お知らせ

長浜の街中で”生の芸術”に触れる。『湖北のアール・ブリュット展2019』が今年も開催!

【美の滋賀trip!#06】

人の目を意識せず、自分の中から湧き上がってくるものを表現した『アール・ブリュット』。

生々しかったり、ゴツゴツしてたり、揃ってなかったり、
でも、なんだか面白そうで、興味をひかれて見入ったり。
心をわしづかみにされるような、落ち着かない感覚を覚えることも。

“生の芸術”とも表現される『アール・ブリュット』は、時にそんな体験ができます。

2019年12月6日(金)~8日(日)の3日間、長浜の曳山博物館にて
『湖北アール・ブリュット展2019』が開かれます。

まちなかアールブリュット展示作品

それに先駆けて、プレイベントの『まちなかArt Brut』も開催中!
11月27日(水)~12月2日(月)の期間は、風情ある街並みの中に突如現れる
個性豊かな作品を楽しむことができますよ。

(※この記事でご紹介している写真はすべて、過去の展示作品です)

滋賀でジワジワ広がってきた『アール・ブリュット』

アールブリュット作品2

『アール・ブリュット』とは、美術の専門教育をうけてない人が、
周囲からの評価を気にせず、
自らの衝動のままに表現した作品を指す言葉。

個性豊かでエネルギッシュな作品が多く、『湖北のアール・ブリュット展』では
毎年たくさんの驚きやドキドキを与えてもらえます。

アールブリュット作品

中でも存在感を放つこちらの作品。
作者はガムテープを少しずつ丸めてポイっとするのが好きなんだとか。
それをまとめて、大きな作品に仕上げています。

アールブリュット作品3

滋賀県では、障害者福祉の分野で先駆的な取組が進められてきたこともあり、
福祉施設などでの造作活動の中から、
多くのアール・ブリュット作品が生まれてきました。

障害をもつ人のアートを積極的に紹介する
「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」(近江八幡市)などもあり、
滋賀は、“アール・ブリュット先進県”とも呼ばれています。

湖北でも広がりを見せる『アール・ブリュット』の取り組み

ただ、一方で、その中心は湖南エリアで、
湖北ではあまり活発な取り組みが行われていなかったのだとか。

廣部さん

展覧会を主催する「湖北アール・ブリュット展推進会議」の理事長・廣部さんは
「数年前まで湖北でアール・ブリュットという言葉は、ほとんど認識されてなかったんです」と話します。

障害者らが作った作品はあるのに、施設で放置されたままだったりしたそう。
その現状を打破しようと、9年前から『湖北アール・ブリュット展』を続けてきました。

回を重ね、多くのみなさんに見てもらえることで、湖北でも少しずつ
アール・ブリュットという言葉が認知されてきたと実感しているそうです。

アールブリュット絵画

知ってもらい、認めてもらえることで
作家さんの創作意欲にも大きな変化がでてきたとも。

「アール・ブリュット創作工房」作品

昨年からは『アール・ブリュット創作工房』も開催し、
「なにか作ってみたい」という障害者の人に向けた創作の場も提供しています。

「創作工房からも、続々といい作品が生まれてきてるんですよ」と嬉しそうな廣部さん。
新たな才能が発掘されるかもしれませんね。

アールブリュット作品4

“アートに触れる”というと高尚なイメージもありますが
身構えることなく楽しめるのも『アール・ブリュット』の魅力。

あまりに細かい作り込みに「そんなトコにこだわるの?」と驚いたり、
時にはクスッと笑えたり、素直に作品から何かを感じてみてください。

曳山博物館外観

昨年に引き続き、会場は観光スポット黒壁スクエア内にある『曳山博物館』。
入場無料なので、観光のついでに立ち寄ってみることができるのもうれしいですね。

風情ある街並みに溶けこむアール・ブリュット作品

まちなかアールブリュット

長浜の街並みの中に作品が展示される『まちなかArt Brut』が
プレイベントとして11月27日(水)~12月2日(月)まで開催中。

まちなかArt Brutの様子
※編集部撮影

町屋の軒下や店先、あんなところや、こんなところにも。
「どこにあるかな?」と探して歩くのも楽しいですよ!

独特の存在感を放つ作品ですが、
意外にも街並みにもしっくりと馴染んでいて「気づかなかった!」なんてこともあるかもしれません。

歴史ある長浜の街で『アール・ブリュット』に触れてみませんか?

(写真:鎌田遥香/文:しがトコ編集部)

「曳山博物館」を地図でみる

JR琵琶湖線「長浜駅」から徒歩7分!

滋賀県長浜市元浜町14-8

→大きい地図で見る

『湖北のアール・ブリュット展2019』の詳細情報

会期
2019年12月6日(金)~12月8日(日)※まちなかArt Brutは2019年11月27日(水)~12月2日(月)
時間
10:00~17:00(8日は15:00まで)
会場
曳山博物館 伝承スタジオ(滋賀県長浜市元浜町14-8)(→地図
料金
入場無料
主催
湖北アール・ブリュット展推進会議

※「美の滋賀trip!」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式のポータルサイト『美の滋賀trip!』でも公開されています。

関連記事

今年も「生の芸術」を探しに行こう『湖北のアール・ブリュット展2018』【美の滋賀trip!#05】

繊細かつ大胆な作品に圧倒!『湖北のアール・ブリュット展2017』と『まちなかArt Brut』でいつもとは違う長浜の楽しみ方を発見

関連記事

  1. 大阪切子 サケグラスに切子まで!街中がガラスの美術館に変わる『グラスアート…
  2. トップロゴ webメディア「しがトコ」が日常へ!地元商店街を遊びつくす『商店…
  3. 「しがトコ」ライター&デザイナー大募集!!
  4. 金剛輪寺 紅葉シーズン到来! 歴史的名所から地元の穴場まで、滋賀県各地の絶…
  5. 『滋賀を自慢したくなる!2020年カレンダー』しがトコSTORE…
  6. 【お知らせ】大学生募集!しがトコ編集会議を開催します《11/1(…
  7. 2018年度の写真展 知らなかった長浜に出会えるかも。 写真展『長浜の匠とまちと四季の…

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP