カフェ・お店

彦根城のお堀沿い。護国神社の境内にたたずむ『ほっこりカフェ朴』

【ほっこりカフェ 朴(MOKU)/滋賀県彦根市】

お店に入って引き戸を閉じると、
それまで知らずに耳に入っていた観光客の声が、ふっと遠のきます。

代わりに聞こえてくるのは、
食器の触れ合うかすかな音や、本をめくる音の
心地よい「日常の音」。

滋賀県彦根市にある『ほっこりカフェ 朴(MOKU)』は、
彦根城のお堀沿い、護国神社の境内にあるお店です。

不思議で懐かしいものがお出迎え

朴 入口写真

「ほっこりカフェ朴(MOKU)」は、
彦根城の散策を終え、心地よく疲れた体と、
空っぽになったおなかを満たすのにぴったりのカフェ。

お堀沿いの道から、護国神社の鳥居をくぐると
どっしりとした風格のある建物が目に飛び込んできます。

外観
なんとも魅力的なこの建物は、じつは元、神社の休憩所!

戦前からある古い建物に、オーナー夫妻がひとめぼれし、
半年かけて改装した後、カフェとしてオープンしました。

近づいてみると、ちょっと不思議で懐かしいものが
あちこちに置かれていることに気づきます。

風呂釜と松ぼっくり

自由なペイントが施されているのは、
昔懐かしい水色のお風呂。

入口の置石

入口の置石は、
ついぴょんぴょんと片足でふみたくなる、可愛らしい配置です。

入り口

「入口はここだよ」と教えてくれているように
飛び出し坊やが置かれています。

たばこの吸殻入れにも、さりげなく「MOKU」の文字が。

他にも、昔の電子レンジ、作りかけの犬小屋、
大きな木箱に、これは…足踏みミシン?

気になるものばかり!

そんなワクワクした気持ちとともに、
いよいよ、お店へ入っていきましょう!

友人と家族、一人でも。それぞれの時間を過ごせる空間

店内写真

お店を入ると、左手には椅子とテーブルの席があります。

窓の外を見ながら、一人ゆっくり読書をしたり、
ただただ、ぼーっと景色を眺めたり。

そんな時に訪れたい場所です。

お店にはたくさんの本があるので、
手ぶらで来た日は、気ままに「今日の一冊」を選ぶのも楽しそう。

手前にある、懐かしい昭和のポットには
セルフサービスの、温かいお茶とお水が入っています。

キッズスペース

入口の右手には、広い座敷席が。

靴を脱いで、家族や友人たちと心ゆるむ穏やかな時間を過ごせます。

幅の広い、大きなテーブルが置かれているので、
ついついテーブルの上のものを触ってしまう
小さな子どもを連れた家族にも安心です。

木製のおもちゃや絵本が並ぶ、子どものためのスペースは、
お店の雰囲気にしっくりとなじみ、インテリアのようでもあります。

自家製にこだわる。素朴とは、ありのままのこと

「ほっこりカフェ 朴(MOKU)」の料理は、
自家製であることにこだわりを持って提供されています。

昔は当たり前だった、手作りであること。

その「当たり前」が体に染み渡る感覚が、
なんともありがたく、心地よいのです。

本日のプレート

「今日のごはんセット」

五穀米のごはん、お味噌汁。
一品ごとに丁寧に作られたことが分かる、色鮮やかなプレート。
嬉しいミニデザートも添えられています。

手間を惜しまず作られた料理だからこそ感じられる、優しい味。
思わず目を閉じて、しっかりと噛みしめたくなります。

キーマオムカレー

落ち着いたスパイスの香りと、
とろりと甘い卵の組み合わせが絶妙な、「朴風オムキーマカレー」。

辛すぎず、すーっと体に馴染むように入っていく、魅力的なカレーです。
ついぱくぱくとスプーンを運び、一気に食べてしまいそうに。

地元の人たちの活動の拠点として

店内では、手づくり雑貨を購入することができるほか、
地元カフェのショップカードや、地域の情報誌なども置かれていて
「ほっこりカフェ 朴(MOKU)」が、
地元の人たちの活動拠点として、交流の場としての
役割を担っていることが分かります。

お店の前で開かれる「ひこね朝市」(毎月第三日曜日)では
「朴(MOKU)」も出店し、コーヒーや焼き菓子などを販売しています。

観光地の一角にたたずむ「素朴な日常」を求めて

滋賀の人気観光地、彦根。
取材で訪れた日は快晴で、彦根城には多くの人たちが訪れていました。

おそろいの観光バッチをつけて、
おしゃべりを楽しむ女性たち。
まだ、生まれて間もない赤ちゃんを連れた、若いご夫婦。

おじいちゃんに見守られながら、
美味しそうにおまんじゅうを頬張る男の子。
熱心にお堀の屋形船を撮影する、外国人の男性。

多くの人が彦根観光を楽しむそばで
「ほっこりカフェ 朴(MOKU)」では、「毎日」の時間が流れている。
そんな「ハレとケ」のコントラストが、なんとも魅力的です。

彦根観光の際には、
おなかも心も優しく満たされる『ほっこりカフェ 朴(MOKU)』に
足を運んでみてはいかがでしょうか。

(写真・文 しがトコ編集部)

「ほっこりカフェ朴(MOKU)」を地図でみる

JR琵琶湖線「彦根駅」から徒歩8分

ほっこりカフェ 朴(MOKU)

→大きい地図で見る

「ほっこりカフェ 朴(MOKU)」の店舗情報

住所
〒522-0001 滋賀県彦根市尾末町1-59 護国神社敷地内
→地図
電話番号
0749-22-0839
定休日
月・土・日・祝(第3日曜日のみ営業)※臨時休業あり。お店へ確認ください
営業時間
12:00~15:00

関連記事

  1. “イタリアン飛び出し坊や”が気になる!湖岸道路のお店「薪窯キッチ…
  2. バス停のオブジェ 古民家でいただく地元野菜の手料理が絶品!風情ある街並に佇むレトロ…
  3. 琵琶湖が目の前!リゾート気分が満喫できるホテル内の優雅なレストラ…
  4. 店内2 世界が認めた『近江のお茶』。東海道の老舗「中川誠盛堂茶舗」のコダ…
  5. ご飯のアルデンテ!?土鍋ご飯と旬の食材でもてなす『自然坊(じねん…
  6. 道の駅グルメもここまで進化した! 焼きたての本格石窯ピザが食べら…
  7. あさみや金時 わざわざ食べに行きたい!お茶専門店『山本園』が作る”濃厚”朝宮茶…
  8. 駄菓子屋感覚で花火をばら売り!大人も子どもも楽しめる花火専門店『…

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP