カルチャー

高島にきて家族の笑顔が増えました【滋賀ぐらしインタビュー暮らし・子育て編】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀ぐらしインタビュー暮らし・子育て編】

本屋でふと目にとまった滋賀の本。
ページをめくると清らかな水やれんげ畑が広がる高島の美しい風景があり
「私ここに住みたい!」と思ったことをきっかけに、
高島への移住を決めたという鎗分(やりわけ)ゆかりさん。

滋賀ぐらしインタビューでは、大阪から高島へ移住してきた経緯や、
高島で暮らすようになって変わった子育てや仕事の話などを
思い入れたっぷりに話してくれています。

移住をきっかけに、子育てや暮らしが充実した
鎗分さんのライフスタイルを動画より抜粋してご紹介します。

子育ても生活も考え方も。豊かな環境が心を広げてくれた

__移住のきっかけを教えてください。

移住する前は大阪北部の団地に住んでました。
20代と40代で子どもを産みましたが、2人目がとっても元気な男の子で 。
「飛んだらアカン、走ったらアカン」ってよく怒ってました・・・。
ある日、エレベーターで会った下の階の人が私に「防音マット敷かれてますか?」って。
ちゃんと敷いてたんですけど、「すいません、すいません」と謝って。
そのときに「引っ越そう」と決意しました。

それから、本屋さんで「滋賀本」というのが目にとまって。
開いたページには、すごく綺麗な水が流れて、レンゲの花畑が咲いていて。
それが高島だったんです。「私ここ行きたい!ここに住みたい!」と思ったのがきっかけです。

__移住当時のエピソードをお聞かせください。

息子は当時笑顔が少なく、近所の人に挨拶をされても睨んだりしていました。
それでも、ご近所さんは根気強く声をかけてくれて。
春にはボウルいっぱいのイチゴをおすそ分けしてくれました。
高島には「食べだすけ」という言葉があり、「たくさん出来たから助けて」と言ってくださるんです。
手をかけるというよりも、いつも温かく見守ってくださるので、
私自身の心と体も楽になりましたし、息子の笑顔も増えました。

__高島はどんな町ですか?

春夏秋冬、風光明媚で、移住の受け入れに関してもウェルカムな町です。
道の駅や美味しい野菜の直売所も多く、休みの日に夫と色々な所をドライブで巡ります。
高島は「人よし、水よし、風景よし」で、その中でも一番は、やっぱり「人」です。
いろんな所で助けてくださり、子育てがしやすいです。
是非、高島にいらしてください

滋賀ぐらしインタビュー動画公開中。暮らし・子育て編の全編もぜひご覧ください!

関連記事

  1. ありがとう、ブルーインパルス!国宝・彦根城との夢の共演が実現
  2. メイン 大人もハマる!話題のバランス系スポーツ「スラックライン」【しがス…
  3. NHK メイン 今年開局80周年。 公開スペースも充実! 新しく生まれ変わる『N…
  4. 演劇の熱がここから!滋賀初の小劇場「滋賀里劇場」で『近江演劇祭』…
  5. 東京駅前に飛び出し坊やが登場!コクヨハク イベントレポート
  6. ライブ会場のような盛り上がり! “沸騰現場”が楽しいエンタメ性に…
  7. おうち食堂tuku_ta(つくった)の看板 日吉大社参道沿いの隠れ家カフェでいただく優しいお昼ごはん『おうち…
  8. らっこや正面 町屋に導かれるようにカフェをオープン。みんなが集い、語らう場に【…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP