カフェ・お店

地元で愛され続ける、服を売らない洋品店『カフェ・フジタニ洋品店』

15フジタニ正面
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【カフェ・フジタニ洋品店/滋賀県大津市】

1949年に開業した『フジタニ洋品店』。
先代の店主が90歳で閉店するまで親しまれていた店の看板を引き継ぎ、
服を売らない洋品店の「カフェ」として2018年にリニューアルオープン。
洋品店からカフェへと変化しながらも地元で愛され続けている
『カフェ・フジタニ洋品店』をご紹介します。

叔母の洋品店からカフェへ

5フジタニ絵の写真
京阪島ノ関駅から南西・県庁方面に向かって歩き、
一つ目の角を左に曲がると、
どこか懐かしい小口タイルをあしらった建物が見えてきます。
ノスタルジックな字体で掲げられた看板が目印です。

『フジタニ洋品店』は、店主・吉井佳弥子(よしいかやこ)さんの
叔母の藤谷静子さんが、25歳になる1949年に洋品店として開業。
90歳で閉店するまで、地域の人が集まる
憩いの場としてもにぎわっていたそう。

3フジタニ看板
93歳で叔母がなくなり、建物の整理をしていた
吉井さんは、閉めっぱなしのシャッターが気になり、
今までの様に地域の人の憩いの場にしたいと
2018年11月28日、いっせん焼き&カフェをオープンしました。

昔ながらの「いっせん焼き」をカフェメニューに

10フジタニいっせん焼き焼く
「昔は、小さなたこ焼きやさんがたくさんありましたよね。
子どもたちが小銭をもって、おやつを買いにいくような。
そんなほっこりとした場所にしたくて、
100円で買えるいっせん焼きを提供しています」と店主の吉井さん。

11フジタニ いっせん焼き
いっせんやきは、北海道産小麦を使用し、
お好みソースは化学調味料不使用。
油も菜種100%のものを使うなど、
こどもたちに安心して食べてもらいたいと
材料からこだわっています。

6フジタニ椅子
木の香りが心地良い店内で、
カフェメニューをゆっくりといただくと、
大人も子どもも、ほっとくつろげる一時に。

リフォームを担当したのは左官職人である、
吉井さんの義理の息子さん。
人にも環境にも優しい空間を作るために、
内装には、なるべく土に還るものにこだわって、
杉、土などの自然素材をできるだけ多く使用しているのだそう。

ほっこり癒される、コーヒー&スイーツ

12フジタニ豆ひく
「まあ、おすすめのコーヒーでも飲んでください」。
吉井さんがお気に入りの奈良県の『珈琲の富田屋』
から仕入れる豆を挽いてくれました。
ほぼ月一で替わる豆の種類は、
吉井さん自ら好みのものを選別。

13フジタニコーヒー
この日いただいたコーヒーは
「ユルマセユルス」というエチオピア産の豆を使用。
豊かな香りですっきりとした、コーヒー好きにもたまらない味!
信楽の陶芸作家・奥田美恵子さん作の
コーヒーカップも趣があります。

14フジタニ和パフェ
「これも身体に優しくて、美味しいのよ」と出してくれたのは、
吉井さんの次女さんが考案した「和パフェ」。
黒ごまプリンを土台に、上にはプルプルの無農薬抹茶寒天、
自然な甘味の無農薬玄米甘酒アイス、
注文を受けてから作る白玉、北海道産小豆の粒あん、
黒蜜&きなこ、と食感が違う素材を愉しめます。

裏山で採った竹に漆を塗った手作りの器も目に心地良く、
吉井さんが淹れてくれたコーヒーと一緒に味わうと、
本当にほっこり、癒されます。

愛着のある店名、愛され続けるお店

4フジタニ店絵

「この絵は叔母の友人が書いてくれたのですが、
この通り、開業当時はショーウィンドーがあって、
地域のみなさんに愛される洋服屋さんでした」。

15フジタニ正面
「よく、カフェなの?洋品店なの?と首をかしげられるんですよね。
でもみなさんが、愛着をもってくださっている店名で
叔母のおもいがこもった店名を残したくて」と吉井さん。

16フジタニ店主
近くの小学校の下校時間になると、
お店を覗き込んでくれる子どもたちもいるのだとか。

「ふらっと立ち寄って
ほっと、くつろいでいただければ幸いです」。

何よりも吉井さんの人柄が、
みんなから愛され続けるお店の理由なのかもしれません。

(写真・文 安部愛子

記事を書いた人
安部愛子/滋賀県大津市出身・在住。びわ湖から唯一流れ出る川・瀬田川を身近に感じながら育ちました。大学進学を機に県外に出るも、びわ湖のない土地に窮屈さを感じ、びわ湖のありがたみを実感!
滋賀の地域情報紙記者を経て、現在は子と共に育ちながら滋賀の魅力を再発見しています。

『カフェ・フジタニ洋品店』を地図で見る

京阪島ノ関駅より徒歩3分

 →大きい地図で見る

『カフェ・フジタニ洋品店』の店舗情報

住所
滋賀県大津市中央4-6-59(→地図
電話番号
077-522-2195
定休日
日・月・火曜日
営業時間
モーニングカフェ10:00~12:00/いっせん焼きカフェ12:00~16:00
Instagram
https://www.instagram.com/fujitani_ohtsu

関連記事

  1. 黒いサンドイッチ 黒い食パンに戦国ネーミングで話題!行列の絶えない”黒いサンドイッ…
  2. 店内2 世界が認めた『近江のお茶』。東海道の老舗「中川誠盛堂茶舗」のコダ…
  3. 特等席 この景色を独り占め!のんびりスイーツで四季を味わう『並木カフェ …
  4. 長い年月と物語を経た”ヴィンテージ”の世界と出会える雑貨店『id…
  5. 東京・上野にオープン!滋賀の手土産にぴったりな酒粕スイーツのお店…
  6. ノラカフェ 外観 ノラカフェ(滋賀県甲賀市水口)[カフェ]
  7. 店内 雑貨にカフェ、アウトドアまで!1日遊べる新スポット『GREEN …
  8. 外観 信楽焼の魅力がつまった、小さな隠れ家カフェ『てまひまうつわ』
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP