カフェ・お店

時間を忘れて心までのんびり!湖畔のアトリエキッチン『VOID A PART』

【VOID A PART(ボイドアパート)/滋賀県彦根市】

湖岸ドライブに立ち寄りたい、びわ湖の近くにあるお店。

滋賀県彦根市にある『VOID A PART』は、湖畔ならではの
のんびりとした時間が過ごせるアトリエキッチン。
先月5月28日グランドオープンしたばかりの新しいスポットです。

湖岸に位置しているので、ドライブついでに休憩できる
使い勝手の良さも魅力です!

広々とした空間に流れるゆっくりとした時間

void_2816
湖岸に面する壁は、一面ガラス張り!自然光が差し込む店内は、
広々として、ゆったりとした時間が流れています。

void_2822
自由な時間を過ごして欲しいから、
お水もセルフサービスに。

たくさんの手に支えられた地元ならではのお店

void_2815
店内の一角には、ブックコーナーもあります。
ここのセレクトを担当するのは、
彦根で古本屋を営む「半月舎」さん。

void_2854
昔懐かしい雑誌や小説をはじめ、
お子さま向けの絵本も!

void_4771
ランチは、卵や乳製品不使用で、
野菜をメインとした「ヴィーガンカレー」

void_4927
「玄米おにぎりプレート」などがメニューに並びます。

キッチンスペースを担当し、
ランチメニューを提供するのは、
長浜で活動する「ゴマシオ堂」さん。

滋賀の野菜やお米など
地産地消にこだわった身体に優しいメニューが特徴です。

void_2853
そして店内のインテリアは、廃材や廃家具を使って、
地元の学生さん達の協力のもとリメイクしたもの。

どれも木のぬくもりに溢れた優しい仕上がり!
店内の居心地の良さを演出する
インテリアとしても一役買っています。

店主のアトリエスペースとしても

カフェやイベントスペースとしても利用できる『VOID A PART』ですが、
じつは、店主のアトリエとしての機能も備えています。

void_2836
奥で作業しているのは、
家屋解体時の廃ガラスを再加工し、
廃材×植物というコンセプトで作品を手掛けている
周防苑子(すおうそのこ)さん。

void_2844
ガラスのハコに緑をアレンジした「ハコミドリ」。
『VOID A PART』は、周防さんが作品づくりをする拠点でありながらも、
カフェやイベントスペースとしても開かれています。

湖畔に人が集まり交流が生まれる場所を

void_2856

もともとはアトリエスペースを探していたそうですが、
せっかくなら、滋賀ならではの場所がつくれないか?
そんな思いから誕生した『VOID A PART』。

「本を読みながらコーヒーを飲んだり、アイデアをねったり、
あのお店へ行けば誰か居るかも。
あそこへ行けばなにか新しいことを思いつくかも。
そんなふうに思える場所を、琵琶湖のそばにつくりたくて」

満面の笑みで話す姿に、こちらまで元気がもらえそうな、
エネルギーに溢れた周防さん。

滋賀の新しい風を感じる湖畔のスペースで、
カフェを楽しむもよし、
アトリエを訪ねるもよし。
そして、まだ知らない誰かとの交流を求めるもよし。

思い思いの使い方ができる『VOID A PART』で、
あなただけの、楽しい時間を見つけてくださいね。

(文:亀口美穂 写真:林正隆)

『VOID A PART』の地図を見る

湖岸道路沿いにある看板が目印

滋賀県彦根市柳川町218-1

→大きい地図で見る

「VOID A PART」の店舗詳細

住所
滋賀県彦根市柳川町218-1【→地図】
営業時間
午前10時~午後9時
定休日
火曜日・第2&第4水曜日
公式サイト
「VOID A PART」

(記事公開日:2016年6月24日)

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 都会よりも、都会的?!生まれ変わった大津駅の複合施設「ザ・カレン…
  2. ヴォーリズ建築第1号の中から健康的なフードスタイルを発信!ナッツ…
  3. 歴史と伝統が息づく”仏壇の町”で開催される職人の祭典『七曲がりフ…
  4. バス停のオブジェ 古民家でいただく地元野菜の手料理が絶品!風情ある街並に佇むレトロ…
  5. 明るい店内 運がよければ選手にも会える?!穴場的スポーツカフェ『Lakes …
  6. 店内席 優雅な時間をおすそ分け。入った瞬間、気分が晴れやかになる『WAB…
  7. 歴史と“美味しさ”が同居する、尾賀商店内の日本料理店『すいらん』…
  8. ハクモクレン外観 歴史的な町並みに溶け込むcafe&gallery 『ハクモクレン…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP