カフェ・お店

美しいモノを生活に。信楽で空間をデザインする『NOTA_SHOP』

内装

【NOTA_SHOP/滋賀県甲賀市】

見渡す限りの、山と自然。
ときおり風が心地よく吹き抜け、
目の前の線路には、二両編成の電車がゆっくり走っていく。

思わず深呼吸をしたくなる、昔から変わらない景色。
信楽の自然に抱かれるように建つそのお店は、
一歩足を踏み入れると、まるで美術館のような凛とした空気がただよいます。

滋賀県甲賀市にある『NOTA_SHOP』は、
様々なジャンルのアーティストの作品を展示・販売するショップ。
併設するアトリエでは、焼き物をはじめとするアート作品が
生み出されています。

細い道の先にある、隠れ家的アトリエ&ショップ

細道
「お越しの際は、GoogleMapで”ノタショップ”で検索してみてくださいね」

お店の方の言葉を頼りに、ナビに案内されるままに車を走らせると、
向かってくる車とはすれ違えないほどの細い道!

心配になりながらも進み続けた先に、建物を発見しました。

外観
一気に視界が開けた場所にある、
平屋建ての大きな建物が『NOTA_SHOP』です。

内装
中に足を踏み入れると、そこには開放的で広々とした空間が。

凛とした空気の中、センス良く展示された器やアート作品。
窓からは陽の光が降り注ぎ、作品をやわらかく照らしています。

作品2
ここは、もともとは信楽焼の工房だった場所。
それを改装し、今の美しいショップへと生まれ変わらせたそう。

都会的でスタイリッシュな印象ながら、
なぜか落ち着きを感じるのは、そんな”元・工房”の空気と
自然に囲まれている環境のせいなのかもしれません。

キャンドル?
つい、美術館のように作品を鑑賞してしまいますが、
このお店の90%以上のものは、なんと購入が可能!
ぜひ、お気に入りを探してみてくださいね。

東さんの植木鉢
『NOTA_SHOP』では、定期的に展示イベントも
企画・開催されています。

この日は、金属工芸作家の東亨(あずまりょう)さんの作品展が開催中。
作品が植木鉢となり、花を咲かせています。

カフェ
奥にはカフェも併設。
メニューはドリンクと自家製アイスクリームで、
牛乳と卵は信楽産のものを使っているのだとか。

作品や窓の外の風景を眺めながら、
ゆったりとした時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

信楽焼の新たな世界観を伝える場所として

アトリエで
「花びんに花、食器に料理のように、
器は上にのるものがあってこそ。
ただ並べておくのではなく、美しくデザインされた空間を提案したい」

そう語るのは、店主の加藤駿介さん。
東京やロンドンでデザイナーとして活躍した後、
2008年に生まれ育った町、信楽に帰ってきました。

器は、基本的に信楽焼を扱うものの、
信楽焼にこだわっているわけではなく、
追い求めているのは”美しさ”だと、加藤さんは話します。

うつわ
信楽は、陶芸を中心としたものづくりの町。
加藤さんによると、小学校の図工の時間には、
粘土から作品を作り、薪の窯で焼いていたのだとか。

それゆえか、信楽出身者には、
陶芸はもちろん、ファッションや音楽など
クリエイティブな分野で活躍している人が多いそう。

そんな、”作り手と環境”がととのった故郷、信楽に
自分のこだわりと思いを込めた『NOTA_SHOP』を2017年にオープンしました。

アトリエ
併設の広大なアトリエでは、作品づくりもおこなわれています。

「この場所で、ものづくりの面白さを伝えていきたい」と加藤さん。
アトリエから発信される、これまでにない信楽焼の世界観。
その魅力を若い人たちにも知ってほしいと話します。

信楽高原鉄道が走る。変わらない風景が目の前に

スカーレット
お店の前に広がる景色に視線を向けていると、
遠くから、ガタンゴトン…と電車の音が。
信楽高原鉄道、しかも「スカーレット」のラッピング電車です!

歓声をあげながら見送ると、さらさらと風の音だけが聞こえる、
心地よい静けさが残りました。

器3
都会の真ん中にあるような洗練された空間から
一歩外に出るだけで、心なごむ風景がそばにある。
作り手の息吹を感じる、作品が手に取れる。

『NOTA_SHOP』ならではの、心がうるおう時間です。

アイキャッチ
より便利なもの、機能的なものを求めがちな現代人の私たち。

それも間違いではないけれど、
作者の思いがつまった器でていねいに入れたお茶を飲むだけでも、
一輪の花をいけるだけでも、
きっと気持ちが変わるはず。

そんな豊かさを提案する『NOTA_SHOP』。
自然に包まれたこの場所で、あたらしい信楽の美しさに触れてみてはいかがでしょうか。

(写真:若林美智子 文:若林佐恵里 企画編集:しがトコ編集部)

『NOTA_SHOP』の店舗詳細

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2317番地【→地図】
営業時間
午前11時30分~午後6時
定休日
火曜日(不定休有り)
電話番号
0748-60-4714
公式サイト
https://nota-and.com/

しがトコ編集部で、信楽で「オトナの遠足」をしてきました

信楽がいま「スカーレット」一色に!朝ドラの舞台・信楽に遊びに行ってきました

土鍋のプロによるふっくらご飯に感動!『土鍋ごはん&CAFE 睦庵』

美しい景色と美しい器が楽しめるショップ『信楽 高原のうつわや 藤陶』

白色に込められた思い。信楽の窯元が営むギャラリー&ショップ『shiroiro-ie』

しがトコでのこれまでの「信楽」記事

まるで異空間。信楽焼の”窯の中”で寛ぐ?!完全予約制の『登り窯カフェ』

信楽焼の特製羽釜で丁寧に炊いた近江米コシヒカリ『銀俵』で本当に美味しいごはんを!

わざわざ食べに行きたい!お茶専門店『山本園』が作る”濃厚”朝宮茶のかき氷

信楽の自然をめいっぱい感じられる絶景カフェ。玄米と発酵食のお店『BROWN RICE AND WATER』

信楽の玄関口に誕生!神秘の森に包まれた『Gallery&Cafe ENSOU』

焼き物の里、信楽焼窯元ならではのギャラリーカフェ『Ogama』

首都圏で”信楽”をめぐるなら【滋賀区を旅する】

【滋賀区】首都圏で「信楽」をめぐる小旅行へ!器も日本茶も滋賀を楽しむ1日

関連記事

  1. ビワイチにもおすすめの青空cafe『CHANG CAFE』が期間…
  2. ノラカフェ 外観 ノラカフェ(滋賀県甲賀市水口)[カフェ]
  3. 学生気分も味わえる?!キャンパス内のカフェ『結』の居心地の良さは…
  4. 黒いサンドイッチ 黒い食パンに戦国ネーミングで話題!行列の絶えない”黒いサンドイッ…
  5. いちご大福 上品な白あんに大粒のいちごがゴロリ!ひと口食べると虜になる『嶋屋…
  6. アンティーク美術館のような古民家カフェ&ギャラリー『慧蔵』
  7. 日ノ出窯表 築250年のヨシ葺き古民家で器を愛でる「日ノ出窯」に蔵を改装した…
  8. 都会よりも、都会的?!生まれ変わった大津駅の複合施設「ザ・カレン…
滋賀の美味しいテイクアウト 滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP