カフェ・お店

新幹線「米原」から徒歩7分!和スイーツも楽しめる、癒やしの寺院『青岸寺』

main

【青岸寺・茶寮「喫茶去 kissa-ko」/滋賀県米原市】

新幹線も停まる交通の要衝、米原駅。
駅の東口から山に向かって歩き、
流れる空気が変わったなと思ったら、そこが入口。

目指す『青岸寺』はモミジの下を通り抜けた先に、静かに門を構えます。
堂内には喫茶スペースがあり、美しい庭園を眺めながら
お茶することもできる、心うるおう寺院です。

木々の間に、癒やしのオブジェがあちこちに

ようこそ青岸寺
駅前の幹線道路から、緑豊かな山の方角へ。
住宅街を抜けると、木の精みたいなフクロウの置物と看板が
目に飛び込んできます。

門前
ふと気づくと、深い緑に包まれた門前に到着。
ここまで駅から歩いて約7分ほど。
山道を歩いたり、石段を登ったりすることもなく
青岸寺の門をくぐることができます。

たぬき
拝観入口では、信楽たぬきがお出迎え。
思わず写真を取りたくなる愛らしさです。

時を忘れて過ごせる、枯山水の庭園

庭園
線香がほのかに香る堂内に、自然と背筋が伸びます。
廊下を進むと、目の前にひろがるのは名勝青岸寺庭園。
観音さまが住む補陀落山の世界を表現した枯山水は、
海を杉苔で表す珍しいもの。

リフレクション
磨き上げられた机が鏡のようになり、
美しい庭園を写し込むこの絶景!
じつは、「青岸寺」はリフレクションの風景が楽しめる場所として、
インスタグラムなどのSNSでも
密やかに知られているスポットなんです。

静けさに包まれ、鳥のさえずりに癒やされながら、
様々な角度から庭園を楽しんでいると…あ!こんなところに!

マグカップをもったお地蔵様
手に持っているのは、小さなマグカップ?
庭園の片隅で、”珈琲地蔵様”が微笑む姿を発見!
まだどこかに隠れているんじゃないか、
ついつい気になって探してしまいます。

別名「和風スターバックス」? 美しい空間でいただく絶品スイーツ

main
寺を訪れたお客さんに、ゆったりとした時間を
過ごしてもらいたいとの思いから、
美味しい和スイーツを楽しめる喫茶スペースも。

カウンター
元からあった建具を活かし、空きスペースを使って作られた
カウンターは、凛とした美しさです。

喫茶去
茶寮の名前は『喫茶去(きっさこ)』。
禅の言葉で「お茶を召し上がれ」という意味です。

どんな相手にもねぎらいやおもてなしの心を持ち
お茶を差し出す余裕を、という本の内容に
「最近、ばたばたしてたよなぁ…」と、ふと気づいたり。

抹茶ガトーショコラ

写真提供:青岸寺

メニューに並ぶのは、抹茶やほうじ茶を使った、絶品和スイーツ。
こちらは『抹茶ガトーショコラ』。

お地蔵様ラテ

写真提供:青岸寺

にっこり笑顔の『お地蔵さまラテアート』は、
青岸寺の庭園にたたずむお地蔵さまがモデルなんだとか。

テーブル
カウンター席だけでなく、堂内のテーブルでの食事も可能。
整えられた空間から庭園を楽しみながら、ほっと一息。
普段、いろいろなことをめぐらせている頭の中が
すーっと楽になっていきます。

兼務の仕事を辞め、「住職がいるお寺」へ

お二人
「お寺をもっと身近に感じてもらいたいという思いから、
本格的な茶寮をはじめました」
そう語るのは、住職の永島匡宏(ながしまきょこう)さん。

5年間の修業を経て、青岸寺の住職へ。
同時に保育園の事務職を勤めていましたが
お寺に住職が不在となることを憂い、
2年前に仕事を辞め、青岸寺に住職がいる環境を整えました。

SNS を使った情報発信や庭園のライトアップ、
本堂で行うヨガ教室など、新しい取り組みを積極的に行っています。

「喫茶去」の店長は、奥様の永島彗明(ながしまえみょう)さん。
調理師免許や「cookpadレシピエール」の肩書を持ち、
本格的な和スイーツや自家製のジュースなどを提供しています。

カウンター2
住職が語る 5年間の修行は、
話すことさえ禁じられる”百日禁足”や、
一汁一菜の生活で25kg も痩せたエピソードなど、
想像もつかない世界。

「でも、一般の方に僕らの価値観を押し付けたりはしません。
“お坊さんスイッチ”があるんです」

喫茶去のメニューには、『住職のサイフォン珈琲』も。
住職が目の前で淹れてくれる珈琲を見ていると、
心のつっかえを話したくなるかも。

「僕はウェイターと話し相手専門です」と笑う住職が、
きっと想いを受け止めてくれます。

遠影
「この庭園を、思うままに眺めていると、
何かを語りかけてくれるような気がするんです。
ちゃんと見てくれる人には、小さな気づきがきっとあります。
どこかは教えませんよ、見つけてみてくださいね」

訪れるたび、発見がある庭園

席2
変わらず美しいままに見えて、
その瞬間ごとの”なにか”を語りかけてくれる庭園は
ふと、心がほどけるような気づきを与えてくれます。

お茶をするもよし。
読書をするもよし。
何もしないもよし。
青岸寺に流れるゆったりとした時間に身を任せ、
心も体もリセットしてみませんか?

<写真:しがトコ編集部 文:浅井菜々子(しがトコ編集部 学生インターン)>

『青岸寺』を地図でみる

JR米原駅 東口より徒歩約7分

青岸寺

→大きい地図で見る

『青岸寺』のデータ

住所
〒521-0012 滋賀県米原市米原669
→地図
電話番号
0749-52-0463
営業時間
9時~17時(冬季のみ16時迄)
休園日
火曜日・第4月曜日
喫茶去
定休日毎週月・火曜日(不定休あり) LO.16:30
公式サイト
https://www.seiganji.org/

関連記事

  1. 【閉店】琵琶湖を眺めてのんびり過ごせる!テイクアウトカフェ「CA…
  2. テラス 真っ白なカフェは写真スタジオにも使える!SNS映えが嬉しいリゾー…
  3. サロンルーム 地元を愛し、地元で愛される名店『ひさご寿司』がリニューアルオープ…
  4. 居間 梅花藻咲く清流の宿場町に誕生した、ゲストハウス『居醒庵(いざめあ…
  5. 【閉店】何もなかった米原駅に誕生したCafe&Bar「…
  6. 町屋カフェ好きにおすすめ!地元食材のランチから雑貨まで日野町の“…
  7. 店内 信楽焼の特製羽釜で丁寧に炊いた近江米コシヒカリ『銀俵』で本当に美…
  8. バス焼き白と茶 たい焼きならぬ”バス焼き”?!琵琶湖を愛する釣り具屋さんが作る「…
滋賀県 マイナンバーカードでマイナポイント
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP