イベント

色彩華やかな祭りの世界、『祭りを彩るデザイン』展が開催中!

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀のええトコ:イベント】

伝統的な祭りの中にひそむ、色彩の華やかさ!
2月7日(日)までの間、守山市にある「うの家」で
『祭りを彩るデザイン Vol.1 守山』が開催されています。

華やかな色彩とカタチから見る祭り。
そんな色とりどりの世界を、楽しんでみませんか?

会場は守山宿“うの家”伝統的な祭りが勢ぞろい!

展示会場となっているのは、中山道のギャラリースペース
「守山宿・町家“うの家(け)”」。
この蔵を使って展示がおこなわれています。

unoke

守山のお祭りと言えば、
近江の奇祭とも「勝部の火祭り」など、
“火まつり”が有名ですね。

勝部の火祭り
→燃える炎と乱舞する若者たちが異世界。800年続く近江の奇祭『勝部の火祭り』:しがトコ

しかし、今回のイベントでは、
「祭りを彩るデザイン」というテーマのもと、
もう一つの大きな流れ、伝統的な“太鼓まつり”について、
華やかな衣装や飾りが展示されています。

目を奪われる大きな鉾(ほこ)!

会場内でひときわ目を引くのが、この、大きな鉾!

馬路石邊神社の鉾

これは、馬路石邊神社(うまじいそべじんじゃ)で、
実際に祭礼の中で使われているもの。

なんでも、ルーツは日本の三大祭と言われる
京都の祇園祭に関連しているそうで、
京都以外で、こういった鉾を使ったお祭り自体が珍しいんだとか!

鉾

中央に描かれてるのは、麒麟ですね。
このウラ面は、鳳凰でした。
年に一度、祭りのときにだけ使われる、この鉾。
これだけ間近で見られると、ちょっと得した気分にもなりますね。

守山の祭りが勢揃い、図録も発売中です

oumimatsuri_3

他にも、長刀(なぎなた)を使った「長刀祭り」や、
鮒寿司を実際に切りさばく「すし切り祭り」の衣装などが、
ところ狭しと展示されています。

IMGP1406
みてください、このカラフルな花笠!!
これは、長刀祭りで使われる衣装。
毎年、地域でより合って作り上げるそうですよ。
独特な世界観が広がってます!

matsuri_02_002

こちらは、すし切り祭りの展示。
実際に鮒寿司をさばく「包丁式」を終えると、
赤い毛髪をつけた「しっころ」や
ぜんしん赤一色に包まれた「ささら」などによる
“かんこの舞”が始まります。

matsuri_zuroku

会場内ではこれらの祭りを解説した図録も発売中(1部500円)。
伝統的な祭りについて、興味が深まりますよ。

滋賀ならではの、おもしろいお祭りが集まったイベント。
ほかではなかなか見ることができないものが勢ぞろいです!

会場では、主催者の一人である辻村耕司さんも在廊。
その丁寧な解説は、聞き応えたっぷりですよ。
辻村耕司さんは『近江の祭りを歩く』
という本も出版されていますので、
興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「祭りを彩るデザイン」会場を地図で見る

「うの家」内にて

滋賀県守山市守山1丁目10-2

→大きい地図で見る

「祭りを彩るデザイン」の概要

住所
滋賀県守山市守山1丁目10-2 【→地図】
会期
2016年1月30日(土)~2月7日(日)
時間
10時~17時(入場無料)
公式Facebook
近江の祭り研究所

関連記事

  1. カネ吉別邸 古民家が不思議なアート空間に!「BIWAKOビエンナーレ2016…
  2. 創作の起源を辿る企画展 『 ルーツ・ルーツ・トラベラーズ』が成安…
  3. 野外オペラ3 お寺でオペラが幻想的!11/5(日)三井寺で無料の野外オペラを開…
  4. 日吉大社西本殿ライトアップ 国宝の拝殿にオペラが響く!和と洋が織り成す一夜限りのエンターテイ…
  5. わきあいあいとした雰囲気 歴史とともに受け継がれる「本物」にふれる『きのもとほんもの展』
  6. 今年は成安造形大学で開催!『美の糸口-アートにどぼん!2017』…
  7. マリオットのハーブティ “青い”ラテアートにお団子も!美容と健康にいい『バタフライピー』…
  8. 美の滋賀BACKSTORY2020 県内のアートが一堂に!「美の滋賀BACKSTORY2020」を開…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP