イベント

陶器、ガラス、染色、皮革など約140組の出展者が森の中に大集結する『ヘムスロイドの杜まつり2019』

hemseyecatch
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【ヘムスロイドの杜まつり/滋賀県東近江市】

緑に溢れた森の中で開催されるクラフトイベント、
『ヘムスロイドの杜まつり』が5月18(土)と19日(日)の2日間、
東近江市の『ことうヘムスロイド村』で開催されます!
陶器、ガラス、木工・漆、染色・布、金属、皮革をはじめ、
全国から約140組の作家さんが出展し、
県内外からたくさんの方が来場する毎年恒例の一大イベント。
会場にはライブや飲食店ブースも登場し、
普段は静かな『ことうヘムスロイド村』が、イベント2日間は賑やかな雰囲気に!

会場は、新緑が眩しい森の中

杜まつり入口

会場に到着すると、目に鮮やかな美しい新緑が。
この日のために、ていねいに整備された場内の木立が、来場者を迎えます。

「ことうヘムスロイド村」のある東近江市が誕生する前、
この場所は旧湖東町でした。

その湖東町と姉妹都市であった「スウェーデン・レトビック市」が
手工芸(=ヘムスロイド)がさかんな場所であったことから
「ことうヘムスロイド村」という名前が生まれました。

そのヘムスロイド村に、年に一度、
たくさんの作家が全国から集まるのが
『ヘムスロイドの杜まつり』です。

厳しい審査を通過したこだわりの出展者たちに出会える

まつりの出展風景

このまつりは、誰でも出展できるわけではありません。
厳しい選考を通った作家さんのみが出展できるとあって、
どの作品もクオリティが高いことで有名です。

この日を狙って、県内はもとより県外からも
たくさんの方が来場するのもうなずけます。

皮財布作品
ジャンルは幅広く、陶器、ガラス、木工・漆、
染色・布、金属、皮革をはじめとして、

時計
今年も選考を通った
約140組の作家さん達が集まります。

洞さん

日野町在住のイラストレーター洞智子(ほらともこ)さんは、今年も出展予定!
洞さんは、日野町のバスや、びわこ博物館の展示室の壁紙を手がけるアーティスト。
今回の出展にあわせて、新作も発表されるとのことです。

出展者の詳細は公式サイトをご覧ください

ライブや飲食店も!周辺は混み合うのでご注意を。

ライブ風景

森の熱気がさらに高まるのが、ライブパフォーマンスの時間!
毎年、個性豊かなアーティストたちがゲストで登場し、
森の中で素敵な音を奏でます。

自然と人の輪が大きくなり、観客の体温も少しずつ
上がってくるのがわかります。
今年のゲストの詳細、ライブスケジュールは→こちら

飲食店

会場入り口付近では、軽食やドリンクのお店もでますので、
ここで腹ごしらえしてからゆっくり見て回るのもおすすめです!

木のモビール
新緑の木々に囲まれて、作家たちの手作りの品々に出会える二日間。

今年は、例年以上に木立や場内の整備に力を入れ、
メインの道が舗装されているため、
ベビーカーや車椅子の方にも、見て回りやすくなっています。

この機会に、ぜひヘムスロイド村へ足を運んでみませんか?

ただし周辺道路は、毎年かなり混雑しますので、
ご注意くださいね。
熱中症対策もお忘れなく!

(写真提供:ヘムスロイドの杜実行委員会 文:しがトコ編集部)

「ヘムスロイドの杜まつり」の詳細情報

開催日
2019年5月18日(土)、5月19日(日)
開催時間
午前10時~午後4時
場所
平成の杜 ことうヘムスロイド村【→地図】
住所
滋賀県東近江市平柳町568
公式サイト
http://koto-hems.com/news.html
駐車場・バス案内
【→こちら】
〜シャトルバスのご案内〜
一番遠い川沿いの駐車場のお隣、「愛知消防署」と「ヘムスロイド村前」を結ぶ、往復バスが走ります。
運行時間は10:00〜16:30
交通状況によって変わりますが、おおかた15分刻みの予定です

(記事公開日:2017年5月19日/最終更新日:2019年5月15日)

関連記事

  1. もっとも美しい季節到来!彦根城の『桜まつり』
  2. カネ吉別邸01 見て、触れて、感じる!町屋とアートの融合『BIWAKOビエンナー…
  3. ふくさ名刺入れ 自分好みに楽しめる!2/3、ピエリ守山でオーダーマルシェ会が開催…
  4. 身・水・湖ワークショップ 手掛かりは“水”。琵琶湖を身体で感じるワークショップが開催されま…
  5. 「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督が地元のムービーフェスに参…
  6. 梅田ルクアイーレに”びわ湖”が登場!滋賀の魅力が詰まった10日間…
  7. 夜のガーデンに光のバラが咲く! 湖畔に広がる幻想的な『 光の庭の…
  8. 今年も東京駅前が滋賀に染まる!?コクヨハク2016 イベントレポ…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP