カフェ・お店

地元野菜の美味しさがギュギュっと詰まった!サンドイッチの概念が変わる『NICOLAO』のご馳走サンドイッチ

パンドミサンド

【NICOLAO Coffee And Sandwich Works/滋賀県草津市】

スマホ片手には食べられないサンドイッチ。
「食べる」ことに意識を置くと、
パンと野菜をしっかり「味わいながら」食べられる。
野菜ってこんなにおいしかったんだ!と改めて感じるにちがいありません。
見た目に美しく、食べて美味く、体にウレシイ。
滋賀県草津市あおばな館内にある『NICOLAO』では、
サンドイッチの概念が変わる“ごちそう”サンドイッチが味わえます。
なんと、早い時には14時に完売するのだとか!
常連さんやリピーター客も数多く足を運ぶという
『NICOLAO』をご紹介します。

自然に囲まれたロケーション。たどり着いた場所とは?

JA外観
ナビが示す通りに車を走らせ、着いたところは
『JA草津市農畜産物交流センター草津あおばな館』。

あおばな館外観
・・・カフェの雰囲気は、外観からはあまり感じられません。
本当に、ここにオシャレな人気のお店があるのでしょうか。
半信半疑になりながらも、建物の中へと入りました。

あおばな館の」中

朝採りの新鮮野菜や果物、お米や花など草津の特産物の直売所。
館内の加工ファクトリーで作られたお惣菜やお味噌など、
まるごと草津のおいしさが詰まった館内。

しかしカフェらしき雰囲気が見られません。
たしかに「新鮮野菜」というワードは一致するのですが・・・。

お店入り口

ありました!あおばな館1階の奥に手書きのメニューボードを見つけました。
黒板に書かれたサンドイッチの野菜の比に、期待感が高まります。

店内

店内は明るくナチュラルな雰囲気。約30席の店内をまっすぐ奥に進むと
注文カウンターがあります。

「全てはパンを味わってもらうためのバランス」。こだわりぬいた素材たち

お店注文口

暖かい雰囲気の手描きのメニューボード。
サンドイッチは約20種類、ドリンクは30種類以上!

サンドイッチに使われるパン生地は、薄い食パンにこだわった「パン・ド・ミ」、
フランスパンよりちぎりやすく「クープ(切り込み)はバリバリ・外はパリパリ・中はモチモチ」
の三大要素にこだわった「チャバッタ」、パニーノ(パニーニ)をピザ生地で作った
「ピッツァビアンカパニーノ」の3種類。

パンは全て近江八幡市の「壱製パン所」さんのもので、材料や配分など
何度も時間をかけてディスカッションしました。
サンプルを作り、野菜との相性を考えぬいた、まさに厳選されたパン。
「でも、まだフルラインナップではない」という言葉の先には、
「まだまだ進化し、美味しいパンを作り続ける」という思いが見えました。

チャバッタ&パンドミ

今回は数あるサンドイッチの中から、オーナーの板東さんが2種類を
チョイスしてくれました。こんなの見たことない!

野菜は草津市の名産である「愛彩菜(あいさいな)」をはじめレタスやトマト、
パクチーなど、草津市産のものを中心に使用。フレッシュな野菜が美味しさのポイントです。

「野菜が多いのが特徴ですが、全てはパンを味わってもらうために
バランスを考えています。」とのこと。

人気No.1の「ビーンズバジルチキン」(写真手前)。生地はパン・ド・ミ。
薄くてモチモチの生地にこだわった野菜たっぷりのサンドイッチです。
「フレッシュでヘルシーなサンドイッチをお腹いっぱい食べても
低カロリー・低炭水化物なので女性に人気です。」

パンドミ アップ

「具がギッシリ詰まった」とはこのためにある言葉なのでは、と思うほど。
バジリコチキン・ひよこ豆・レッドキドニービーンズ・トマト・クリームチーズ・
グリーンリーフが一度に味わえます。
最初はペーパーの端を少し破って食べていき、半分ほど食べたらパンで挟むようにします。

「こんなにひとつのサンドイッチに向きあって食べたのは初めて」というお客さんの声も
あったそうで「それって実はとても大事なこと」と坂東さん。
スマホ片手には食べられないサンドイッチなので、「食べる」ことに意識を置くと、
パンと野菜をしっかり「味わいながら」食べられる。
「野菜ってこんなにおいしかったんだ!」と改めて感じるにちがいありません。

新商品サバサンド

こちらは2月から販売される新商品「愛彩サバサンド」。生地はチャバッタ。
焼き鯖と、愛彩菜・キャロットラぺ・セロリラぺ・トマトの入ったサンド。
愛彩菜は苦みと辛みが特徴の、別名わさび菜と呼ばれる野菜です。

サバサンドハーフ

半分にカットしていただきました。
パンと野菜の中から顔を出すのはオリーブ塩鯖!鯖の旨味とフレッシュな野菜、
そしてパンの味がしっかり味わえる一品。
ボリュームがあるので、ガッツリお腹を満たしたい人はもちろん、
骨が抜いてあるので小さな子どもにも食べやすくてオススメ。

本格エスプレッソマシーンでスペシャルなドリンクを!

ほうじ茶ラテ

ドリンクは期間限定の「ほうじ茶黒蜜きな粉ラテ」を注文。お茶で有名な信楽町朝宮の
山本園のほうじ茶をベースに特製きな粉をブレンド。
さらに、黒糖・麦芽糖・オリゴ糖・黒蜜・ゴマパウダーといった“体に良いもの”だけを使用。

やさしい甘さで、ほっこり癒されます。中に茶葉たっぷりのパックが入っているので、
最初はクリーミーな味わい、飲み進めるにつれ、ほうじ茶の香ばしが際立ち、
飲むごとに少しずつ違った味わいが楽しめます。

2月中旬までの限定ですが、好評につき、少し内容を変えて定番メニューになる予定。
このような期間限定メニューは年中登場し、「季節を感じられるもの」を
提供しているそうです。
次回は濃厚なチョコレート系のドリンクを予定との事で楽しみですね!

『NICOLAO』ではエスプレッソマシーンで淹れているのが大きな特徴。
個人の店舗で導入しているお店は県内でもほとんど無いそうです。
「そのお客さんのための一杯」を丁寧に作り、また、その時のお客さんの気分や好み、
体調まで対応し、要望・希望に応えてドリンクを作ってもらえるそうです。

あらゆる要望にきめ細かく応えられるのは、今まで培ってきた経験と高いスキルによるもの。
その場で生まれるドリンクもあるのだとか。

人と人が集い・出会い・つながれるお店を目指して

 オーナー 坂東さん

取材時、笑顔で迎えてくれたのはオーナの板東寛史さん。
「本当に美味しくてヘルシーなサンドイッチを、本当に美味しいコーヒーと共に
提供したい」という思いで、以前働いていたカフェから独立しました。

その時はまだ新たな店舗は決まっていなかったそう。
しかし、前店での最終日、閉店1分前に常連のお客さんが来店し
「こんな場所があるから、やってみない?」と紹介されたのが、ここ「あおばな館」。

地元野菜の直売所に隣接していることを知り、願ってもない場所!
ということで、ここに『NICOLAO』をオープン。ご夫婦で経営されています。
まさに「点と点が繋がった」と笑顔で語ってくれました。

急展開の中で移転先を伝えられなかったお客さん達も、不思議と新店舗の情報
を聞きつけて来店。
前店の常連さんは、なんとほぼ全員通ってくれているそうです。
きっとお二人の人柄と、美味しいサンドイッチとコーヒーが、みんなを引き寄
せているのでしょう。

くつろげる店内は “手作り・DIY・ナチュラル” がカギ

店内インテリア

店内は優しい雰囲気。ナチュラル・グリーン・フラワーといったキーワードを基に、
オーナーの好きな北欧テイストをプラス。
多くのインテリアはDIYによるものだそうです。ちょこんと置かれたかわいいガラスのランプは、
なんとオーナーのお母様の作品なのだとか!

店内インテリア

伝えたイメージ通りに作られた作品は、お店のあちこちで、
やさしい灯りとなって私たちを迎えてくれます。

店内インテリア

フラッグも手づくり。流木は安曇川へ拾いに行ったそうですよ!

店内インテリア

店内インテリア

ナチュラルなインテリアに囲まれて、ゆっくりとした時間が過ごせます。

開放感いっぱいのテラスは四季を感じられる特等席!

案内ボード

テラス席があるようです。

サイクルスタンド

案内通り出口右側へ。
サイクリストのお客さんも多く、スタンドが設置されていました。

テラスへの階段

そして階段を上って2階へ。

2Fテラス

解放感いっぱいのテラス席にはハンモックやデッキがあり、フリーに楽しめそう。
ここからの眺めは視界を遮るものが少なく、比叡山から比良山系が望めます。
冬は雪景色、春には桜並木と四季が感じられますよ。

夕日とサンド・ラテ

夕方にはオレンジに輝く美しい風景から、別名「夕陽のテラス」とも
呼ばれているとか。
テラスで自然を眺めながら、より贅沢な時間をすごしてみては。

何度でも通いたくなるお店。

オーナー

「一度、来てみて下さい。」

読者に向けて一言をお願いすると、そう答えてくれました。
「多くの伝えたい事が、伝わると思います」と話す板東さん。

「本当に美味しくてヘルシーなサンドイッチを、本当に美味しいコーヒーで
お客様とつながりたい。それはシンプルでありながらゴールの無いもの。」
妥協することなく、お客さん一人一人のために美味しいものを提供する。
その姿に私たちは魅了されるのでしょう。

パンドミサンド

“ヘルシーでフレッシュなサンドイッチを日々の生活に”
『NICOLAO Coffee And Sandwich Works』

(写真・文:くものすけ)

『NICOLAO』を地図でみる

JA草津あおばな館内

草津あおばな館

→大きい地図で見る

『NICOLAO』の店舗詳細

住所
滋賀県草津市下笠町3203草津あおばな館1F ファーマーズカフェ愛彩【→地図】
営業時間
9:00~18:00(ドリンクL.Oは17:30)
定休日
火曜日と第1・第3月曜日
CONTACT
お問合わせ・予約は公式サイトのお問い合わせフォームより
公式サイト
NICOLAO
母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 高島の自然がまるごと詰まったカレーで都市と地方をつなぐ「カリー食…
  2. ファブリカ村(滋賀県東近江市/能登川)[カフェ]
  3. 忍びの里に存在する『甲賀コーラ』と伊賀の『忍ジャーエール』を飲み…
  4. epice cafe<エピスカフェ>(滋賀県彦根市)
  5. 雑木林の中にある本の世界へと繋がる扉。『むあ文庫』が10年ぶりに…
  6. まるでここは北海道?!大自然のもと「かまど」で炊くご飯と新鮮野菜…
  7. 滋賀県初!新しいスタイルの”ボルダリングカフェ”が彦根に誕生!
  8. 外観 世界一周の果てにたどり着いた場所。森の中の「TOPPIN OUT…



母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中
PAGE TOP