ガチャコン列車「近江鉄道」のレトロな駅舎『新八日市駅』は必見!
  7. 200年もの歴史を誇る珍しい春の仕掛け花火!暗闇に浮かび上がる幻…
  8. ”滋賀県の花”が咲き誇る『鎌掛谷ほんしゃくなげ群生』

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP