カルチャー

「働く」の理解が深まる仕組みづくり。中学生チャレンジウィークを密着レポート!【滋賀ぐらしレポート04:中学生チャレンジウィーク】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

滋賀県内の小中学校で行われている体験学習を紹介する【滋賀ぐらしレポート】。
第4回目は、中学2年生を対象に実施される「中学生チャレンジウィーク」をご紹介します。
これはその名の通り、実際に中学生が地域の事業所で「働く」にチャレンジする1週間です。

訪れたのは、犬上郡豊郷町にある「愛里保育園」。
0歳~5歳児までの保育を行っています。
ここで豊郷町立豊日中学校の生徒たち7人が
“チャレンジウィーク”を体験しているということで、その様子を見にいってきました!

保育園でのチャレンジウィークをご紹介

チャレンジウィークが実施される事業所は、保育園以外にも、ガソリンスタンドや書店、病院、ラーメン店、図書館、小学校などさまざま。豊郷町の場合は、事業所の前に「体験活動実施中」ののぼりが立ちます。のぼりを見かけたら温かい目で見守ってあげてくださいね。

保育園での主な仕事は、園児のお世話です。園児たちも優しいお兄ちゃん、お姉ちゃん先生に甘えたり、一緒に遊んでもらったり、なんだか嬉しそうです。

この日は、園児たちが楽しみにしていた芋掘りの日でした。畑までの移動はしっかりと手をつないで「いってきます!」

畑には園児らが春に植えたサツマイモが大きく育っていました。サツマイモの収穫に夢中な園児たち。園児と一緒に楽しみながら、でも危険がないよう気を配りながらサポートします。

チャレンジウィークの1週間(平日5日間)は学校での授業はなく、直接各事業所へ行き時間いっぱいまで働きます。実際に、高校生になってから職場体験でお世話になったところにアルバイトに行く生徒もいるそうです。地元で働くということの魅力を再発見できる機会にもなっています。

※「滋賀ぐらしレポート」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の移住ポータルサイト『滋賀ぐらし』で公開されています。

関連記事

  1. 滋賀の青春『大津パルコ』が来年8月末に閉店。県民の悲しみの声をま…
  2. 滋賀だけに咲く“奇跡の花”から生まれたオーガニックコ…
  3. 【滋賀区】首都圏の中に同居する“滋賀”その歴史の面影を探して
  4. ごはん大好き!「おかわりくださーい」の声が飛び交う試食会をレポー…
  5. 【前編】ここで共に生きる「無事の文化」が滋賀の風景だ。上田先生に…
  6. 唐崎駅の切符 140円で琵琶湖一周!「大回り乗車」に挑戦したら滋賀の広さが身に…
  7. 集合写真 『ももいろクローバーZ』が東近江にやってくるZ !!
  8. 小谷さん夫妻 移住の一歩は、家族の大きな一歩。移住で手に入れた理想の子育て環境…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP