イベント

秋の「イナズマ」本番に向け全国60店舗が集結!大盛況の『イナズマフードGPXL』レポート!

イナズマフードGP

【イナズマフードGP XL 2024 in草津/滋賀県草津市】

ほたてバターに、牛串カツ、アワビの浜焼きにルーローハンも!
全国から60店もの“美味しい”が集結する
グルメイベント『イナズマフードGP XL 2024』が、
気持ちいい青空の下、今年も開催されました!

このイベントは、秋に開催される「イナズマロック フェス」への
出場をかけたバトルイベント。
お客さんからの投票で上位になったお店だけが本番に出店できます。
それだけに、各店舗とも真剣そのもの!

熱く盛り上がっていた会場の様子をレポートします!

会場はJR草津駅前の「YMIT アリーナ」

YMITアリーナ

イベント会場は、JR草津駅から歩いて15分の「YMITアリーナ」。
一昨年までの「イナズマロック フェス」では
バス発着場にもなっていた場所です。

会場までの道路には、いくつもノボリが立てられていて、
歩いてるだけでもワクワクします!

会場MAP

今年はなんと、全国から60店舗が集結。
美味しいものを目当てに、家族連れから年配の方まで、
会場内は大賑わい!

どれを食べるかだけでも悩みます。

全国60店舗のご当地グルメが集結!

味のイサ厶

まずは行列が目を引くお店へで行ってみます。
こちらは、埼玉県から出店している「味のイサ厶」さん。
テレビ番組「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」に登場し
人気が全国区になったお店です。
昨年の王者でもあります。

行列の後ろまで行ってみると・・・

最後尾

なんと、そのまま会場を一周。
お店の名物の「豚のからあげ(豚から)」がものすごい人気です!

食べてみたかったものの並んでるだけで
1時間はかかりそうとのことで、今回は断念。

甲賀流忍者黒からあげ

続いてこちらは、「甲賀忍者流 黒からあげ」。
ご当地キャラ「匠ポン山」師匠が子どもたちに人気です。
幼少の頃から陶芸家を目指していたという
ストイックなご当地キャラです。

甲賀市商工会青年部

出店は、今回が初出場の甲賀市商工会の青年部チーム。
匠ポン山師匠と一緒にニンニン!

「甲賀忍者流 黒からあげ」は、
地元の小学生が考案したメニューを商品化したもの。
甲賀産の米粉で作った唐揚げに、甲賀産の抹茶マヨネーズがかかっています。
ガッツリと揚がった衣に爽やかな抹茶マヨが美味しい!

元祖ローストポーク丼

続いて立ち寄ったのは、全国丼グランプリで金賞経験もある
「元祖ローストポーク丼」。
ビーフよりもがっつり美味しいローストポーク!

美味しいものがたくさんあるのに、
丼を食べてしまうとそれだけでお腹がいっぱいに。

いろいろ食べて投票したいけど、なかなか難しい!
家族や友人と一緒に来て、シェアするのがおすすめです。

キッズコーナーも充実!子連れも楽しめる

キッズコーナー

会場内には、昨年からキッズコーナーも充実。
フォレストアドベンチャー・栗東」のモバイルコースは
専用のハーネスを着用し、本格的にアスレチック体験ができます。
子どもたちもとても楽しそう!

体育館内のサブアリーナでは「片栗粉のスライム作り」や
「ヨシを使ったペンダントづくり」など
体験コーナーもありました。

食べるだけじゃなく、家族で一日楽しめます。

ご当地キャラショーやキッズダンスショーも!

メインアリーナ

メインアリーナでは、ご当地キャラショーや、
キッズダンスショーも開催!

子どもたちの晴れ舞台を、みんなで応援。

体育館

メインアリーナでは、ステージをみながら、
食事ができるテーブルも用意されています。

屋内でゆっくり食べられるスペースがあるのもいいですね。

今年も「味のイサム」が二連覇!イナズマ本番が楽しみ!

グランプリ

投票の結果、2024年のグランプリは
「味のイサム」の元祖ぶたからが受賞!
準グランプリは、横浜中華街の名店「王府井」の焼き小籠包!

両店舗を含め、28店舗が
「イナズマロック フェス 2024」への出店権を獲得しました!

タボ君

「イナズマロック フェス 2024」は、2024年9月21・22日の2日間の開催。
「イナズマフードGP」の推しメニューもずらりと並びます。
いまから開催が楽しみです!

(文・しがトコ編集部/写真・林正隆)

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 大作の数々 繊細かつ大胆な作品に圧倒!『湖北のアール・ブリュット展2017』…
  2. しがトコ×滋賀県立近代美術館のコラボ「アートを楽しむインスタツア…
  3. 歴史と光のアートが融合したライトアップ!神秘的な『神あかり』が9…
  4. 次は俺たちの番だ!しがトコギャラリーで『滋賀レイクス展』を開催中…
  5. 静かな冬の森に“自然“を愛する作家が集う『森のアクセサリー展』は…
  6. 『鳥人間コンテスト』会場でわかった4つのこと
  7. 樹冠トレイルでしがトコSNSツアー開催しました!in琵琶湖博物館…
  8. わきあいあいとした雰囲気 歴史とともに受け継がれる「本物」にふれる『きのもとほんもの展』
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP