カフェ・お店

信楽の自然をめいっぱい感じられる絶景カフェ。玄米と発酵食のお店『BROWN RICE AND WATER』

【BROWN RICE AND WATER/滋賀県甲賀市信楽町】

目の前には、広大な芝生の広場と信楽の大自然。
信楽の自然をめいっぱい感じられる絶景カフェが
リニューアルオープン!

“陶芸の里”として有名な信楽にある『滋賀県立陶芸の森』。
その中にある『UP CAFE』は休日には行列ができるほどの
人気店でしたが、この4月1日に『BROWN RICE AND WATER』
としてリニューアルしました。

北欧風の料理から、玄米と発酵食のお店へ。
「“非日常”の景色を見ながら、身体が喜ぶ美味しいお食事を
提供したい」そう語るオーナーの能登さん。

注目の新メニューについて、大きな方向転換の理由などを
うかがってきました。

信楽の自然をめいっぱい感じられる絶景カフェ

外観
『BROWN RICE AND WATER』がある滋賀県立陶芸の森は、
40ヘクタールの広大な敷地内に、“やきもの”をテーマにした美術館、
産業振興施設、研修施設を備えた公園です。

お店からの景色
ガラス張りの店内から見えるのは、
この広々とした芝生の広場と信楽の澄んだ大きな空。
この広場では春と秋に作家市やセラミックアートマーケットが開催され、
全国から毎年数万人が訪れます。

登り窯
標高300メートルから眺める町並みや登り窯から、
信楽の豊かな自然と、ここが陶芸の里であるということを実感。

店内1
壁2面がガラス張りなので、店内はとても明るく
暖かな日差しや信楽の大自然を屋内にいながらも感じることができます。

店内3
壁も特注のこだわりカラーに塗り替えて、シックで落ち着いた雰囲気に。
一新されたというメニューにも期待が膨らみます!

玄米と発酵食がメインの新メニュー!

ガーデンプレート
こちらが新メニューの『ガーデンプレート』1,480円(税別)。

信楽産有機栽培コシヒカリの玄米を特殊な圧力鍋で炊き上げ、
それを2日間寝かせた“発酵玄米”を味わうことができます。
もちろん野菜もたっぷり!塩麹を使った野菜スープもついて
健康的でお腹も大満足。

発酵玄米とスパイスカレー
『発酵玄米とスパイスカレー』は1,280円(税別)。
モチモチとした発酵玄米と2種類のあいがけカレーが楽しめます。
マサラから手づくりのカレーは野菜の旨味に加え、
出汁の隠し味がスパイスの旨味を引き立て癖になる美味しさ!

米粉のピザ
米粉を打ち込んだ『自家製ベーコンと野菜のPizza』1,380円(税別)も
自慢の一品です。

かぼちゃのブラウニー
もちろん身体にやさしく美味しいスイーツも豊富です。
季節の野菜や果物を使用したブラウニーや、
じんわり身体にしみこんでいくような優しい味わいのスイーツが
日替わりで並びます。

料理やスイーツは、季節や旬に合わせて変わっていくそうで、
訪れるたびに新しい味に出会えるのも嬉しいですね。

信楽で心も身体も整える。決意のリニューアル

オーナー夫婦
『BROWN RICE AND WATER』オーナーの能登正太郎さんと、
店長の英里さんご夫婦。
笑顔が素敵なお二人に、今までの人気カフェから
大きな方向転換した理由をうかがいました。

2012年にUP CAFEをオープンして以来、
「もっと食を知りたい!」と学びながら突き進んできたお二人。
日本食の奥深さ、発酵食の魅力に改めて気づきます。

信楽の美味しいお米との出会いもあり、
“お米を軸としたお店”にリニューアルすると
意見が一致したそうです。

店内2
「忙しい日々を送り、PCやスマホと向き合いすぎて疲れた心身を、
本当に美味しくて身体に優しいお料理で整えてほしい」
と英里さんは話します。

日本の食文化もずいぶんと変わってきました。
時代に合わせて便利に、そしてここ数年はSNSの普及で
どんどん華やかに進化してきています。

こんな時代だからこそ、
「昔から受け継がれてきた伝統的な日本食をベースに、
自分自身が“進歩した”ことを届けていきたいんです」と、
正太郎さんはリニューアルに強い決意を持って臨みます。

芝生の広場
訪れる人は口をそろえて「いいところだねぇ」と
言ってくれるそうです。

この“非日常”の景色と、身体のことを考えて丁寧に
作られた料理があれば、帰路につく頃には心も身体も
ふんわりと軽くなっているのではないでしょうか。

春の信楽はイベントも続々!

信楽の狸
駐車場では、「これぞ信楽!」というタヌキさんもお出迎え。
冬が厳しい信楽も、いよいよ春を迎えてこれからは
楽しみなイベントがもりだくさんです。

テラス席
テラス席は争奪戦!ここなら子どもを遊ばせながら、
大人はゆっくりカフェタイムも可能ですね。

テイクアウトメニューも用意されているので、
芝生広場でピクニックするもよし、
信楽の街を散策しながらお気に入りの場所で食べるもよし。

外観
生まれ変わった『BROWN RICE AND WATER』を
ぜひ訪れてみてくださいね。

(写真提供:BROWN RICE AND WATER)

『BROWN RICE AND WATER』を地図でみる

『滋賀県立陶芸の森』内

滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7

→大きい地図で見る

『BROWN RICE AND WATER』の店舗詳細

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7【→地図】
電話
0748-83-2882
営業時間
Lunch 11:30~15:00
Cafe 10:30~17:00
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は営業。翌火曜日がお休み)
    ※陶芸の森のカレンダーに準ずる
公式サイト
http://brownriceandwater.jp/
母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 空気がおいしい高島市に登場!『発酵』と『水』がテーマの体よろこぶ…
  2. まるでここは北海道?!大自然のもと「かまど」で炊くご飯と新鮮野菜…
  3. パンドミサンド 地元野菜の美味しさがギュギュっと詰まった!サンドイッチの概念が変…
  4. いちご大福 上品な白あんに大粒のいちごがゴロリ!ひと口食べると虜になる『嶋屋…
  5. セレクトショップはここまで進化した!雄大な景色もお店の一部にして…
  6. [閉店]ミツバチも引き寄せられる森のお店「BASE FOR RE…
  7. coccori(コッコリ) coccori<コッコリ>(滋賀県高島市)
  8. カウンター 旅を愛する店主の世界観が魅力!異国の記憶で作るお菓子とお茶『Ru…



母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中
PAGE TOP