イベント

静かな冬の森に“自然“を愛する作家が集う『森のアクセサリー展』は12月8日(土)から

【森のアクセサリー展/滋賀県東近江市】

自然をモチーフにしたアクセサリーや、自然素材を使った服など
“自然”を愛する作家たちが冬の森に集う
『森のアクセサリー展』が12/8(土)と9(日)の2日間、
滋賀県東近江市にあることうヘムスロイド村内、「BASE FOR REST」で開催されます。

県内外から計7組の作家さんが集結。
今年は手仕事の面白さを体験できるワークショップも充実。
寒い体を温めてくれるおいしい食べものも揃います!

イベント会場は、冬の気配を感じる小さな森の中

moriakuse_01

『森のアクセサリー展』の会場は、ことうヘムスロイド村の森の中。
ゲートを通り抜け、奥に見える建物が会場です。

moriakuse_03
こちらが『森のアクセサリー展』の会場となる「BASE FOR REST」。
以前はカフェとしても営業していましたが、
今はヨガや英会話レッスン、また不定期でイベントやワークショップなどを開催しています。

今回のイベント会場は建物二階のスペース。
1階はワークショップやカフェスペースになる予定です。

さあ『森のアクセサリー展』の会場へ!

「木彫伝統工芸士」が作り上げる”滋賀の風景”を身につける

kikiの琵琶湖
ひと目で「琵琶湖!」とわかるこのユニークなピアス。

幾木-kiki』のアクセサリーは、滋賀県の豊かな自然や
日常の美しい景色を、幾何学模様で表現しているのだそう。

伝統工芸士手元

木彫の里、滋賀県米原市丹生の木彫伝統工芸士が
ひとつひとつ手作りで作り上げる『木彫アクセサリー』は、
身につけると独特の存在感を放ちながらも
すっと馴染むから不思議です。

カイツブリ

湖面に浮かぶカイツブリをモチーフにしたピアス。
カイツブリは滋賀県の県鳥ですよね。

使用されているのは、びわ湖材や、彦根仏壇にも使われている貴重な木で、
滋賀を想う気持ちがぎゅーっと凝縮されているよう。

田園風景

他にも滋賀の「田園風景」や「醒居の清水」や「梅花藻」など、
驚きと懐かしい気持ちでいっぱいになるアクセサリーが並びます。

伝統工芸士作業

伝統工芸士さんによる大型作品の実演もされます。
ぜひ、匠の技に触れてみてください。

幾何学模様が美しい刺し子のアクセサリー

刺し子のアクセサリー

規則的で細かな模様が美しいこちらのアクセサリー。
実は刺繍なんです。
青森県の刺し子技法「こぎん刺し」&「菱刺し」で作られているそう。

伝統刺し子を普段づかいで身近に楽しめるようなアイテムを制作する
chiito 知糸』さんの作品です。

刺し子のアクセサリー02

どこか懐かしもあり、新しさもあるデザインは
和服にも洋服にもぴったり。

一針一針、刺繍された作品からは
手作業ならではの温もりが感じられます。

天然藍の糸を使った作品

天然藍で染めた布と糸を使ったシリーズもおすすめです。

淡路島で生まれた、心弾む日常服

藍染服

こちらは淡路島から出展の『島のふくHAREGI with 萌蘖』。
淡路島でいつも見てきた海の色を洋服にして身に着けたいという想いが込められています。

その想いは琵琶湖を見て育った滋賀の人にも通じるものではないでしょうか?

藍染ストール

素材にこだわり、藍を育て草木を採取して染め、
織物、縫製までの過程を、すべて一枚一枚手仕事で仕上げているそう。

染めの作業は、滋賀県湖南市にある「紺喜染織」さんでされています。
滋賀にもとてもゆかりのある服なんですね。

作家さんに習って手仕事を体験!

ガラスのアクセサリー

こんな素敵なガラスのアクセサリーがわずか15分で作れるなんて!
やってみたくなりませんか?

ワークショップ手元

ガラス作家『kao』さんのワークショップでは
板ガラスの上にカラフルなガラス粒をのせてオリジナルアクセサリーを作っていきます。

これは、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせる
「フュージング」と呼ばれる技法で、ピンセットが扱えれば誰でもできます。

ガラスアクセサリー

組み合わせ次第で、バリエーションは無限大!
親子や姉妹でお揃いなんてのも可愛いですね。

作品は作家さんの窯で焼き上げ、
ブローチかイヤリング・ピアスに仕上げてから発送されます。

■参加費  1,000yen (送料込み)
■所要時間 約15分程度

9日のみ出店される『洞智子』さんは、子ども向け塗り絵のワークショップを開催。

地球にくらす生きものをモチーフに絵やアクセサリーを制作する
sumica』さんのコーナーでは似顔絵の受付も可能かも!?

作家さんとお話しながら
実演やワークショップで、作る喜びを体験してみてください。

おいしいもので身も心も温まろう!

ソーセージ

おいしそうな、ぷりっぷりのソーセージ!
ピリリとスパイスが効いた『真夜中のタワゴト』さんの自家製フランクフルトです。
(8日のみの出店です)

ナチュラルワイン

そのお隣には、ナチュラルワインのお店『kamos.』さんのコーナー!
ナチュラルワインとは、無農薬で育てられたブドウを使い、
天然酵母で自然発酵させたワインのこと。
飲み心地は軽く、味は深く。絶妙なバランスを持つワインです。

9日には、以前長浜にあった『しぜん食堂ポトフ』が出店!
本格フレンチのシェフが腕をふるう
野菜たっぷりのビーガンクリームシチューや
ビーガンタルトタタンも注目です!

森のアクセサリー展

フライヤー

小さな森で開催される、
森と自然のエッセンスが詰まったアクセサリー展。
冬の気配が漂い始めた森の中に足を運んで、
素敵なものを探してみませんか。

 

「森のアクセサリー展」の地図を見る

「ヘムスロイド村」内の「BASE FOR REST」で開催

滋賀県東近江市平柳町568

→大きい地図で見る

「森のアクセサリー展」の詳細

住所
滋賀県東近江市平柳町568 【→地図】
開催日日
2018年12月8日(土)、9日(日)
営業時間
11時~17時(最終日15時まで)
電話番号
080-5779-8113
詳細
https://www.facebook.com/events/501745506974842/
母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 秋空のもと様々な作品と出会えた2日間。「工藝の庭」イベントレポー…
  2. 織田信長も愛した『天下の奇祭』!近江八幡に春の訪れを告げる『左義…
  3. 約2万人の高校生が集結!“文化部のインターハイ”「滋賀びわこ総文…
  4. 今年も「生の芸術」を探しに行こう『湖北のアール・ブリュット展20…
  5. 明治から続く伝統産業『八幡靴』の将来を担う若き移住者【滋賀に気づ…
  6. 過去の上映会の様子 8mmフィルムに残る「昔の滋賀」江若鉄道や昭和初期の風景も登場し…
  7. どんどん外観 【山のいのちに心を向ける】食べる つなぐ 湖北のくらし~匠を囲ん…
  8. 野外オペラ3 お寺でオペラが幻想的!11/5(日)三井寺で無料の野外オペラを開…



【しがトコ】滋賀を自慢したくなる!2019年カレンダー作ります!!
PAGE TOP