カルチャー

滋賀に“お試し移住”してみる?多賀町の『八重練シェアハウス』での移住体験をレポート!

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【しがトコPR:農山村でのお試し移住】

雄大な山や田んぼに囲まれた
滋賀県多賀町の八重練(やえねり)集落にある
古民家をリノベーションした『八重練シェアハウス』。

もともとは滋賀県立大学に通う学生のために
リノベーションされたシェアハウスでしたが、
コロナ禍を経たいま、
“田舎暮らし”や“地方移住”のための
「お試し移住」の拠点として活用されています。

実際にこの『八重練シェアハウス』を拠点に
2021年11月から約1か月間、利用された、
平石武さんに密着し、お試し移住の様子をご紹介します!

滋賀県多賀町にて、農山村お試し移住

八重練集落

『八重練シェアハウス』があるのは
多賀町の山間部にある「八重練(やえねり)」という農山村。
住宅街の後ろには山が広がり、
かつては林業なども盛んだった集落。
道路沿いには昔ながらの立派な日本家屋が立ち並んでいます。

多賀町には“お多賀さん”の愛称で親しまれている
「多賀大社」など古い神社やお寺が多く
歴史的景観と生活が一体となった場所です。

高齢化で過疎が進み、空き家が増えているのも現状で
シェアハウスもその問題解決のために作られました。

八重練シェアハウス外観

こちらが八重練シェアハウスです。
修繕のためトタンが被せられていますが
昔ながらの茅葺き屋根の立派な古民家。

長く空き家で、老朽化がかなり進んでいましたが
地域団体「地域再生プロジェクトみなおし」の呼びかけで
滋賀県立大学生らと一緒に改修工事が進められました。

それでは、中へ入ってみましょう!

木の温もりに包まれた『八重練シェアハウス』

玄関

広いっ!さすが古民家!
入ってすぐの玄関土間がものすごく広いです!
友達20人集まっても、靴の置き場に困りませんね(笑)

リビング

こちらは共用スペースのリビング。
柱や梁は元の建物のものを利用していますが
床や壁には多賀町産の無垢の木がふんだん使われています。
木の質感がなんともいい感じ。

案内する中西さん

案内をしてくれたのは、管理人でもあり
「地域再生プロジェクトみなおし」代表の中西茂行さん。

「古民家って寒いイメージあるでしょ。
それでは住んでくれる人が困るだろうと思って
蓄熱式暖房機を3台設置してるんですよ」とのこと。

たしかに!足元からなんだかぽかぽか暖かい!
冬は雪が積もることもある多賀町の古民家で
この心遣いは嬉しいです!

中央のテーブルはグランドピアノを再利用したものなんだそう。

格子壁

格子状の棚は、耐震も兼ねているんだとか。
学生たちの工夫のあとが垣間見えます。

キッチン

木を使ったキッチンもおしゃれ!
IHコンロや電子レンジ、冷蔵庫、食器など
生活必需品もだいたい揃っています。

個室

鍵がついたプライベートルームは4室。
ひとりで利用するには十分な広さです。

窓から見える景色は緑一色!
外を猿が走り回ってる姿も見かけるのだとか。

八重練シェアハウス外観

これだけの設備が整ったシェアハウスで
利用料は1ヶ月25,000円!

大自然に囲まれながら、のんびり暮らせます。
彦根ICや湖東三山スマートICから
約10分とアクセスもよく
ここを拠点に滋賀をあちこちめぐってみるのもよさそうです。

製材体験や収穫体験も。お試し移住で気づいた滋賀の農山村の魅力

シェアハウスの前に立つ平石さん

八重練シェアハウスで1ヶ月間、お試し移住をした
平石さんにお話を伺いました。

平石さんは、大阪府出身のフリーランス・クリエイター。
東京でデザインや映像制作の仕事をしていましたが
仕事のすべてがオンラインで完結するようになったため、
地方への移住を考えるように。

平石さん

滋賀にやってくることになったのは、
実家のある大阪の近くで移住先を検討しているなかで
滋賀県が実施し、しがトコで企画運営している事業
滋賀の農山村お試し移住プラン」に応募したことがきっかけ。

「多賀での暮らしは、全然不便じゃないですね。
平日は、彦根のカフェやコワーキングスペースで仕事できるし、
商業施設やスーパー銭湯も近くにあるから、むしろ便利。
でも、夜にシェアハウスに帰ってくると、
鹿や猿が出たりもする。
その便利さとのギャップが新鮮ですね」

1st.BASE
(photo by 1st.BASE

平石さんは、土日もアクティブなようで
「知り合った人に声をかけてもらい、
草津市や甲賀市など、県内をあちこち回りましたね。
ほかにも、地元のローカルラジオに出演したり、
多賀のディープスポットを案内してもらったり。
1か月じゃ全然、足りなかったですね(笑)」
と、滋賀ぐらし&多賀ぐらしをかなり満喫されてるよう。

製材体験

なかでも印象深かったというのが製材体験。

多賀町は町面積の85%が森林で
古くから林業が盛んです。

大きな機械を使って丸太から材木を切り出していく
製材現場を見学し、機械の操作も体験したそう。

林業が直面する担い手不足や
新たな取り組みなどにも触れ
考えさせられることの多い貴重な1日となったそうです。

にんじん収穫

また別の日には、多賀町の伝統野菜「多賀にんじん」の収穫体験も!
ジュースやかき氷のシロップにも使われるほど
甘味たっぷりの「多賀にんじん」。
この日収穫したにんじんは、
福祉作業所で加工して「乾燥にんじん」として販売されます。

平石さんは、もうしばらく滋賀県内のシェアハウスを転々としながら
滋賀県内で“お試し移住の旅”を続けてる予定だそう。
ぜひ、滋賀の魅力をたくさん感じてもらいたいですね!

『農山村でのお試し移住』に興味がある人は、地域の受入団体へ!

一般社団法人地域再生プロジェクトみなおし中西茂行さん

お試し移住にもぴったりな『八重練シェアハウス』。
「ちょっと、試してみたいなぁ」という方は、ぜひ、
移住受入団体の「地域再生プロジェクトみなおし」まで、
お問い合わせください!
中西さんが、笑顔で多賀での暮らしもサポートしてくれますよ。

農山村の風景

また、この他のエリアでも、滋賀県内には、
お試し移住を受け入れされている地域団体がたくさんあります。

しがトコで企画制作した「農山村でのお試し移住プラン」では、
県内の6つの施設をご紹介していました。

各エリアは、今後も継続的に、
お試し移住を受け入れされています。

興味がある方は、特設ページの各プランを、
ぜひチェックしてくださいね!

農山村でのお試し移住プラン – 滋賀県
(移住プラン自体は、募集期間が終了しています。
各受入団体では継続的にお試し移住の受け入れをされているので直接お問い合わせください)

(文・写真:しがトコ編集部)

『八重練シェアハウス』を地図でみる

彦根ICより車で約10分

八重練シェアハウス

→大きい地図で見る

『八重練シェアハウス』の施設詳細

住所
滋賀県犬上郡多賀町八重練617 【→地図】
お問合せ
一般社団法人地域再生プロジェクトみなおし

『農山村でのお試し移住』の関連記事

ちょこっと1ヶ月だけ田舎暮らし。滋賀の『農山村お試し移住プラン』の募集が始まりました!

農山村ならではの農業?子育ても?!<農山村ぐらし座談会~びわ湖の東編~>

テレワークや田舎暮らしの気になるコトは?!<滋賀の農山村ぐらし座談会 ~びわ湖の西編~>

しがトコ採用情報

関連記事

  1. ひこにゃんマンホール 実は奥深い“マンホールの蓋“の世界!滋賀県内にも素敵なデザインが…
  2. 【びわ湖の南編】滋賀のリフレクションスポット紹介!
  3. サンミュージックやAmazon.co.jpでも発売中!「滋賀の絶…
  4. 滋賀のやまと人の歴史とは?「人とやまの関わり 祈りと恵み」のトー…
  5. 高島にきて家族の笑顔が増えました【滋賀ぐらしインタビュー暮らし・…
  6. お堂型フォトフレーム『おうちでご開帳!』自宅でも“マイ本尊”が拝…
  7. びわ湖があるから走るんだ!”昼休みランナー̶…
  8. テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP