カフェ・お店

地元猟師をジビエメニューで応援!“あいま時間”はアートも楽しめる『I ma art + cafe』

I ma art + cafeのあいまカレー
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【I ma art + cafe(アイマアートカフェ)/滋賀県米原市】

地元の鹿肉を使ったジビエ料理が楽しめる
『I ma art + cafe(アイマアートカフェ)』は
アーティストの貴詠(たかえ)さんが、
仕事場の1階部分を改装してオープンしたお店です。

“あいま”をゆったり過ごすカフェ

I ma art + cafe入口の木製ドア

米原の山東庁舎の向かいのビルに
『I ma art + cafe』があります。

お店の入り口は、こちらの木の扉。
重厚感のある扉を開けて、早速中に入ってみましょう!

I ma art + cafeの店内

アイアンと木材が調和するカフェスペース。
洗練されたインテリアが印象的です。

ゆったりと配置された客席は、
テーブルとカウンター、個室を合わせて17席。

I ma art + cafeのカウンター

以前からこの場所でデザインの仕事を続けてきた貴詠さん。

近江長岡名物のホタルを見ようと
駐車場で日暮れを待つ人の姿や
向かいの停留所でバスを待つ人の姿も
気になっていたのだそう。

「それならここに、待ち時間をゆっくり過ごせる場所を作ろう」。

待ち時間に、アートに触れてほしい。
そんな充実した”あいま”を過ごせる場所を目指して
誕生したのが『I ma art + café』です。

大人気の鹿肉料理!地元猟師の心意気をジビエメニューで応援

I ma art + cafeの鹿ツノ

カフェの壁に存在感たっぷりの鹿の角!
これは一体・・・?!

「鹿肉をとってきてくれる猟師さんがくれたんです」と貴詠さん。

鹿肉で地域に貢献したいという地元猟師の想いに共感し、
試行錯誤を重ねてメニューを開発したそう。

I ma art + cafeのあいまカレー

メニュー開発の中でも、特に時間をかけたという
「鹿肉の特製Imaカレー」。
鹿肉ミンチを使った、スパイシーなカレーです。

自ら栽培した自家製ハーブと一緒に鹿肉を炒め、
長時間煮込んで仕上げています。
スライスして焼いた鹿肉もトッピング!

低脂肪・高タンパクで、鉄分豊富な鹿肉。
臭みはなく、コクと旨味を感じます。
素材の味を活かし、手を加えすぎないように仕上げているそう。

I ma art + cafeの鹿肉燻製

木箱の中に並ぶのは、お持ち帰りできる『鹿肉の燻製』。
新鮮なうちに素早く血抜き・加工した鹿肉を、
米原の薬木で猟師自身が燻製したものなんだとか。

I ma art + cafeのコーヒーとケーキ

自家製ケーキやコーヒーとともに
ゆっくりカフェタイムを過ごすこともできます。

I ma art + cafeのあいまモヒート

こちらは、自家製ハーブの『あいまモヒート』!

アイマアートカフェでは、
土曜日のみ23時までのバータイムも営業しています。

お酒とジビエ、そしてアートを楽しむ
贅沢なバータイムを過ごせそうですね。

「お酒とアートには、共通項がある気がします。
アートとは何か、と聞かれると、まだ言葉にできないんですけどね。」
貴詠さんは、そう話してくれました。

アートをもっと身近に。感性を刺激するギャラリー空間

店内すぐ右手には、ギャラリースペースがあります。

貴詠さんは、絵画に立体アート、映像作品まで
幅広く活躍するアーティスト。

アーティスト貴詠さんの作品

貴詠さんの作品、『百・花・為・誰・開』。
はしごのかかった月は、願いが叶うことを表しているのだとか。

かたち・色彩・言葉から、刺激を受け、触発される。
アートに触れる体験を、もっと身近なものにしていきたい。
貴詠さんはそう語ります。

大切な”いま”を丁寧に扱い、誰かの未来を応援する場所

I ma art + cafeオーナーとスタッフ

カフェの運営をサポートしているのは、
貴詠さんの旧友の大橋さん。
ジビエを活かしたメニューの開発にも、
二人三脚で取り組んでいます。

「お互い好き勝手しゃべるから、噛み合わへん。
でも、楽ですね(笑)」と、顔を見合わせるお二人。
アートと料理だけじゃなく、カラリと明るい空気感も、
アイマアートカフェの魅力のひとつです。

「お客さんがここにきてくれる時間は、
仕事の合間や家事の合間、大切な”いま”です。
そういう大切な合間にここへきて、
情報交換をしたり、刺激を受けたりしてもらえたら。」

I ma art + cafeの壁文字

「Ima」に込められた意味は、もうひとつ。

英語で、「〜したい、〜するつもり」など
少し先の未来について話すときに使う
「Im going to〜」。
縮めると、「I ma」という言葉になるんだとか。

飲食や空間を通して、誰かの背中を押したい。
誰かの「やりたいこと」「やろうとしていること」を応援したい。
そんな思いが込められています。

I ma art + cafeの外観

現在の営業日は、金土日のみ。
今後は、通し営業も視野に入れて、体制を整えていくそう。

地元の魅力を発信する拠点として、
コミュニティの生まれる場として、
育てていきたい思いもあるんだとか。

この場所で発信される米原の魅力から、目が離せません!

ほんのわずかな時間でも、週末のゆったりした夜でも。
自分の何かを触発する、そんな刺激を受け取りに。
『I ma art + café』を訪れてみてはいかがでしょう。
心が動く瞬間を見つけられるはずです。

(取材・写真・文 伊東朋子/編集 しがトコ編集部)

記事を書いた人
伊東朋子/滋賀県北部のログハウス在住。ライター・webデザイナー。滋賀県産の鹿革を使うジビエレザー作家。びわ湖の見える作業場所を見つけてはローカルノマドに勤しむ。趣味は節約レジャー、カメラ、カフェ・ラーメンめぐり。自分なりのスローライフを探しています。 (Instagram@slow_life_quest)

『I ma art + cafe』を地図でみる

JR『近江長岡』駅から徒歩5分!

I ma art + cafe

→大きい地図で見る

『I ma art + cafe』のデータ

住所
滋賀県米原市長岡1213-3
【→地図】
営業日
金・土・日曜日(8月13〜15日はお盆休み)
営業時間
金・日 11:00〜19:00 (ラストオーダー18:30)土 11:00〜23:00 (ラストオーダー22:30)
公式サイト
https://ima-2021.com/
公式Instagram
https://www.instagram.com/Ima.art.cafe/

関連記事

  1. 彦根城のお堀沿い。護国神社の境内にたたずむ『ほっこりカフェ朴』
  2. ガタンゴトン京阪電車が横を通る。関蝉丸神社下社に隣接する本格割烹…
  3. 日ノ出窯表 築250年のヨシ葺き古民家で器を愛でる「日ノ出窯」に蔵を改装した…
  4. 滋賀県の”富士山”を見渡せる場所に建つ、絶景カフェ『三上山テラス…
  5. パンドミサンド 地元野菜の美味しさがギュギュっと詰まった!サンドイッチの概念が変…
  6. 瀬田川のほとりで滋賀の恵みを味わうイタリアン『オステリア チエロ…
  7. “ふなずしラーメン”、”ふな…
  8. 目指すはオール地元産!彦根初のクラフトビール「彦根麦酒」が誕生
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP