カルチャー

琵琶湖で遊ぶと若くなる?!おやじサーファーに学ぶ、ウインドサーフィンのすすめ【しがスポーツSTORY#002】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【しがスポーツSTORY#002】

滋賀のさまざまなスポーツシーンを紹介する「しがスポーツSTORY」。
第2回目は、風の力で水面を滑るように走るスポーツ、
ウインドサーフィンをご紹介します。
色とりどりのセイルが琵琶湖に浮かぶ様子は、
滋賀では見慣れた光景のひとつではないでしょうか。
波が穏やかな琵琶湖はウインドサーフィンを
これから始めたい人にもぴったりなスポットだそうです。

世代を超えて楽しめる!生涯スポーツ

やって来たのは、彦根市南部と東近江市の境、
愛知川の河口にある新海浜。
北西のいい風が吹くゲレンデとして、
県外から訪れるウインドサーファーも多い人気の浜辺です。

案内をしてくれたのはウインドサーフィンをこよなく愛する久保亮太さん。

大学時代には、リオオリンピックに出場した
伊勢田愛選手とも一緒に練習をしたり、大会に出場をしていたそう。
仲間は就職を機にウインドサーフィンから離れていきましたが、
久保さんはウインドサーフィンを続けたい、
琵琶湖から離れたくないという想いで、
地元で就職を決めたといいます。

ウインドサーフィンは1967年にアメリカで発祥したスポーツで、
日本にも数年後に上陸。体験人口100万人、
愛好者は50万人ともいわれています。
久保さんのような若い世代はもちろん、
40、50代の愛好者も非常に多く、
サーフィンやボディーボードに比べると
大人のマリンスポーツともいえ、
一生涯楽しめるスポーツとして見直されてきています。

「僕の遊びの師匠です!」
久保さんが紹介してくれたのは平均年齢60歳のおやじサーファー。
皆さん、日本にウインドサーフィンが輸入された一期生。
1970年代からの愛好家だそう。

「年齢関係なく遊べるのがウインドサーフィンの良さ。
息子世代の久保君も僕らの友達」。
ひとりで浜を訪れていた久保さんにオヤジさんたちが声をかけ、
いつしか一緒に遊ぶようになったとか。
ジョークが飛び交う和気あいあいとした輪の中に、
久保さんもすっかり馴染んでいます。

関連記事

  1. 山芋看板 道端でみつけた“山芋”は、300年もロングヒットの長寿野菜『秦荘…
  2. 飛び出し坊や 『飛び出し”でっち”坊や君』が近江八幡市・旧市街地に登場!
  3. 若木さん 滋賀で暮らし始めて趣味が増えました。友達も羨むワークライフバラン…
  4. おうち食堂tuku_ta(つくった)の看板 日吉大社参道沿いの隠れ家カフェでいただく優しいお昼ごはん『おうち…
  5. エントランス “公園の中のリビングルーム”へ。生まれ変わる『滋賀県立美術館』の…
  6. びん細工てまり(愛荘町) 幸福のシンボル!ころんと可愛い『びん細工てまり』は江戸時代より伝…
  7. 「働く」の理解が深まる仕組みづくり。中学生チャレンジウィークを密…
  8. 西川貴教さん 西川貴教さんも応援!『滋賀の農林漁業で働く人にインタビュー』動画…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP