イベント

ごはん大好き!「おかわりくださーい」の声が飛び交う試食会をレポート!

【滋賀のご飯がおいしいセット:試食会レポート】

みなさん“ごはん”はお好きですか?

豪華なお料理も好きだけど、たまにはご飯とあと一品。
そんな時があっても良いですよね?
米どころ滋賀のおいしいお米を、もっともっと楽しみたい!
お米の美味しさをシンプルに、もっと味わってみたい!
そんな思いから『滋賀のご飯がおいしいセット』が誕生しました。

私たち、しがトコ編集部員が取材の中で出会った、
「これおいしい!」と思った商品だけを集めました。

簡単だけど、とにかくご飯がおいしく楽しめる!
そんな“ご飯のおとも”が常備されていれば、
とりあえずお米を炊けばオッケーです。
炊きあがった熱々のご飯がさらに進む『滋賀のご飯がおいしいセット』。

「でも、ホントにおいしいの?」というみなさまのために、
滋賀で活躍する口うるさい(?!)女性のみなさんにお集まりいただき
滋賀県守山市のコワーキングスペース
「ROOT」さんを会場に試食会を実施。その様子をレポートいたします!

炊きたてごはんの香りに包まれた試食会会場

shisyokukai_01

こちらが試食会の会場となる守山市の
コワーキングスペース「ROOT」さん。路地裏の階段をのぼって、
「まさか、こんなところに!」という穴場的な場所にあります。

shisyokukai_2192
今回の試食メニューはこちら!
写真右から、滋賀の美味しい「混ぜご飯の具」「おかず味噌」「古代米」です。

shisyokukai_03
参加者のみなさんが集まる前に、試食会の準備を開始です!
まずは土鍋と炊飯器、ふたつ並べてセッティング。

shisyokukai_04

土鍋の中には、1時間ほど水につけておいた白米が。
土鍋の場合は、こうすることで水分が行き渡り、
炊き上がりもよりふっくらと。

shisyokukai_05

ここで『近江針江の古代米 古代五色米』を投入!
大さじ1~2杯ほど入れます。
使用する『古代五色米」は、有機栽培の黒米、赤米2種類、緑米に、
滋賀羽二重糯の白米をバランスよくブレンドしたもの。

古代米も全てもち米なので、モッチリの炊き上がりに期待が膨らみます!

shisyokuai_07

さっくりとかき混ぜて白米とからめます。
すると、こんなきれいな色に!

試食会の準備がそろそろ完成!

shishokukai_09

参加者のみなさんが集まるまでに、
急ピッチでテーブルをセッティングしていきます。
「アレ?!ここどうするんだっけ?」
しがトコスタッフたちも焦りつつ…

shishokukai_08
そうこうしているうちに、
参加者のみなさんが集まってきました!
「よろしくお願いしまーす!」

shisyokuakai_20

ちなみに試食会の会場は、こんな感じに。

『滋賀のご飯がおいしいセット』をいただきま〜す!

shishokukai_11
『滋賀のご飯がおいしいセット』を、
生産者さんの紹介パネルとともにテーブルに並べます。

shisyokukai_2139
「北之庄菜って幻の野菜なんだ!」とパネルを読み込む姿も。

shisyokukai_18

「何これ〜!かわいい!」
みなさん席に座るなり、ちょっとした撮影会に。
「ビンにお米が入ってる〜!」
「手土産に喜ばれそう!」
そんな声とともに、写真をパチリ。

shisyokukai_15
試食会の用意ができたので、
手を合わせて「いただきま〜す!」

shisyokukai_10
試食会メニューはこちら。

ご飯には「針江のんきぃふぁーむ」のビン入り有機古代五色米を。
そして、白い小皿の右側が「百菜劇場」のおかずネギ味噌、
左側が「あえる発酵おかず」近江牛きざみ北之庄菜。

あれ、ちょっと量が少ないんじゃない?
そんな印象ありますよね。
でも、試食会なのでご飯はやっぱり少なめですよね!

shisyokukai_11

「少なすぎるわ〜!」という声とともに
開始から5分後でこの状態に…。

「おかわりくださーい!」
「あ、私も!大盛りで〜!」

shisyokukai_12

せっせとおかわりのご飯を準備するしがトコスタッフ。
土鍋の底が見えてきました!

簡単なアレンジで、美味しさがさらに広がる!

shisyokukai_14
二杯目のご飯も(大口で!)どんどん進みます。
三杯目の「おかわり!」が聞こえてきそうな勢いですが、

shisyokukai_23

「ここで、みなさんお箸を止めてくださーい」

「『近江牛きざみ北之庄菜』を作っている
株式会社木馬の川西さんからこんなファックスが」と、しがトコスタッフから説明が。

そこには、おすすめの食べ方がずらり!
みなさん興味深々で確認しています。

shisyokukai_16
早速、おすすめの簡単アレンジに挑戦です!
まずはマヨネーズを用意します。

shisyokukai_17

そして、混ぜます!
これだけで、フライにも合うタルタルソースの出来上がり!
簡単すぎるアレンジなので
「え〜、本当に?」とみなさん疑いの眼差しで
出来上がったタルタルソースを見つめています。

shisyokukai_24
さて、お味のほどは。。。

「わ!タルタルソースだ!」
「これ、さっきと同じもの?」
「ちがう味を楽しめてお得な気分」
などなど、ちょっとしたアイデアで美味しさが広がることに、
みなさん驚いていました。

試食した商品はこちら!

gohan_02

先ほどマヨネーズと和えたのは、こちらの商品。

滋賀県・近江の伝統野菜である北之庄菜を細かく刻み、
発酵させることで“うまみ”を引き出した発酵おかず。

近江牛そぼろが入っているので、
白ご飯に混ぜるだけで美味しさが際立ちます!
マヨネーズと和えて、タルタルソースはもちろん
おつまみとしてもおすすめです。

gohan_01

今回の試食会で、ご飯に混ぜて炊いたのがこちら。

平成の名水百選にも選ばれた「生水(しょうず)の郷・針江」で
有機農業を営む「のんきぃふぁーむ」のビン入り古代五色米です。

炊飯前のお米に、1合あたり大さじ1~2杯程度を入れると、
少し赤みがかって炊きあがります。もちもちの食感をぜひ!

gohan_03

そして何杯でもご飯がすすむ「おかず味噌」。
“百菜劇場”というユニークな名前の農地で作られたお味噌です。

ちなみに、試食会の後百歳劇場の廣部さんから
美味しい食べ方のアドバイスをいただきました。

「『ねぎ味噌』は卵との相性も抜群なので、
スクランブルエッグを作って、そこに『ねぎ味噌』を混ぜて
ご飯に乗せれば『いりたま ねぎ味噌丼』になりますよ」。

どれも簡単なアレンジなのに、とっても美味しいので
ぜひ挑戦してみてくださいね!

この試食会で、『滋賀のご飯がおいしいセット』という商品名そのままに、
ご飯が止まらない参加者のみなさんの姿を目にして
私たちも自信を持ってお届けいたします!

『滋賀のご飯がおいしいセット』しがトコSTOREで販売中

shisyoku_25

米どころ・滋賀の魅力を詰めあわせた、ご飯が美味しいギフトセット。
「古代米」「混ぜご飯の具」「おかず味噌」が楽しめる『滋賀のご飯がおいしいセット』。
しがトコSTOREで販売中です!
⇒ 滋賀のご飯がおいしいセット

shisyoku_26

「針江のんきぃふぁーむ」のビン入り有機古代五色米。
「百菜劇場」のおかずネギ味噌、
「あえる発酵おかず」近江牛きざみ北之庄菜。

どの商品も体に優しい無農薬素材を使って作られているので、
健康を気にする方はもちろん、
「ご飯大好き!」のみなさん、滋賀のちょっとした手土産をお探しの方。
そして、遠く離れたご家族へのプレゼントにも。
米どころ・滋賀の魅力を詰めあわせた
『滋賀のご飯がおいしいセット』おすすめですよ。

shisyoku_27
プレゼントにも嬉しいオリジナルNOXに詰めてお届けいたします。

また、しがトコSTOREでは、他にも
滋賀のちょっとした手土産に嬉しい
様々な商品を取り揃えております。
ぜひチェックしてみてくださいね。

しがトコSTORE~滋賀の手土産ストア~

しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 勝部の火祭り 燃える炎と乱舞する若者たちが異世界。800年続く近江の奇祭『勝部…
  2. 西村さんと祖母 コッペパンと”たくわん”の驚異のコラボ!もはや滋賀県民のソウルフ…
  3. 外観 世界一周の果てにたどり着いた場所。森の中の「TOPPIN OUT…
  4. 文化の日は子供も大人も美術館で遊ぼう!「美の糸口-アートにどぼん…
  5. すし切り全景 ふなずしが主役!?近江の奇祭「すし切り祭り」が5月5日(金・祝)…
  6. 滋賀×メンタリズム!?テレビで話題の“メンタリストDaiGo”特…
  7. 絵のような風景の中でこだわりの石窯ピザを!高島の自然をまるごと感…
  8. 記念撮影 [PR] 「うま~~い」連発!宮川大輔が「新米まつり」で近江米を…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP