カフェ・お店

瀬田川沿いの緑あふれる古民家カフェ『Cafe Jinta(カフェジンタ)』

カフェジンタメイン
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【Cafe Jinta(カフェジンタ)/滋賀県大津市】

琵琶湖から唯一流れ出る川・瀬田川沿いに、
ほっこりくつろげる古民家カフェ。
京都で約16年間、カフェを営んでいたご夫婦が
このロケーションを気に入り、
2022年6月に移転オープンしました。

大きな窓が開放的な空間と、
身体に優しい料理がおすすめの
『Cafe Jinta』に行ってきました!

目の前は瀬田川と公園。自然豊かなローケーション

カフェジンタ 唐橋

京阪唐橋前駅から徒歩5分。
かつて「唐橋を制する者は天下を制する」といわれ、
交通・歴史の要として名高い「唐橋」を渡ります。

カフェジンタ看板

川沿いを北上すると、店主自らDIYした看板と、
シンボルツリーのシルバープリペットが出迎えてくれる
『Cafe Jinta』が現れます。

空き家だった古民家を、理想の空間に

京都で約16年間、カフェを営んでいた
小野仁士(おのひとし)さん・メグミさん夫妻。
店主の仁士さんが、空き家だった瀬田川沿いの古民家を気に入り、
コロナ禍も伴って現在のお店に移転。

内装はアパレルや飲食の内装を手掛けているメグミさんの弟と、
ご夫婦で相談しながら作りあげました。

カフェジンタ内装2

落ち着いたアンティーク調のテーブルや椅子に
グリーンがたくさん置かれた店内は、
いつまでも居たくなる落ち着いた雰囲気です。

カフェジンタ緑のオブジェ

グリーンをあしらった装飾も、お店の雰囲気にぴったり。
くつろげる空間づくりに、アクセントを加えています。

「糖質制限」も選べる!健康管理にもこだわったモバイルオーダー

カフェジンタ机QRコード

仁士さんは実は元・IT企業のセールスエンジニア。
その経験を活かし、モバイルオーダーシステムを導入しました。
まずは、机の隅に貼られたQRコードをスマホで読み取ります。

カフェジンタメニュー画面

メインやトッピング、
仁士さん自身が糖質制限し、体調が良くなったことから
生み出された「糖質オプション」など
説明を読みながら、オーダーできるので、
メニュー選びもワクワクです!

カフェジンタハンバーグ

取材の日にオーダーしたのは
「ハンバーグトマト&デミソース・糖質制限バランス+とろっとチーズ」。

なんと、通常のメニューから糖質を約80%カット!
ご飯、ポテトサラダの代わりにサラダを増量。
ゆで卵を追加したメニューです。
自家製おからのマッシュサラダも付いていて、
糖質を制限したメニューでも
満足のいくように、工夫されています。

カフェジンタカレー

そして、もう一品。
創業当時から人気の商品「やわらかチキンカレー」。
今回は低糖質バランスのオプションでオーダー。
ご飯を小さめのおにぎり程度にし、サラダを増量して糖質を約50%カット。
野菜と肉からでる出汁のみをベースにオリジナルブレンドのスパイスが
効いていて、くせになる味です。

カフェジンタチョコレートケーキ

お料理は頑張って糖質オフしたので、
やっぱり最後は美味しいスイーツ(笑)。
新作の「ちょっと大人なチョコレートケーキ」をオーダー。
このケーキは“ちょっとオトナに変身できる”ラムレーズン付き。

自家製のラムレーズンは、
大ぶりのレーズンを使用することでラム酒を沢山吸収して、
ケーキと合わせて食べると香りと深みと旨みを増してくれます。
お酒好きの人はもちろん、お酒が苦手な方もぜひ、試してみてくださいね!

京都でのオープンから16年。愛されるカフェへ

カフェジンタ店主1

2006年、京都市左京区の岩倉で創業した『Cafe Jinta』。
“ジンタ”とは少人数の吹奏楽隊の俗称で明治中期に生まれた
「市中音楽隊」の愛称が全国的に広まったもの。

「無音の街に音楽を流して活気をもたらした“ジンタ”のように、
街の活気になりたい」という音楽を愛する
仁士さんが店名に採用しました。

その後、2008年には烏丸三条に店を移し、
2022年6月にはここ滋賀の地へと移転しました。

カフェジンタ店主2

「“このカフェに行こう”と思ってもらえる、
憩いの時間を楽しめる場所になれば幸いです」と仁士さん。

お店で提供する料理は、
自分の子どもたちにも食べさせられるようにと思うくらい、
気持ちを込めて仕込んでいます。

カフェジンタママ

オープンから16年、変わらず愛され続ける『Cafe Jinta』は
訪れる人たちに明るい音楽のような居心地良い空間を
提供しています。

予約優先ですので、ぜひ、お店の公式HPから予約して、
カフェタイムを楽しんで来てくださいね!

(文・安部愛子 写真:山本陽子)

記事を書いた人
安部愛子/滋賀県大津市出身・在住。びわ湖から唯一流れ出る川・瀬田川を身近に感じながら育ちました。大学進学を機に県外に出るも、びわ湖のない土地に窮屈さを感じ、びわ湖のありがたみを実感!
滋賀の地域情報紙記者を経て、現在は子と共に育ちながら滋賀の魅力を再発見しています。

『Cafe Jinta』の店舗情報

住所
〒520-2134 滋賀県大津市瀬田1丁目26−27
電話
050-3196-5055
定休日
火曜日
営業時間
11:30~17:00 (料理L.O. 16:00 ドリンクL.O. 16:00)
HP
https://jinta.online
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 雑木林の中にある本の世界へと繋がる扉。『むあ文庫』が10年ぶりに…
  2. ご飯のアルデンテ!?土鍋ご飯と旬の食材でもてなす『自然坊(じねん…
  3. 【閉店】滋賀県の”富士山”を見渡せる場所に建つ、絶景カフェ『三上…
  4. 外観 信楽焼の魅力がつまった、小さな隠れ家カフェ『てまひまうつわ』
  5. 山猫軒窓辺 まるで童話の世界。“猫の湧く本棚”がある古民家喫茶『山猫軒』
  6. ヴォーリズ建築の中の洗練空間で本格コーヒーを。ゆったりと過ごせる…
  7. 滋賀のタイ王国へようこそ!タイ政府が認めた本場の味「サヤームエラ…
  8. ”しょうゆソフト”や、舌までまっ黒ソフトまで?!滋賀で見つけた個…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP