カフェ・お店

老舗料亭がコロナ時代にここまで進化!竹平楼のテイクアウト専門店『多景福軒』がオープン

多景福軒外観
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【多景福軒(たけふくけん)/滋賀県愛知郡愛荘町】

旧中山道・愛知川宿にある
江戸時代創業の料理旅館「竹平楼」が
テイクアウト専門店『多景福軒』をオープンしました!
老舗の本格的な料理が自宅で手軽に楽しめます。

コロンとしたドラム缶のような外観の斬新さと相まって
連日、お弁当や惣菜を買い求める人で賑わっています!

思わず二度見!?広い敷地にポツンとたたずむお店

店前の行列

平和堂愛知川店の向かいの空き地に
ポツンと大きなドラム缶!?
じつは、これがオープンしたばかりの『多景福軒』です。

11時開店の5分前に到着したのに
すでに周囲の空き地には車が何台も停まっていて
お店が開くやいなや、たくさんの人が車から降りて店内へ。

多景福軒メニュー看板

それもそのはず。
こちらのお店は、江戸時代から続く
老舗の料理旅館「竹平楼」がコロナ禍の新しい挑戦
として始めたテイクアウト専門店。

これまでは少し敷居が高かった
料亭の本格的な料理が
自宅に持ち帰ってゆっくり味わえると
人気になっているんです。

多景福軒店内

店内はお弁当のいい匂いとともに、
木の香りもします。
この印象的な建物は、
地元・多賀町の木材が使われているそう。

近江牛すきやき重

棚に並ぶお弁当もみるみるうちに買い求められていきます。
つられて、取材よりも先にまずは自分の分のお弁当を購入(笑)

特選牛ステーキ重

一番人気の「特選牛ステーキ重」。
その奥は「近江牛ハラミ焼肉重」です。
近江牛やうなぎを使った
ちょっと豪華なお弁当が意外とリーズナブルで嬉しい!

エビフライ弁当

エビフライやからあげなど定番のお弁当や
料亭の出汁巻き弁当などもあります!
どれもとてもおいしそう!!

冷蔵庫の中

さらに贅沢なランチにしたい方には
冷製茶わん蒸しやほうじ茶プリンを追加するのがおすすめ!
竹平楼のランチでも提供されているメニューです。

もろこの南蛮漬け

11時から14時はお弁当が中心ですが
16時半から19時半の夕飯時はお惣菜がたくさん並びます。

お昼営業のお弁当は
12時過ぎに売り切れることも多いのだとか。
どうしても食べたい!という方には
前日18時までの事前予約をおすすめします。

中山道の旅籠として江戸中期に創業した「竹平楼」

竹平楼外観

テイクアウト専門店をオープンしたのが
愛知川宿に残る、老舗料理旅館「竹平楼」。
明治天皇が巡幸の際、休憩に立ち寄ったこともある由緒ある料亭です。

竹平楼お座敷

建物は国の登録有形文化財にも指定されています。
見事な日本庭園を眺めながらゆったりと
おいしい料理が味わえます。

玉座

明治11年の巡幸の際に、明治天皇が休憩された
玉座(ぎょくざ)も、当時のまま残されています。

竹平楼庭園

庭に面した座敷や、個室などもあって
特別なときに訪れたい、上質な料亭です。

コロナ禍での新たな挑戦

店主西村正司さん

「これまでは来店された方をおもてなしさせていただく
待ちのスタイルが主でしたが
コロナ禍では、待つだけではやっていけません。
多景福軒がより多くのお客様との出会いのきっかけになれば」
と店主の西村正司さん。

「多景福軒では、お弁当や惣菜を購入いただいた方に
アンケートをお配りし、お客様の声をもとに
料理屋ならではの質とサービスの向上を目指していきます」
とも話してくれました。

多景福軒の書額

『多景福軒』の名前は、
玉座の控えの間に飾ってある、
「巌谷一六」の書から名付けられたんだとか。

多景福軒外観

竹平楼が本店以外にお店をだすのは今回が初の試み!
広い敷地には、ランチやカフェスペースの増設も予定されているそう。
老舗の新たな挑戦から目が離せません!!

(取材・文・写真:しがトコ編集部) 

『多景福軒』を地図でみる

平和堂愛知川店向かい

多景福軒

→大きい地図で見る

『多景福軒』のデータ

住所
滋賀県愛知郡愛荘町愛知川50−11
【→地図】
電話番号
0749-47-3002
営業時間
11時~14時・16時半~19時半
定休日
水曜日
Instagram
https://www.instagram.com/takefukuken/

「竹平楼」がある愛知川宿はこんなところ

コンパクトに見どころ満載!明治天皇も立ち寄った、歩きやすいまち・愛荘町

関連記事

  1. 喜楽長バスクチーズケーキ 父の日のプレゼントにもおすすめ!滋賀の地酒で作った『喜楽長バスク…
  2. flatto 北比良の森の中で見つけた、とっておきの和食器専門店『flatto…
  3. 壁の棚の白たぬき 白色に込められた思い。信楽の窯元が営むギャラリー&ショップ『sh…
  4. メイン 土鍋のプロによるふっくらご飯に感動!『土鍋ごはん&CA…
  5. 西村さんと祖母 コッペパンと”たくわん”の驚異のコラボ!もはや滋賀県民のソウルフ…
  6. 居間 梅花藻咲く清流の宿場町に誕生した、ゲストハウス『居醒庵(いざめあ…
  7. 外観 世界一周の果てにたどり着いた場所。森の中の「TOPPIN OUT…
  8. 自転車で人生を楽しもう!高島をめぐる拠点『高島陣舎』
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP