まとめ

食べて暑い夏を乗り切ろう!“ひんやりスイーツ”5選!

【暑い夏に食べたい“ひんやりスイーツ”5選】

暑い夏はまだまだ続きそう…。
夏バテで食欲がなくなる方も多いのではないでしょうか。

そんな時は“ひんやりスイーツ”で
心も身体も潤わせましょう!

今回は、しがトコがこれまでにご紹介したお店の中から
かき氷やジェラートなど、
夏にぴったりのスイーツをご紹介します。

【1】お茶専門店『山本園』が作る”濃厚”朝宮茶のかき氷

「朝宮茶」は1200年もの歴史を持つ、日本五大銘茶の一つです。
その朝宮茶を製造販売する『山本園』は、明治3年創業の老舗。

お茶の販売はもちろん、こだわりの朝宮茶スイーツが味わえる
ティールーム『WITH TEA』が隣接しています。

蜜に朝宮茶の抹茶をふんだんに使用したかき氷「あさみや金時」。
一般的な抹茶かき氷とは、使っているお茶の量が違うため、
濃くて、お茶の味がしっかり味わえます。

氷も、いくつかの種類を実際に食べ比べて選ばれたものを使用。
「あさみや金時」は10月頃まで味わうことが出来ます。

山本園(WITH TEA)
住所:滋賀県甲賀市信楽町上朝宮275-1
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合、翌日) 第四火曜日(変動の場合あり)

以前、しがトコで紹介した記事はこちら。

わざわざ食べに行きたい!お茶専門店『山本園』が作る”濃厚”朝宮茶のかき氷

【2】地元食材をスイーツで味わう食育体験型アイスクリームcafe『かなめカフェ』

フルーツをはじめ、地元で育った食べ物を
季節や旬に合わせて味わう幸せ!

日々意識したい大切なことを
美味しいアイスクリームにぎゅっと詰め込んだお店が、
滋賀県東近江市にある、緑の外壁が目印の『かなめカフェ』です。

地元食材を使った色とりどりの手作りアイスがずらり。
常時12~14種類ものアイスクリームやソルベが並び、
フレーバーの入れ替わりもとても盛んです。

「チョコレート」や「八南ミルク」「近江抹茶」などの“定番”から、
毎月新しく登場する“新作”や “季節限定”など目移りする品揃え!

「どのアイスにしよう!」と、贅沢な悩みがつきません。

かなめカフェ
住所:滋賀県東近江市八日市町4-3
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日・火曜日(祝日営業) 2023年 8/14〜16は営業 振替休業8/17・8/18

以前、しがトコで紹介した記事はこちら。

この夏、行きたい!地元食材をスイーツで味わう食育体験型アイスクリームcafe『かなめカフェ』

【3】梅花藻で有名な醒井で味わう『ヤマキ醤油』のしょうゆソフトクリーム

米原市醒井の地蔵川では、そろそろ『梅花藻』が見頃を迎え
観光客で賑わう季節になります。

川沿いを歩いていると、
「しょうゆソフトクリーム」の看板を発見しました。

ここ『ヤマキ醤油』は、創業から100年を超える老舗醤油店。
地元の湧き水で醤油を作っているそうです。

季節限定で登場する老舗のソフトクリームは
このためだけに仕込んだという甘ダレがたっぷり。

お醤油の香ばしい風味と、ソフトクリームの冷たい甘さが
合わさって、絶品の“和スイーツ”に仕上がっています。

ヤマキ醤油
住所:滋賀県米原市醒井370番地
営業時間:9:00〜19:00
定休日:なし

以前、しがトコで紹介した記事はこちら。

老舗醤油の「しょうゆソフトクリーム」と冷たい清流で夏涼み。風情たっぷりの醒井宿を歩いてみました!

【4】『寿長生の郷』の夏の風物詩。ふわっふわの天然氷かき氷

「叶 匠壽庵」の和菓子が生まれる『寿長生の郷』で、
期間限定で日光の天然氷を削った
ふわふわのかき氷がいただけます。

こちらが天然氷を削ったかき氷「氷室守(ひむろもり)抹茶小豆」。
宇治の抹茶を使ったシロップに、
和菓子にも使う大納言小豆餡と白玉がトッピングされています。

和菓子屋が本気で作った極上かき氷をもとめ、
行列ができることも!

こちらは「あら川の桃」を使用したかき氷。
こだわりの桃ソース3種類を絶妙にブレンドした、
桃好きにはたまらない逸品です!

ここで使われているのは、日光の「四代目徳次郎」の氷。
日本の伝統的な製法で作られる天然氷は薄く削っても溶けにくく、
口に含むとふんわりとした、やさしい食感を楽しむことができます。

寿長生の郷
住所:滋賀県大津市大石龍門4丁目2-1
営業時間:10:00~17:00 各施設により営業時間が異なります
定休日:毎週水曜日

以前、しがトコで紹介した記事はこちら。

『寿長生の郷』の夏の風物詩。ふわっふわの天然氷かき氷。

【5】緑いっぱいの中で楽しむ池田牧場のジェラートショップ『香想』

旬の素材を楽しめるジェラートショップ『香想』は、
滋賀県東近江市永源寺の「池田牧場」の中にあるお店。

牧場の搾りたて牛乳で作られた
贅沢なジェラートを楽しむことが出来ます。
定番のバニラやミルクはもちろんのこと、季節限定の味もたくさん!


(写真提供:池田牧場)

訪問時に食べたのは、木いちごのジェラート!
牛乳のやさしい甘さの中に木いちごのほのかな酸味があり、
暑い夏にもピッタリの一品です。

味の種類が多いので「今回はこれ、次はこれ」と
リピート必至のお店になりそうですね!

香想(池田牧場)
住所:滋賀県東近江市和南町1572-2
営業時間:10:00~18:00(11月~3月は17:00まで) 
定休日:水曜日(冬期要お問合せ) ※季節ごとに臨時休業あり

以前、しがトコで紹介した記事はこちら。

緑いっぱいの中で楽しむ冷たいデザート!とっても贅沢な池田牧場のジェラートショップ『香想』

絶品スイーツで夏を乗り切ろう!

“ひんやりスイーツ”5選。
食べてみたい!と思うものは見つかりましたか?

今年も猛暑が続きそうですが、体調に気を付けながら
是非気になったお店に足を運んでみて下さいね。

ひんやり絶品スイーツでパワーチャージをして
夏を満喫しましょう!

(文 熊谷明日香:しがトコ編集部)

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 冬のメタセコイア並木 絶景&日本遺産をめぐる、湖西&湖北の旅
  2. パン2 山の奥で見つけた小さなパン屋さん。店主のこだわりがぎゅっと詰まっ…
  3. びわ湖を眺めて片手でがぶりっ!”ワンハンド̶…
  4. 看板 木下さんが木のしたの家でもてなす森の中の「木のした料理店」
  5. “萌え断”サンドイッチに目が奪われる?!あの話題カフェ2号店が草…
  6. キマッシ ボンボン時計が響くノスタルジックなカフェ『cafe &…
  7. 大きな窓から琵琶湖が望める!真っ白な空間で食べる“ふわふわパニー…
  8. ととや平嶌 まるでおしゃれな隠れ家カフェ!?住宅街に佇む“本気”の魚屋『とと…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP