カルチャー

思いきって戻った地元に、豊かな暮らしがありました【滋賀ぐらしインタビューUターン編】

Uターン編

【滋賀ぐらしインタビューUターン編】

都会への憧れや進学で、一度は滋賀を離れて生活する道を選んだものの
現在は滋賀にUターンし充実の日々を過ごしている
嶺山真歩(みねやままほ)さんと田中雄真(たなかゆうま)さん。

「滋賀に戻って良かった」と話すふたりの言葉には
地元を離れたことで改めて気づいた、滋賀の魅力が詰まっていました。

Uターンを決めた経緯や現在の暮らしぶりなど、
内容の一部を抜粋してご紹介します。

【Case1】都会への憧れが強かった嶺山さん

嶺山さん

___Uターンすることになった経緯を教えてください。

中学生の頃から田舎出たいなって、ずっと思ってたんです。
滋賀を出て2年ぐらい関東の居酒屋さんで働いていましたが、コロナの影響がすごくて。
生活していく維持費も大変で、両親にも「戻ってきたほうがいいんじゃないの」って言われ
(2020年)9月の末ぐらいに戻ってきて、「休暇村近江八幡」で働いています。

__滋賀に帰ってきて今はどんな暮らしをしていますか?

湖岸道路をちょっと車で走ると、すごく気持ちよくてリフレッシュできます。
学生の頃は遊ぶところがないと思ってたんですけど、
八幡堀などの有名な観光地もあったり、市街に出たらお店もある。
四季折々の景色が楽しめて、すごい面白いなって思いますね。

戻ってきて

___Uターンしてみて改めて思うことは?

関東とか都会に出て戻ってくるとなると周りの目が気になって
戻っていいのかなというのを思いましたが
いざ戻ったら、すごい落ち着くし家族も安心してくれる。
周りの目とか気にせずに戻ってきて、ゆっくり過ごしたらいいかなと思います。

【Case2】家族ができてUターンを決めた田中さん

田中さん

___Uターンすることになった経緯を教えてください。

県外の大学に進学してそのまま就職しました。
就職して4年目ぐらいの時に子どもが生まれて、
子育てを地元の東近江市でのんびりできたらいいなと思ったのが最初のきっかけですね。
以前は電機メーカーに勤めてましたが、同じ業種の仕事をするのか、
違う仕事をするのか悩んだところはありました。
でも、全く違うことにチャレンジしてみるのも面白いかなと思い、
今は東近江市役所で公務員として勤めています。

のびのびと
___滋賀に帰ってきて今はどんな暮らしをしていますか?

妻も私よりも東近江市に馴染んで、ママさんバレーとか
味噌作りとかに参加したりして楽しんでくれているようです。
子どもものびのびと自然の中を駆け回って育ってくれているので、
そういうところ見ているとUターンして戻ってきてよかったなと感じています。

___Uターンしてみて改めて思うことは?

帰って来たいけどもやもやしてずっとそのままいるよりかは、
戻ってこれるタイミングやきっかけがあればチャレンジしてみるのもいいと思います。
思い悩むこともあると思いますが、何もしないと始まりません。
まずできるところから動いてみるのがひとつかなと思います。

滋賀ぐらしインタビュー動画公開中!Uターン編の全編もご覧ください!

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 【前編】滋賀の山は水晶の宝庫?!-鉱物採集で半世紀の福井龍幸さん…
  2. この風景を守るために。滋賀の最奥地、24歳の若手農家が目指す“環…
  3. 「町屋×現代アート」の化学反応!この秋、滋賀がアートに染まる『B…
  4. 疏水船通過 気分はまるで平安貴族!『びわ湖疏水船』でお花見しながら、琵琶湖か…
  5. 滋賀の離島沖島で“ふなずし”漬けを体験!その一部始終…
  6. 琵琶湖博物館の「ナマズマスター」と「海浜植物マスター」にお話を聞…
  7. サンプルは自分自身。移住したい人に、本当に役立つリアルな情報を届…
  8. 金勝山 滋賀の半分は”山”だった!びわ湖だけじゃ…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP