カフェ・お店

オープンは週にわずか6時間だけ。伊吹山の麓にある幻のパン屋さん『そふぁら』

【そふぁら/滋賀県長浜市】

遮るもののないのどかな田舎道を走ると
こじんまりとした小屋の前に看板を発見!

ここは米農家が営むパン屋『そふぁら』です。
16年前から無農薬の米づくりに取り組む農家さんが、
自家製の米粉を使った身体に優しいパンを作っています。

オープンするのは土日の6時間だけ!
それも毎月開店しているとは限らない…!?
しかも、パンだけでなく、ランチも登場したり
お客さんの要望と店主の気まぐれで
自由自在に形を変える“幻のパン屋さん”をご紹介します。

自然に囲まれたのどかなパン屋さん

滋賀県長浜市、伊吹山の近くに位置する相撲庭町。

「この道であってる…?」

そう心配になりながら細い田舎道を進むと
やわらかな虹色のロゴが描かれた看板が見えてきました。

そふぁら正面

青い空と田園風景が広がるその中に佇む『そふぁら』。
自然溢れるその景色を見渡せば
伊吹山もひょっこりと顔をのぞかせています。

身体も嬉しい素材本来の味わい

入口右側の棚に、バラエティ豊かなパンが並びます。
日によってパンの種類が変わるのも、お楽しみのひとつ!

伊吹山の清らかな水で育てた無農薬米を自家製粉した米粉や
国産小麦にきなこ、ライ麦など
吟味して選んだ身体に優しい材料を使用しているそう。


(photo by @sofaratei)

一番人気はダブルクリームパン!

なめらかなクリームと、柔らかくもっちりした生地の
素材の優しい甘みが口いっぱいに広がって
あっという間にひとつ食べ終わってしまいました。

他のパン屋にはない「おこわ」や「玄米」、「黒豆茶」など
無農薬農家ならではの健康的な商品も並びます。

店内にはカウンター式のテーブルもあり、
ここでコーヒーをいただくこともできます。

パンを買いに来た近所の人たちの、
憩いの場としても親しまれています。

安心安全のおいしさを育てる

『そふぁら』を営まれている筧さんご夫婦。

旦那さんの太津郎さんは農業、奥さんの茂代さんはパン屋を
それぞれメインで行っています。

太津郎さんは元々サラリーマンを続けながらの兼業農家でしたが、
そのハードな生活にモチベーションが下がることも…。

しかし、自身の体の不調から農薬の怖さを実感していたこともあり
「生まれてくる孫には安心安全なお米を食べさせたい」と一念発起。
2008年から無農薬栽培に本格的に取り組み始めました。


(photo by @sofaratei)

「無農薬に必要なのはメンタルですよ」

生え続ける雑草に負けない強い稲にするための土作りには
とてつもない時間と根気が必要だったそうです。

安心安全のおいしさを笑顔で食べることができるのは、
見えないところで奮闘している人がいるからこそ。

そんな丹精こめて育てた素材で作られるのが
『そふぁら』のパンなんです。

長い間通ったパン教室で腕を磨いた茂代さん。
その技術を活かして2016年にパン屋を始めました。

オープンするのは土曜日2時間、日曜日4時間の週6時間だけ。
「無理せず、できる範囲で自分らしくやる」
これが、長く続けていくための『そふぁら』の形です。

要望があればチャレンジ!

2023年には、びわ湖の魚をもっと広く楽しんでもらうための
『びわ湖魚グルメ』にも参加しました。

9000年前の古代穀物「スペルト小麦」の生地に
小鮎と石貝をたっぷりのせたインパクト大!のピザを考案。

ピザは冷凍で販売されていますが、
時間を指定すれば焼きたてを提供してもらうこともできます。
気になる方はぜひ事前にご予約を!


(写真提供:そふぁら)

また、自慢の無農薬米や畑の季節野菜を使った
ヘルシーランチも予約制で提供中。

メインメニューはお客さんの要望を聞いてから考えるんだとか。
食べる人に寄り添った、自分だけの特別なランチ。
3日前までの予約で、火・水・木曜日に4席まで予約可能です。

喜んでくれる人達のために


(photo by @sofaratei)

毎年“田植え体験”も開催していて、
2023年度はなんと60人も参加したんだとか。
体験後はBBQに餅つきまで!

海外の方が参加することもあるそうで、
滋賀での忘れられない思い出になりますね。

「BBQもしよう」「肉まんを作ってみてはどうか」
太津郎さんが思いついたことを、茂代さんがなんとか形にする。

「ほんと大変!」そう話しながらも
喜んでくれる人たちのために行動してしまう
おふたりの温かい人柄が、取材を通して伝わってきました。

ご夫婦の温もりと素材本来の優しさがつまった“幻のパン屋さん”。
農繁期など、長期休業している場合もあるので
訪れる前にはオープンしているか、電話で確認してみて下さいね!

(取材・写真:しがトコ編集部 文:熊谷明日香)

『そふぁら』の店舗詳細

住所
滋賀県長浜市相撲庭町861- 2
営業日
土・日曜日(長期休業あり)
営業時間
土曜日10:00〜12:00 日曜日10:00〜14:00(変動あり)
電話番号
080-4495-3345
公式サイト
https://sofara-tei.com/
instagram
https://www.instagram.com/sofaratei/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 人と文化の発信拠点!かつての織物工場を未来へ繋ぐ『ファブリカ村』…
  2. 黒いサンドイッチ 黒い食パンに戦国ネーミングで話題!行列の絶えない”黒いサンドイッ…
  3. カフェジンタメイン 瀬田川沿いの緑あふれる古民家カフェ『Cafe Jinta(カフェ…
  4. flatto 北比良の森の中で見つけた、とっておきの和食器専門店『flatto…
  5. 西村さんと祖母 コッペパンと”たくわん”の驚異のコラボ!もはや滋賀県民のソウルフ…
  6. HOHRAIバーガーを食べる前 ワイルドにかぶりつけ!上品には食べられない超BIGなHOHRAI…
  7. MinakuchiとOtsu 【閉店】“滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー…
  8. 琵琶湖のゴミ拾いもアウトドア!ファッションで地元を表現する『-C…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP