イベント

未来の豊かな森を育てるために。滋賀で47年ぶりの『全国植樹祭』が開催されました

全国植樹祭
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【第72回全国植樹祭/滋賀県甲賀市】

2022年6月5日に『全国植樹祭』が開催されました。
滋賀で開催されるのはじつに47年ぶり!
およそ半世紀に一度のビッグイベントです。

メイン会場となったのは、緑の木々に囲まれた
滋賀県甲賀市にある「鹿深(かふか)夢の森」。
ここを中心に県内各地の会場で
約1,000本の記念植樹が行われ、
びわ湖の水源となる森林へ思いをはせる
大切な一日となりました。

そんな『全国植樹祭』メイン会場の様子をリポートします!

『全国植樹祭』とは?

ウェルカムボード

『全国植樹祭』は、豊かな国土の基盤となる
森林や緑への理解を深めるために
毎年開催されている国土緑化運動の中心的行事です。

会場は各都道府県の持ち回りになるので
滋賀では1975年に旧栗東町で開かれて以来
じつに47年ぶり!

天皇皇后両陛下のお手植え

大会テーマは「木を植えよう 琵琶湖も緑のしずくから」。

式典のメインとなる記念植樹は、昨年に引き続き
天皇皇后両陛下は皇居から
オンラインでの御臨席となってしまいましたが
これも貴重な年として、
後世に語り継がれていくのではないでしょうか?

記念植樹

式典会場や県内各地のサテライト会場でも
関係者や招待者の手で約1,000本の植樹が行われました。

会場は木の温もりあふれる“おもてなし”がいっぱい!

ウェルカムゲート

会場入り口に設置されていたウェルカムゲート。
これを作ったのは多賀町を中心に木材を使って
ものづくりを行っている「多賀木匠塾」のみなさんです。

にんじゃえもんとぽんぽこちゃん

メイン会場を託された甲賀市のゆるキャラ
「にんじゃえもん」と「ぽんぽこちゃん」がお出迎え!

こちらのウェルカムボードも「多賀木匠塾」で制作されたそう。
びわ湖から顔をのぞかせる「ぽんぽこちゃん」が可愛い!

信楽たぬき

木製ブロック「ズレンガ」で作った
巨大な“信楽たぬき”も登場!
こちらもフォトスポットとして大人気でした。

休憩所

会場に設置された休憩所も、
もちろん滋賀の木材を使って制作されています。

耐熱・耐火・耐震性に優れた
新しい建築用部材「CLT」を利用しているそう。

丸太の椅子

ステージ前には、色や形がそれぞれ違う丸太の椅子。
椅子に、木の種類や産地が記載されていて、
思わず順番に見比べてしまいました。

フォトスポット横

こちらもフォトスポットなのですが
横から見ていても、なんだかよくわかりません…
でも、正面に回ってみると…

フォトスポット正面

なんと、滋賀県の形に!
ひとつひとつのパーツは各市町の形だったんですね。

このオブジェのように、全市町が一丸となって
数年前から準備を重ね、盛り上げてきたのが
この日の『全国植樹祭』本番なんです!

滋賀ならではのこだわりも満載!

お野立所

こちらは、式典会場の中央に設置された「お野立所」。
円形の床が琵琶湖をイメージし、
柱が枝をはる樹木を表現しています。

飾花

お野立所に飾られている花は、
県内の農業高校生がフラワーアレンジメントを担当。
緋色の信楽焼のフラワーベースも
信楽高校の生徒が作ったものです。

式典の進行やアシスタントも
県内の高校生らが立派に務めていました。

お弁当

当日ふるまわれた特製弁当は
滋賀食材のオンパレード!
近江牛のじゅんじゅん、近江しゃもマリネ、
えび豆煮、赤こんにゃく煮、日野菜漬、
丁稚羊羹、糸切り餅などなど…。

滋賀のおもてなし料理がぎゅっと詰まっていました。

式典を盛り上げたパフォーマンス

水口曳山囃子

ここからは式典を盛り上げたパフォーマンスを中心に
式典の様子をご紹介します!
イントロダクションとして会場を沸かせた「水口曳山囃子」。

プロローグアトラクション

びわ湖や森林と、人との関わりを表現した
プロローグアトラクション。

ナビゲーター

ナビゲーターには、滋賀出身の
西川貴教さんと安蘭けいさんも登場し
びわ湖の始まりが森林であることを確認し
未来へと守り継いでいくことを誓い合いました。

未来への誓い

式典の途中、天皇皇后両陛下と一緒にハンカチを振り、
会場が一体となる場面も。

植樹祭地球儀手渡し

最後に、来年の会場となる岩手県へ
木製の地球儀を手渡し、式典は幕を閉じました。
岩手県では被災地の復興の姿を全国へ届けるため
「奇跡の一本松」がある「高田松原津波復興祈念公園」が
メイン会場となるそうです。

ダンスパフォーマンス

グランドフィナーレは、
和太鼓グループとダンスチームのパフォーマンスのあと
会場全員で「琵琶湖周航の歌」を合唱。
半世紀に一度の壮大なイベントが幕を閉じました。

この日、記念植樹された苗木は、滋賀県が管理し
年内に鹿深夢の森でも「記念樹」のお披露目が予定されています。

(取材・文・写真 しがトコ編集部)

『第72回全国植樹祭』を地図でみる

鹿深夢の森

『第72回全国植樹祭』のデータ

開催日
2022年6月5日(日)
式典・植樹祭会場
鹿深夢の森(滋賀県甲賀市)
公式サイト
https://www.pref.shiga.lg.jp/syokujusai-shiga2021/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 春の『柳が崎湖畔公園』が最高に気持ちいい!『桜&チューリップまつ…
  2. 『#大津カメラ女子』で広がる輪!モニターツアーの様子をレポートし…
  3. ほたるが舞う幻想的な夜を過ごす『ほたるイベント』県内各地でスター…
  4. びわ湖クルーズを楽しみながら謎解きに挑戦!『ビアンカ謎解きクルー…
  5. ガラスを楽しみつくした16日間!ナガハマグラスフェス2021
  6. ガラスの魚 風情ある街全体がガラスの美術館に。『グラスアート展in長浜201…
  7. HOURAIマルシェ 湖西の”日常”に彩りとつながりを。毎月第…
  8. マリオットのハーブティ “青い”ラテアートにお団子も!美容と健康にいい『バタフライピー』…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP